このあと どうしちゃおう

  • 737人登録
  • 4.28評価
    • (91)
    • (63)
    • (25)
    • (7)
    • (0)
  • 83レビュー
  • ブロンズ新社 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893096173

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
村田 沙耶香
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
田口 幹人
ヨシタケ シンス...
西 加奈子
宮下 奈都
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

このあと どうしちゃおうの感想・レビュー・書評

  • おじいちゃんは、こんなこと考えてたんだ。最後のページ、おじいちゃん、見たてね。

  • わらえるのにかなしい

    かなしいのにくすっ

  • 大好き!この自由すぎる発想と納得できる内容。
    大人も子どももニヤリとしながら楽しめる絵本です。

  • やっとこ読めたー!
    やっぱり好きだヨシタケワールド!
    最後のオチも大好き

  • ふだん、絵本は記録外にしてるのだが、これは物凄い素敵な絵本だったのでご紹介。死後の世界について、分かり易く、明るく、前向きに書かれているだけでなく、やっぱり生きてるうちにやりたいことをやらなくちゃ!っという気付きまで表現してくれています!
    絵本というと一般的に子供向きに書かれたものが多いですが、これは大人も読むべき本だし、親が子供に読んであげるべき本だと思います!何か親戚の子供の誕生日プレゼントとかにも良いかもしれません。お勧め!

  • 衝撃的な一文で始まる。

  • 自分がしんじゃった後のことなんて、ちゃんと考えたことなかったなー。おじいちゃんの人生どんなんだったんだろうか。あたしの人生は、今どんなんなんだろう。深いー。生きてるうちに、やりたいことたーくさんやらないとだなー。なんて思いました◡̈

  • 死も人生の一部なのだと考えさせられる。死をどう迎えるかを考えることは、今をどう生きるかを考えることでもある。深い絵本。

  • 読み終えたあとにしんみりとしたし、感動した。大人だって子どもだって死ぬのが怖い。子どもの時は自分が死ぬことを考えたら眠れなくなって親に一緒に寝てもらったっけ。おじいちゃんも死は怖かったと思うけど、その気持ちをユーモアに変えてノートを書くことで、少しずつ受け入れようとしていたのかなと思った。

  • いつものゆるゆるふわふわかわいいおじいちゃんの考える天国。
    展開はでもぐっとくる・・・。
    わたしたちはみな、今、どうしちゃおう!ですね。

  • ヨシタケさんの描く絵本は、ものごとを見つめる視点が本当に柔軟でユーモアに溢れててすごくあったかい。小学生の頃、「人間はいつか死ぬ」ということを知ってしまって、夜寝るのが怖くてふとんにくるまって泣いてた時期があった。あの頃の自分にこの本をプレゼントしてあげたい。

  • ・しんじゃったあとにどうしちゃおうのノートで、とてもおもしろかったです。とくにもっていくもので、むずかしいパズルがおもしろいです。
    ・おじいちゃんともっと話したかったということで、おじいちゃんのことでこうかいしているんだなと思いました。男の子はおじいちゃんがすきなんじゃないかなと思いました。
    ・このあとどうしちゃおう日記にかいてある、じごくやてんごくを、おじいちゃんがよそうするところが、おすすめです。
    ・天国にいったら、とてもたのしそうということ。ヨシタケシンスケさんの本はおもしろいぞ!!

  • 大声を上げて笑いたい。そうページをめくっていたら、胸をぐっと捕まれて泣きそうになって、そして、時分の今に戻ってくる展開に唸りました。すごい絵本です。

  • 深いことを、軽~くでも真剣に。そんな感じが伝わる、心があったまる絵本。子供だけでなく大人にもよい心のバランスを保つのに効果があります。次作も待ち遠しい。

  • 人は死んだらどうなるのか。死後の世界をユニークに面白おかしく描いた作品。
    個人的には神様のかみやまさんに会いたい。(笑)
    おじいちゃんのノートを巡って、死後の世界に対し色々な想像を膨らませる。最終的には死後の世界ノートを自由な発想のもと作成し、死後について考える大切さを説いている。それと同時に、死後の世界にやりたいことは、たいていこの世でやりたいことにつながるという結論が導き出されている。これは将来を考える上でとても重要なことである。

  • 死んだおじいちゃんが書き残した「このあと どうしちゃおう」が楽しくて素敵(^-^)♪こんなふうに、自分が死んだ後の事をノートに書き残すのも良いなぁと思った(*´ー`*)しかし「でも ちょっとまてよ と おもった。」の行から、目から水が…(ToT)

