人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」

  • 440人登録
  • 3.50評価
    • (44)
    • (48)
    • (127)
    • (8)
    • (6)
  • 73レビュー
著者 : 舛田光洋
  • 総合法令出版 (2005年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893469120

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本で、私の人生は変わりました。
    大感謝の一冊です。

  • 禅の側面から掃除の重要性は以前から充分に認識していて、自分でもある程度実践していたので、驚くような新しい価値観には出会えなかったが、著者の主義主張には全面的に賛成。
    仕上げに「炒り塩を撒いて掃除機で吸う」についてはやってみようと思う。

  • そうじって思った以上に大事だなーと感じました。
    一見、「成功」や「夢が叶う」にあたり何の根拠もないことのように感じるかもしれませんが、あながち間違いでは無いと思っています。

  • 著者の 舛田光洋さんは、以前、事業を失敗し、借金を抱えて、離婚、失望、無気力へのプロセスを歩んだ経験があるそうです。舛田さんは、それによってひどく傷ついたまま、何も手につかずに、部屋はすぐにゴミ溜めのようになっていったそうです。精神的に参っていた舛田さんの容貌は、ひげはのび放題、お風呂にも入らず、身なりもかなり危険な状態だったそうです。
    そんな舛田さんが目覚めるきっかけになったのは、高校時代の友人が久しぶりに訪れて来たことでした。友人は舛田さんの部屋の汚さを見て驚いて帰ってしまったそうです。しかし次の日、その友人が両手に色々な道具を持ってやって来て「お前も手伝え」と部屋のそうじをはじめたそうです。実は、その友人はプロのそうじ屋だったそうです。
    そうじが終わり、その友人はスッキリした顔で「どうだ、気持ち良いだろう」と言ったそうです。
    そんな舛田さんは、今や「そうじ力研究会代表」などを務め、「そうじ力」を導入した独自の企業発展プログラムを開発し、多くの経営者から高い評価を得ているそうです。

  • ・気を替える    毎朝、窓を開け放し新鮮な空気を入替える
    ・「あなたの住む部屋が、あなた自身である」
    ・捨てる=脱皮 過去の思い入れを捨てる
    ・そうじ力     どん底からでも這い上がれる
    ・黄金ルール   「人がして欲しいと思うことを人に与えよ」
    ・感謝       「ありがとう」と唱えながら掃除をする
    ・松下幸之助   松下政経塾 そうじの重要性を説く

  • 掃除をしたくなってしまいました。

  • 炒り塩、三日坊主×7の21日の勧め、勉強になる。

  • 内容が掃除に関する精神論といった感じの本だった。掃除をする時に読むと掃除をしようというモチベーションが上がる本だと思う。23ページの精神疾患のプロセスの話、84ページの自殺者の数の話、88ページの「パビリオン方式」の話が読んでいてへぇ~っと思った。

  • 感謝の磁場
    深呼吸、
    タテ、ヨコ、まわり

  • やっぱり基本の一冊を読んでおかないとね、ということで、この著者の奥さまの本『夫育て魔法のルール』から始まったそうじ力探求の本の旅は、まだまだ関連する本はいろいろあるけど、そして、結局3冊しか読んでないけど、これで終わりにしようと思います。
    たかがそうじ、だけど、されどそうじなんだよ、ということが、これでもか、これでもかというほど、しつこくしつこく、大げさすぎるほど大げさに書いてあります。
    ちょっと大げさすぎない?と思う向きはあるけど、これでやる気になれればいいと思います。
    私は、そうじは好きな方ですが、さらにプラスαしていきます♪

全73件中 1 - 10件を表示

舛田光洋の作品

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする