アリゲール デパートではたらく

  • 40人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 植垣歩子
  • ブロンズ新社 (2013年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095572

アリゲール デパートではたらくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [墨田区図書館]

  • 978-4-89309-557-2 32p 2013・1・25 初版1刷

  • 人間社会にワニがいるだけで一大事なのにお構いなしに話は展開…。そんな食べて大丈夫かと思ったら案の定、お金足りず働いて返済に。カモメのアシストで事態は一気に好転!

  • 旅行が好きなワニのアリゲール。
    電車に乗って旅行中、駅で停まったときに創業祭り中のデパートが気になり行ってみることに。
    レストランでたくさん食べたはいいものの、お金がない。
    そこで代金を払うためにデパートで働いて返すことに。
    いろいろな仕事をするけれど、失敗ばかりで、最後は屋上に回される。
    紐を取ってくれと言われたので、見えた紐を引っ張ったらそれはバルーンの紐だった。
    バルーンはアリゲールを連れたまま空へ…。
    空から見える街並み、海…。
    海のあたりでカモメたちが協力してアリゲールをデパートに連れ戻してくれる。
    アルゲールがバルーンと一緒に飛んだことはニュースにもなり、それがそれがちょうどいい広告にり、お客さんがたくさん来る。
    デパートの社長は感謝してアルゲールにずっと働いてもらおうとするけれど、アリゲールは空を飛んだときに見えた海が気になり、船の旅に出るのだった。

    シリーズものなのかな。
    色々な売り場で迷惑を掛けっぱなしの場面が定型パターンではあるけれど面白い。

    アリゲイツということはワニではない…??

  • デパートの絵がこまかい!

  • 背景の書き込みが細かくて、見ているだけで楽しめる絵本です。
    アリゲールくんの空回りっぷりも、いい!!

  • 絵が好き!話も面白い!4,5歳向けかな~いろんな仕事に興味持ち始めた頃とかお店屋さんごっこする時に使えるね\(^o^)/

  • ゲーナかと思った(ゴメンなさい)。

    ブロンズ新社のPR
    「アリゲールは、旅が大好きなわに。ある日、れっしゃにゆられていると、まどからアドバルーンがうかんでいるのが見えました。そこは、100周年記念でにぎわう「ベイントンデパート」。アリゲールは、いろいろな売り場でいっしょうけんめい働きますが、どこへいってもしっぱいばかりで......」

全8件中 1 - 8件を表示

植垣歩子の作品

アリゲール デパートではたらくを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする