「そうじ力」であなたが輝く!

  • 336人登録
  • 3.44評価
    • (30)
    • (29)
    • (98)
    • (7)
    • (4)
  • 54レビュー
著者 : 舛田光洋
  • 総合法令出版 (2006年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893469458

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
白石 昌則
スペンサー ジョ...
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「そうじ力」であなたが輝く!の感想・レビュー・書評

  • なるほど。

    バッグに不要なものを詰め込むほど
    時間に追われる。

    確かに。

    肩もこるしね。

    バッグをちいさくしよっと。

    シンデレラも白雪姫も
    掃除をして幸せになった、

    確かに!掃除のチカラってすごい。

    で、風呂掃除になんと2時間。
    いやぁ、すっきりさっぱり。
    水は感情。こんなに詰まってたなんてね。

  • Amazonオーディブルにて。

    家事の合間に聞きました。
    掃除をすることによるメリット、
    掃除をしないことによるデメリット、
    私の日々の習慣には組み込まれていることばかりと思っていましたが、掃除へのモチベーションは確実に上がりました。

  • 『あなたの住む部屋が、あなた自身なのです。』

    その言葉に…ドキッ…(笑)

    汚れや散らかりが気になりつつ放置してます。

    ほんと、そうなのかもね!

    体力と相談しながら、
    少しずつ綺麗にしていきたいです。

    ありがとう。

  • みんな疲れが溜まってる、という方にもオススメ!
    掃除といえば、大掛かりなとっつきにくいイメージもあるけど、この本には、できることから始められるノウハウがある!
    そして、掃除箇所によって意味合いも違うんだ。

    掃除は心を綺麗にします。
    心を綺麗にしたい方にも是非お勧めです♪

  • さくさく読めた
    掃除が苦手なわたしも試してみようかなとは思うけど、掃除がきらいな私でもわりといい人生歩めてるよというのは卑屈でしょうか

  • すごい掃除がしたくなる本です。
    住んでる部屋からだいぶ物も捨てました。
    ちょっと人生うまくいかないことがあって、藁にもすがる思いで掃除を始めた次第ですが、今は自分でも信じられないくらいそうじにハマッています。
    異常にそうじがしたくなる時って、人生が大きく変わる前触れですって。
    そうじを始めてから数ヶ月、特に良くも悪くも人生変わっておりませんが
    今後に期待します・・・。

  • 心構え的なことと、実践的なことが、わかりやすく丁寧に説明されていました。
    著者自身の経験談も抱負。

    〃天然塩を5分くらい乾煎りして冷ましたものを掃除の最後に撒く〃
    というのは実践しています。

  • キレイをつくる行動は、魔法を生み出します あなたの人生は、あなたの部屋そのもの 部屋のそうじをすれば、あなたの心のマイナスエネルギーも取り払われる 見た目で人は判断する バックに詰め込むほど時間に追われる 必要なものは与えられる 財布をキレイにすると、お金に好かれます 

  • 部屋はこころを映す鏡。そうじをしたい衝動にかられます。いろんな問題もそうじでクリアーできるんですね。

  • 発売当初に買いました。当時このような本はまだ珍しかったので新鮮でした。
    でも掃除することの大切さはわかっても実行が伴わず、この本すら部屋の中で行方不明になるというありさまでした。
    「そうじ力と風水は違う」と書いておきながら、炒り塩をまくとか、21日パワーとか、オカルト的な要素を重要視しているのも、ちょっと合いませんでした。
    意識改革だけはできた気がします。

  • 留学中に読んだ本。
    これもお世話になっている方のお家で読ませていただいたもの。

    自己啓発に触発されることは、ないと思っていたけれど大いに触発されている(笑)

    あぁ、今までのわたしは、そうじができていなかったから。
    だから、自分らしさまで磨かれず、表れてもいなかったのだな、と
    もったいなく思う。

    ①トイレ(96頁)
    有村花菜さんの歌にもあるように、トイレは神様なのだそうだ。
    人間の生命活動の維持に、排泄はなくてはならないもので、その
    一環を担ってくれている場所がお手洗い。

    トイレは、環境や周りの人に対する感謝の意が表れる場所なのだそうだ。

    ああ、今までトイレのそうじ、きちんとできていなかったと思う。
    どうしても、汚い場所だから。水周りのそうじは、本当に苦手だった。
    帰国して、自分の家を持ったら、きちんとそうじしよう。

