じゅうにしのおはなし

  • 59人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (3)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : くすはら 順子 
  • ひさかたチャイルド (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893256287

じゅうにしのおはなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 28年度(2-1)
    6分

  • 最近の年賀状にありそうな絵柄。

    最初のスタートの時点で十二支の動物以外にもたぬきやきつね、カンガルーと色々な動物が登場していてみんなでくんずほぐれつの大乱闘の末、12匹が先に進んだ、とか。
    神様が龍をお使いに出したり、お使いのせいで龍が遅れる、という場面があった。

    一番最初のねずみに冠をかけるというのも定番らしい。

  • 母が娘にプレゼントしてくれました。絵が好き。

  • 絵がかわいい。
    お話も無駄がなくてわかりやすい

  • 十二支のはじまり、そして猫がネズミを追いかけるようになった起源をしるした十二支のおはなし。

  • 子供に十二支を教えるのに丁度良いです。

  • 年末年始のえほん。

  • 2007/1/10さのさん

  • 戌年(いぬどし)はあるのに、どうして「猫年」ってないのかな?・・・・十二支決定の舞台裏にはこんな物語があったのです。

  • 子ぢもたちは自分の干支を応援しながら聞いていました。

全11件中 1 - 10件を表示

ゆきのゆみこの作品

じゅうにしのおはなしに関連するまとめ

じゅうにしのおはなしを本棚に登録しているひと

じゅうにしのおはなしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

じゅうにしのおはなしの作品紹介

ねずみどし、うしどし、とらどし、うさぎどし…きみはなにどしうまれかな?どうしていろんなどうぶつのとしがあるんだろう。

ツイートする