うみやまてつどうまぼろしのゆきのはらえき

  • 61人登録
  • 4.25評価
    • (9)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • ひさかたチャイルド (2011年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893253200

うみやまてつどうまぼろしのゆきのはらえきの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと不思議なうみやまてつどう。
    雪景色をあまり見たことのない子どもたち。
    いってみたいなーと。ハラハラしながらも最後はほっとするお話です。

  • 海辺の街と山合いの村を結ぶ「うみやまてつどう」。
    やまおく駅の手前にある「ひろのはら」で、きつねはいつも電車をながめていました。
    冬のある日、きつねは「ひろのはら」で村人が倒れているのを見つけます。
    村人は重くて、きつねに運ぶことできません。吹雪で村人の体は雪に埋もれていきます。
    そこに、電車の警笛が聞こえてきました。
    きつねが急いで呪文を唱えると、そこには駅ができ、きつねは駅長さんに化けて・・・。


    のどかな「うみやまてつどう」に起こった不思議なできごと。
    心優しいきつねと、運転手さんや車掌さん、乗客たちの絆にじ~んときます。

  • 1歳5か月
    ストーリー性の強いものは
    まだなかなか最後まで聞かせるのは難しいけれど、
    これは興味を持って見続けていられる方かな。

    3歳6ヵ月
    うみやまてつどうシリーズのひとつと知り、
    より楽しめているようです。

    1歳11か月
    以前に読んだ時より
    さらに電車が好きになりすぎていて、
    電車のページまで待ちきれない・・・!

  • まさにまぼろし。

  • 3歳の息子の読み聞かせに。
    難しいかな?と思ったけどちゃんと理解できたようです。
    きつねのやさしさに感動しました。
    その後の人間との関わりも素敵、良いお話でした。

全5件中 1 - 5件を表示

間瀬なおかたの作品

うみやまてつどうまぼろしのゆきのはらえきを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うみやまてつどうまぼろしのゆきのはらえきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うみやまてつどうまぼろしのゆきのはらえきの作品紹介

うみべからやまおくまではしるうみやまてつどう。ゆたかなしぜんのなかをはしるうみやまてつどうでは、ときどきふしぎなことがおこります。あるふぶきのひ、ゆきのはらのなかにあるはずのないえきが…。こころあたたまるてつどうファンタジー。

うみやまてつどうまぼろしのゆきのはらえきはこんな本です

ツイートする