ゆきのうえのあしあと

  • 29人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Wong Herbert Yee  福本 友美子 
  • ひさかたチャイルド (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893257253

ゆきのうえのあしあとの感想・レビュー・書評

  • 雪の中にも楽しみはいっぱい。作者の出身民族は?

  • どいかやさんを連想させるやさしいタッチ。

    窓から外を見ている女の子。
    雪のうえに残った足跡は、だれのかな?

    足跡をたどって行くと、自分のうちまで戻ってきて・・・。

    これは、昨日の私の足跡!

  • 雪が積もったってだけで なんだかワクワクする世界が広がる。
    そんな雪の世界を 誰のかわからない足跡を追って 森へ。

    こども目線で 見たものを描いた情景。
    繰り返しのフレーズが使われているので リズムもあります。

  • 家の前にある雪の足跡。門の外、橋を過ぎて森の中まで続いていますが、誰の足跡…?雪景色と森の冬景色と、うさぎやカラス、ウッドチャックと言った動物達の素朴な絵が安心感と親しみを覚えさせてくれます。さて、誰の足跡だったのでしょうか。

  • そとは雪。そこで見つけた足跡。
    これはいったい、だれの足跡?
    足跡をたどって歩いていくと、そこには・・・

    雪景色のなかに、見え隠れする動物たち、女の子、木々やおうち。
    自然のぬくもりが伝わって、暖かい気持ちになる冬の絵本です。
    柔らかそうな雪の表情が秀逸。

  • 外は雪。庭にあしあとを見つけた女の子。
    だれのかな? どこまでいくのかな?って、追いかけます。
    やがて、あしあとは森の中まで入っていって。
    気がついたら・・・。

    なんともほほえましい“おち”に、思わず、「うふっ!」。
    (え~、どんな“おち”かって? それは・・・読んで確かめてください)

    真っ白な雪の中、なんだかワクワクしてきませんか?
    あんまり いっぱいじゃ困るけど・・・。

全6件中 1 - 6件を表示

ゆきのうえのあしあとの作品紹介

ゆきのうえのあしあと。ひとつ、ふたつ、みっつ…。だれのかな?どこまでいくのかな?あしあとをたどってあるいていくと、さいごにたどりついたのは…。

ゆきのうえのあしあとはこんな本です

ツイートする