あかちゃんがわらうから

  • 59人登録
  • 4.33評価
    • (12)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
  • ブロンズ新社 (2014年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095909

あかちゃんがわらうからの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 若い二人だけで生まれた子供を育てていくって大変です(でした)。健診での発育の遅れに一喜一憂したり、訳も分からず泣きやまない子供に、こっちが泣きたいくらい。「寝顔が可愛くて」なんて気持ちの余裕もなく、寝ついている間に家の仕事をフル回転(だったそうです)

    それでも、守ってあげなければいけない弱い存在なのだけど、生きるという強い意志は持っている。心配しないでだいじょうぶ、結構逞しく育ってくれます。

    無邪気にわらうあかちゃん、なんでそんなに幸せそうなの。
    いつも見ていてくれる存在があるから、小さな手にぎゅっとつかまえることのできるあたたかさがあるから、両手いっぱいに抱えられるだけの安らぎがあるから。あかちゃんにとっても、親にとっても、それだけで幸せいっぱい。

    この本を読んでいる間にも、親子のいたたまれないニュースが聞こえてきます。あかちゃんと一緒に母親(両親)になっていくってとても大変なことですけど、かけがえのない時間です。社会にとっても皆で守っていくべき、とても大切な財産だと思うのです。

    若いお二人に読んでいただきたい作品でした

  • 子どもがうまれてパパになり、子どもに初めて絵本をプレゼントしようと思ったそんな時、ママになり子育てに奮闘する妻にプレゼントした絵本。あまり明るい未来が見えにくい日本、そしてこの世界。でもうまれてくる子どもは何も悪くない。あかちゃんがわらえば、どんなつらい世界でも嬉しくて楽しい。あかちゃん、そしてそのまわりでたくさんの笑顔がうまれますように。

  • >おかあさんがうれしいとき、あかちゃんがわらう。
    おかあさんがこころを心配事でいっぱいにしているときも、あかちゃんはわらう。
    「ぼくらは、生きたい。ぼくらは、愛したい。ぼくらは、いっぱいあそびたい!」
     子どもたちは、あふれる生命力で、わたしたちに「うれしいこと、ここにたくさんあるよ!」とおしえてくれるのです。

    初めての育児だと特に不安や心配でいっぱいいっぱい。
    そういう気持ちは私も経験したことがあるからよ~く分かる。
    でも、赤ちゃんや子どもは私達大人が考えている以上に明るくてたくましいんじゃないかと思います。

    大きなくしゃみをした赤ちゃんを見ている絵にはふふっと笑いが出てしまうし、母と子が抱き合っている絵もかわいくてほっこりしました。

    >うれしいこと あるよ ぜんぶ ここに あるよ!

    赤ちゃんの手を包む母の手の絵が一番のお気に入りです。

  • あかちゃん、子どもはすべて希望、力の源だって改めて感じました。

  • 私は子供がいないので、お母さん向けの本は大丈夫なのかと思ったけど、おーなりさんの絵がすごくかわいくて話もすらすら入れました。

  • 2016.10

  • おーなり由子さんの絵が可愛い。

    今は2歳の息子、おしゃべりができて、自分でできることも増えていて、子育てがとても楽しい時期。
    でも、1歳未満で意思疎通が出来ない時期に読んだら、泣いてしまっていたかもなあ。

    小さい小さい手で、ぎゅっと掴まれるのが愛しいのは、2歳になった今も同じ。
    この手から渡される幸せの光を、暖かみを、しっかりと感じて覚えておこう。
    私の宝物にしよう。

  • 過去記録

  • この絵本を前に新刊の棚で見つけたとき、とってもいいなあと思って、ちょうどその頃出産したばかりの友人にプレゼントしようかと思ったのだけれど、子どもをもたなかった私は、お母さんの気持ちをわかっているのかどうかと思うと自信がなくて、そのときはためらって結局棚に戻してしまった。
    そのあと、しばらくして自分の妊娠がわかって、そうだ、あの本、と思った。無事に生まれたら、あれをまた読もう。それをたのしみにしていて、5か月になった今、ようやく再会した。

    よかった。とても胸にせまって、あのときの心許なさも、すこしさびしかった気持ちも全部、味わったあとでよかった。ちいさな手も、よく笑う顔も、今は知っている。そのことが余計にありがたくて、なんてなんて、わかってる絵なんだろうって思って、何度も繰り返して読んだ。そして何度も寝顔を確かめに行ってしまう。あたたかい気持ちで満たされる。

    そして、お母さんのための絵本って、存在価値、やっぱりあるんだなあ。と、いう発見でもあり。

  • 冒頭のシーン。
    子育てをしてるお母さんなら出会う出来事だと思います。
    なんとなく悲しい気持ちの時、
    日々に追われて自分を忘れてしまった時、
    赤ちゃんが ふっと 笑いかけてくれることがあります。

    子育て中の人も、そうでない人にもおすすめです。

全14件中 1 - 10件を表示

おーなり由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
ジョン・クラッセ...
酒井 駒子
おーなり 由子
A.トルストイ
岡田 よしたか
エルヴェ・テュレ
ヨシタケシンスケ
マージェリィ・W...
かがくい ひろし
tupera t...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

あかちゃんがわらうからを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あかちゃんがわらうからを本棚に「積読」で登録しているひと

あかちゃんがわらうからの作品紹介

あなたの笑顔がかあさんをつよくしてくれる・・・すべてのおかあさんに贈る、子育ての希望がつまった絵本。うまれてきたこどもたちはいう、ぼくらは生きたい、ぼくらはあいしたい、ぼくらはいっぱいあそびたい!

ツイートする