  • 絵本侮れない。とにかく発想が面白い。こんな風に考えると死んだ後も楽しいだろうな。

    読み進めていくと実際に死ぬとはどういうことかという問いかけも見えてくる。絵本特有のオブラートに包んだような柔らかさを持ちながらも本質を教えてくれる。それがこの本の魅力かもしれない。

  • ヨシタケシンスケさん。大好きです。
    「りんごかもしれない」(2013)を本屋さんで立ち読みして驚愕したのがきっかけで。
    「ぼくのニセモノをつくるには」(2014)
    「ふまんがあります」(2015)
    「もうぬげない」(2015)
    などなど、ほんっとにこの人は素晴らしい。
    発想がオモシロイ。
    (ちなみに、全部絵本です)
    ホンネに満ちていて、それでいて破天荒で、天馬空をゆくような気持ちよさ。そして油断していると、グッとココロに沁みてくる。
    かわいい絵柄も好みです。
    (申し訳ないことに、立ち読みで済ましてしまうことが多いんですが…。
    絵本なので、すぐに読み終わっちゃう…)
    ヨシタケシンスケさん、1973生だそうなので大まか同世代。
    2017年現在、日本でもっとも注目すべき作家さんのひとりだと思います。
    #
    「このあとどうしちゃおう」(2016)。
    本屋さんで衝動買い。
    男の子がいます。おじいちゃんが亡くなります。
    おじいちゃんが残した手記?を発見。
    おじいちゃんが、「死んだら、このあと、どうしちゃおう」と、いろいろ楽しい妄想を書いていました。
    その内容。
    天国で楽しむ。地獄も楽しそう?。
    みんなを見守る。生まれ変わる。楽しい妄想は広がっていました。
    その手記を、アハハと笑っているうちに。
    「おじいちゃんは、死ぬのがこわくてさみしかったのかもしれない
    だからこのノートをかいたのかもしれない」
    うわあっ…
    と、ここで、グッときます。
    でも、やっぱりおじいちゃんはこのノート、たのしんでかいたんぢゃないかなあ。
    そして、男の子は、とりあえず、
    「いきているうちは、このあとどうしちゃおう」
    #
    ほんとに素敵で、楽しくて。
    ありがとう、と言いたくなる本。
    みなさんに読んでほしい素直な一冊。
    (津村記久子さんの大爆笑感動短編「浮遊霊ブラジル」に通じるものがありました)

  • ■ 1671.
    <読破期間>
    2016/9/24

  • 王様のブランチブックアワード2016に選ばれてて、気になったので読みました。
    「死後の世界」と「今生きているこのせかい」について、重たくなりすぎず、不用意にこわがらせるというわけでもなく、ちょうどよい感じで表現してあると思う。
    ブランチの本担当の教授が「想像力の良い使い方をしている本」と表現していたのだが、その理由も読んでみてわかりました。

  • おじいちゃん作の、死後の世界。
    ほのぼのな天国。
    思わず、にっこり。

    だけど、きっとまだ必要なのは。
    僕の考えた
    生きてる間はどうしちゃおう。

  • なかなか哲学的。

  • 死んだおじいちゃんの「このあとどうしちゃおう」ノートに書いてあったのは

    ・死んだらどうして欲しいか
    ・天国や地獄ってこんなところ?
    etc...

    ぼくと一緒になってページをめくることで、お話は展開していきます。

    「これを書いたおじいちゃんはどんな気持ちだったんだろう?」
    子どもながらに生死と向き合うぼく。

    決して難しい言葉を用いず、顔のほころぶ表現で読者に語りかけます。

    わたしも子どもの頃出会いたかったなぁと思えるすてきな一冊でした。

  •  おじいちゃんが亡くなった後に見つかった、おじいちゃん作の「このあとどうしちゃおう」ノート。
     亡くなってからどうするか、天国に行くときの格好とか、生まれ変わったら何になるとか書かれてる。
     生前のおじいちゃんが寂しかったのか、そうてなかったのかは、おじいちゃんでないと分からないけれど、この書いてある内容だけ見ると、めっちゃおもしろい。

全83件中 1 - 25件を表示

このあと どうしちゃおうに関連するまとめ

このあと どうしちゃおうを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

このあと どうしちゃおうを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

このあと どうしちゃおうを本棚に「積読」で登録しているひと

このあと どうしちゃおうの作品紹介

発想えほん第3弾!ヨシタケシンスケが「死」をテーマに挑む。おじいちゃんは、しぬのがこわかったのかな?たのしみだったのかな?しんだおじいちゃんのノートをひらいてみると・・・。しんだらどうなる?どうしたい?しんだあとのこと、生きてる間に考えてみよう。

ツイートする