いそがなくっちゃ

  • 30人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : かさいまり
  • ひさかたチャイルド (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893256232

いそがなくっちゃの感想・レビュー・書評

  • かわいかったなぁ♡印象に残ってる本。幼稚園で子ども達が月に1冊持って帰ってくる本の一冊だった。

  • もぐらのおじいちゃんが急いで家を出る。
    途中、うさぎ、きつね、くま、ねずみたちの間を通る。
    ちょうどけんかしていた動物たちがびっくりして、お互いのことを気遣って仲直り。
    もぐらのおじいちゃんは孫の誕生日に駆け付けただけだけれど、知らない間に他人を仲直りさせていたのだった。

    最後のページでおじいちゃんの家から孫の家までの一直線上にちょうど4組の動物たちがいたということが分かる図つき。
    最後のネタばらしが面白い。

  • モグラのおじいちゃんが、急いで走っています。
    ウサギやキツネやクマやネズミたちが、それぞれケンカの真っ最中だけど、そんなのお構いなしに、ケンカの真ん中を突っ切っていきます。おかげで、ケンカしていた動物たちは、びっくりしてケンカをやめて仲直り。
    モグラのおじいちゃんが、なぜそんなに急いでいたかというと、孫の三つ子ちゃんたちの誕生日だから。
    おじいちゃんったら、まっすぐまっすぐ走って(もぐって)来たんだよ。

    話しもイラストのやわらかタッチの絵本。
    ケンカの間をすり抜けて、という場面のイラストがわかりにくい。

  • 孫のお誕生日のお祝いのために急いでやってきた、もぐらのおじいちゃん。急いで行く途中を、けんかをしている人たちが見かけて、びっくりして喧嘩を止めてしまうそうな。けんかを止めさせる理由が、びっくりさせる事以外分からないので、意味不明。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする