変な人の書いたツイてる話〈PART2〉

  • 113人登録
  • 3.69評価
    • (12)
    • (14)
    • (24)
    • (2)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 斎藤一人
  • 総合法令出版 (2000年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893466877

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

変な人の書いたツイてる話〈PART2〉の感想・レビュー・書評

  • 平成11年9月の講演会のフリートークを再現したもの 「そうだよね、わかるよ」の訓練を続ける ほめられる人生よりも、ほめる人生です お金はお金の好きな人のところへ来る 子どもを育てる時は信じることと許すことだよ 愚痴なんていくら言ったって、生活は良くならないんです この人にすべての良きことがなだれのごとく起きます 

  • 『そうだよね、わかるよ。』と言う。
    『閉じていた心を開いて、曲がっていた心をまっすぐにピッと直すこと。これを開き直るという。』
    『子供を育てる時は信じることと許すこと』
    『私が光り輝いていれば、私に会う事が観光になる』

  • 『この人にすべての良きことがなだれのごとく起きます』

    「そうだよね、わかるよ」の話
    「天命」の話
    「お金」の話
    「世界のお母さん」の話
    「観光旅行」の話
    「厄年」の話
    「表と裏」の話
    「弥勒菩薩」の話
    「0パーセント」の話
    「渡り鳥経営」の話
    あとがき

  • 単身赴任の中、自宅の断捨離対象になった。
    「ツイてる」と言うと本当にツイてくるという斎藤一人氏に共感し、氏の本は数冊読んだ。第1弾と同様、CDが付いていたので購入。
    「そうだよね、わかるよ」の話はよく覚えてくる。
    7つの習慣の「理解してから理解してもらう」に通じる。
    もう一回聞いてみよう。という気分になってツイてる!

    目次
    「そうだよね、わかるよ」の話
    「天命」の話
    「お金」の話
    「世界のお母さん」の話
    「観光旅行」の話
    「厄年」の話
    「表と裏」の話
    「弥勒菩薩」の話
    「0パーセント」の話
    「渡り鳥経営」の話

  • うーん…シンプルだけど深い。すぐに実践できるんだけど、心からそう思えるかどうか。
    しかし、心からこの考え方ができるようになった時、かなり豊になれると思う。
    7回読むことにします。

  • 初めて読んで自己啓発っていうのにはまった一冊、影響をうけた1人斎藤一人さん。
    お金持ちだから成功者、幸せと思ってた自分のお金持ちの概念が変わりました。
    真の成功者、マインドを学ぶ一冊には調度良いですね

  • 心が疲れているときに、短時間で元気がもらえる本。
    わかっているけれど忘れていたことを思い出させてもらえる。
    「そうだよね、わかるよ」のひとこと。
    あら探しをするより誉めること。
    自分自身に、そうやって接していきたい。

  • 「一人さんの声は、不思議と落ち着く」
    この間、久しぶりにCDを聞きなおしパワーをもらった。

  • 〈PART2〉です。こちらも思わずうなってしまうほど
    仕事に人生に大切な事が書かれてあります。


  • 日本で納税トップの斉藤一人さんの最初で最後の講演会。

    そのフリートークの内容が収録されています。


    巷にあふれる成功哲学。

    どうも思うのですが、あれって日本人に合っていない。


    西洋は西洋の考え方があって、日本には日本の考え方がある。

    西洋の成功哲学をそのまま持ってきても、日本人にはわかりにくい、なじまない、それが今の私の研究テーマです。



    そしてその中で私が一番日本人に合った成功哲学を発表していると思う人がこの斉藤一人さん。

    わかりやすくて面白い話についつい引き込まれます!

  • 980
    <BR>
    2005/5/17

全15件中 1 - 15件を表示

変な人の書いたツイてる話〈PART2〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

変な人の書いたツイてる話〈PART2〉を本棚に「積読」で登録しているひと

変な人の書いたツイてる話〈PART2〉はこんな本です

ツイートする