こじまのもりのゆきのひのおみやげ

  • 29人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • ひさかたチャイルド (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893256225

こじまのもりのゆきのひのおみやげの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あきのお話とまた違って、しんとした冬の色がステキ。冬の思い出に雪の刺繍なんて、ステキです。

  • 絵本というものにはいつも驚かされる。つい大人だと“常識”で考えてしまうところを飛び越してくれる,それが堪らなく楽しい!
    冬眠前のやまねの親子,「冬が来るからおやすみなさい」と母は言う。しかし寝てからやってきて起きる前に去っていく,“冬”をどうしても見てみたい子供達……
    やまねが冬眠するのは当たり前だと思ってしまう,そのやまねの子供達が冬を見てみたいだなんて!その発想力が面白いのですよね。心が疲れたら絵本をオススメっさ!!

  • 6分

    本来なら冬眠するやまねの双子ちゃんが
    起きてしまって、楽しい冬を少しだけ体験するはなし。

    ほのぼのかわいい絵です。
    冬に読むのにちょうど良い感じ。

  • 冬眠した後にやってきて、目を覚ます前に去ってしまう「冬」を一目みたいやまねの子供(双子)が冬眠中に起きて、冬の森を体験するお話。無垢な好奇心に癒される本。

  • ふゆがだいすきに。

  • ひんやりとした夜。冬眠を始めるやまねの親子がいました。お母さんやまねは準備万端にしていましたが、小さい双子のやまねはまだまだ遊びたい。冬ってどんなのか、気になってしかたがありません。冬眠中、お母さんは寝ていますが、双子は目を覚ましました。お母さんからの手紙をには「春の前に目が覚めたら、ししゅうネズミさんの家に行きなさい」マフラーもおいてあります。双子ははじめて見る雪が降るなか、ししゅうネズミさんの家に行きました。うさぎたちとたっぷり雪あそびをして、双子はぐっすり眠りにつきました。ししゅうネズミさんは双子のために、マフラーの雪の模様の刺繍をしてあげました。春に目をさます双子のために。
    低学年の好きそうなかわいいイラストにかわいい話。

全7件中 1 - 7件を表示

あんびるやすこの作品

こじまのもりのゆきのひのおみやげはこんな本です

ツイートする