こねてのばして

  • 127人登録
  • 3.93評価
    • (12)
    • (15)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
  • ブロンズ新社 (2017年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893096371

こねてのばしての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後にこちょこちょ

    裏表紙では人型になったものが去っていく。

    もちもちしたのをこねまわすのが楽しそう。
    破裂して、集めて、謝るのが面白かった。

  • 読み終わったら絶対パン生地をこねたくなる!!あのなんとも言えないいい匂いが思わずかおるよう。ヨシタケシンスケさんらしさでパン生地の魅力が引き出されてる絵本。

  • 小さい子でもわらえるおもしろい絵や文しょうで楽しく、えがおになれる絵本だと思いました。わたしはヨシタケシンスケ先生の本がすきなので、みなさんも読んでみてください!ひらがなでよみやすいよ。

  • なにができあがるのか?ページをめくっていくドキドキわくわく感。いい絵本です。

  • ひたすらこねてのばしてという絵本。おなじみのヨシタケさんの絵のかわいさなんだかわからないもののやたら気持ちよさそうな生地の組合せ。

  • 愛の絵本だなあ。

  • ヨシタケさんったら またぁ (゚∀゚) 主人公が丹精込めて、こねてつくってるのは・・・パンでもうどんでもパスタ生地でもないのです。うふふ。

  • ヨシタケシンスケさんの新作。
    ひたすらこねてのばす本。
    かわいい。
    以上。

  • ヨシタケシンスケさんの絵本。
    短い言葉で、すぐ読める。
    ヨシタケシンスケさんはワンアイデアを追求するのが、うまい。

  • 白い何かの生地を伸ばす、それだけのおはなし。
    ヨシタケさんの作品だから「こねてのばして」の続きは突拍子もないことするだろう、と予想。その通りでしたが、顔を押し付けたり踊ったり飛び跳ねて破裂したりする場面は笑った。ラストと裏表紙は一体何があったのか、どこへ向かうのか思わず突っ込んでしまう。主人公はこうして白い生地を見送り続けているのだろうか……。

全20件中 1 - 10件を表示

ヨシタケ・シンスケの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
トーン テレヘン
にしの あきひろ
ヨシタケ シンス...
伊坂 幸太郎
村田 沙耶香
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
恩田 陸
ジョン・クラッセ...
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

こねてのばしてに関連する談話室の質問

こねてのばしてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こねてのばしてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こねてのばしての作品紹介

おやこでたのしむ、スキンシップえほん!こねてのばしてまたこねて、たたいてゆらしてころがして~♪こどもとたっぷりふれあえて、読み聞かせにぴったり!

ツイートする