華文字の死想―日本における少年愛の精神史

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松田修
  • ペヨトル工房 (1988年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893420756

華文字の死想―日本における少年愛の精神史の感想・レビュー・書評

  • 天雅彦と味秬高彦根命、小竹祝と天野祝の同性愛、戦国時代の情死の様相を帯びた殉死、江戸時代の若衆愛、仏教僧の稚児愛、そして美少年が率いる世直しという観点から論じた滝沢馬琴論、著者独特の視点の与謝野鉄幹論、三島由紀夫論、澁澤龍彦論、塚本邦雄論を収録。副題に「少年愛」とあるが、その内容は本書の1/3程度なので、少し肩透かし。同性愛とは不毛の愛、死の愛、滅びの愛、明日を生む愛ではなく今日を生き今日を終わる愛。小さき神、アンドロギュヌスでもある少年を愛する事は、少年の時が永遠ではないので不毛であり、虚構であり、観念であるが故に、何時の日でも切ない。

  • 「幕末のアンドロギュヌスたち─馬琴論の試み」を読もうと思いつつ読めてない。

全2件中 1 - 2件を表示

華文字の死想―日本における少年愛の精神史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

華文字の死想―日本における少年愛の精神史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

華文字の死想―日本における少年愛の精神史はこんな本です

ツイートする