とりをよぼう! (しぜんにタッチ!)

  • 33人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 大久保 茂徳 
  • ひさかたチャイルド (2011年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (27ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893253866

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フローレンス ス...
やぎ たみこ
ふくべ あきひろ
なかがわ ちひろ
三浦 太郎
ヨシタケシンスケ
岡田 よしたか
有効な右矢印 無効な右矢印

とりをよぼう! (しぜんにタッチ!)の感想・レビュー・書評

  • 餌台を作っても、すぐにはやってこないらしい。

    たべものをおいて三日後…

    いちわの様子を伺うスズメ

    五日後…

    たくさんのスズメがやってきたが、ただ見てるだけ…

    十日後…

    やっと心を許してくれたのか、
    たくさんのスズメが用意した餌をパクパク食べ始めました!

    じっ…と待ってるカメラマンさんの優しい眼差しにもじ~~~ん…

    野生の小鳥が餌をついばむ姿は本当に可愛らしいです(^^♪

  • 2017年5月12日

    写真撮影/川又利彦、榎本功
    イラスト/ひやまゆみ
    装丁/静野あゆみ(Harilon design)

  • 去年は、餌籠、ジュース用グラス、水の皿を準備しましたが、今年は砂用の浅い箱も準備するつもりです。餌は去年同様、パン、ご飯、クラッカー、乾パン、みかん、りんご、バナナ、ジュースで(^-^)去年はメジロ、シジュウカラ、オナガ、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリが来てくれました(^-^)

  • ベランダにエサ箱設置したら、可愛い小鳥よりカラスが来そうですが…実家では父がリンゴやミカンを木に刺してます。お庭があるといいな。

  • ★★★★☆
    身近な鳥にえさをやってみよう!と、どんなものをどんなふうにやればよいか、また注意点など。

    自然系キッズに大人気。
    他の鳥の本を読みたいとか、巣箱を作る本は?とか。自分も餌付けやってみたいとか。興味を広げていく良書^^

    注意点は人里にすむ鳥だけにしといてねって伝えることかなあ。
    登山客の多い山で、フリーダムに餌を与える人がいて、メタボ鳥が増えて生態系に影響がみえるとこもあるらしいので^^;
    (まっきー)

  • 庭に野鳥をご招待。
    えさ台を設置して、鳥たちが安心して食べにくるには数日かかります。
    えさによって、くる鳥たちもちがいます。
    いろんなえさを置くと、鳥の攻防も見られたり・・・


    自然のものを餌付けしない、という考えもありますが、
    身近な野鳥に興味をもって、ゆきすぎない程度に野生のものたちと おつきあいができるといいな〜と思います。

  • 小学校低学年くらい向けかな?えさばこを置いて、どんな鳥がくるかという観察の写真絵本。あまり考えたことがなかったけれど、餌によってくる鳥が違う。お米やパンくずなどはスズメやキジバトなど。ピーナツやひまわりの種などはシジュウカラ、ヤマガラなど。果物やジュース、ドーナツの時にはメジロ、ウグイス、ムクドリ、ツグミなど、ちょっと大きめの鳥など。

    えさ箱の設置のためのポイントと、生態系に影響を与えないためにこの観察は冬の間にやるように促してある(人が餌を与えすぎると昆虫や植物を食べなくなる)。
    パンくずやおこめはドバトを、肉やドーナツなどはカラスを集めやすいから注意とも。

    やってみたいけど、カラスがやってきそうで怖くてできないな…

全7件中 1 - 7件を表示

とりをよぼう! (しぜんにタッチ!)の作品紹介

いつも遠くから見ている鳥も、近くで見ると、発見がいっぱい。いろいろな種類の鳥をよんで観察してみましょう。楽しく知るうちに、生き物への愛情が生まれてくる絵本。幼児〜小学校低学年向き。

とりをよぼう! (しぜんにタッチ!)はこんな本です

ツイートする