    ②本棚(114頁)
    筆者は、蔵書の量が、自分の価値を決めると思っていたという。
    それは、わたしにも当てはまること。なにか、本をたくさん「持っている」
    ことがえらいような。

    でも、置く場所には限度がある。
    そして、本棚が乱雑でいると、思考停止に陥り、古い考えのままで
    停滞してしまうのだそうだ。この考え方は、とても理に適っていると思う。

    スペースを決めて、入りきらなければ処分し、書籍を更新する。

    帰ったら、蔵書の整理がしたくなってきた。
    そして、本棚も欲しくなった。きちんとした本棚。

    ③それから、関係ないけれど「アクセサリーは光らせることで幸運を呼ぶ」
    (136頁)のところで、

    「私を必要とする人が、必要なときに巡り合えますように」

    とあって、この考え方はおもしろいな、と思った。
    「私を必要としてくれる人」ではなく、「私を必要とする人」っていう、
    なんていうのかな。自分目線ではなく、相手目線というか。
    「世の中には、きっと自分が必要な人がいるはずだから、
    早くその人に会ってあげたい」っていう、良い意味で、上からのスタンス。

    これは、(高飛車にならなければ)自分を肯定できる、自身を持てる、
    すてきな考え方になりうると思った。

    とにかく、いつもきれいでいよう。

  • 掃除したら運が良くなるよ~という本なんですが、運気が良くなる、という部分も面白いんですが、掃除の仕方の本として、優秀だと思います。著者が清掃業をされていたそうなので、ポイントが的確です。こういう本は、どうなのよ、という人もいるでしょうが、なにもせずにブツブツ言う毎日なら、スピリチュアルだろうが、風水だろうが、お掃除だろうが、取り敢えずしばらく付き合ってみて体動かしても良いんじゃないでしょうか。

  • 自分の部屋は自分の人生っていうのが要点かな。あとはバッグに物をつめ込まないようにしようと思った!

  • 掃除をしたくなります。読み終わった後、さっそくお風呂掃除をしました。
    スピリチュアル?宗教の勧誘的な口調がちょっと苦手でしたが…。

  • book offで思わず手に取る。
    (部屋の掃除をしたばかりだったからだ)

    サクサク読める。
    さらに掃除がしたくなる。
    掃除をすると部屋の『気』が変わる。
    そして清々しい空気の部屋はやはり気持ちよい良い...

  • ・爪がきれいかどうかをチェックしよう
    ・21日パワー法
    が参考になった。フムフム。

  • 掃除、したくなります。
    身の回りが綺麗になると、気持ちもスッキリ。
    家族や友人、同僚にも優しくなれる気がします。

    でもなかなかそうじは持続できないので、時々読んでモチベーションを維持したい。

  • 説得力はあります。

  • 掃除が行き届いて整理整頓された部屋にいると気持ちが良いし、仕事もはかどるので、「そうじ力」は本当にあると思います。私もお掃除実践中です♪

  • 図書館で借りた本。
    数年前流行ったが、当時読む気がしなかったが、図書館で見つけたので、とりあえず読むことにする。

  • 俄然、そうじがしたくなります。
    毎日少しずつ、21日パワー法、これを実践したいと思います。

  • 「ガラクタ捨てれば」ほどのすごさはなかった。たまに「江原さん…?」となる。スピリチュアル…。

    服を捨てる。リサイクルショップや寄付という考えも頭をよぎるかもしれませんが、その日のうちに行動がおこせないなら、捨てる事をおすすめします。
    確かにまだ着られるものも多くあることでしょう。
    「お金をかけたのにもったいない事をした」「資源の無駄だった」という自覚をしっかり持つ事でこれからは、衝動買いは抑えることができるはずです。二度とムダにしないという自覚が生まれれば、今後はお金も資源もムダにはなりません。
    最後の誘惑、最後の迷いがリサイクルなのです。「私には必要ないが、他の誰かが必要としているのではないか?」は、まったくもって反対のできない考え方です。しかし、ここに落とし穴があります。「いつ、リサイクルショップに持っていくのか、いつオークションに出すのか」という問いかけです。ここをハッキリさせておかなければ、「いつか使うもの」に分類されます。そして「いつか」はくる事はないのです。「もったいなくて捨てられなかったもの」となるのです。
    資源の問題、ゴミの問題等もありますが、私としてはどんどん捨てる事で、次に買うときに無駄なものは買わない、欲望のままに買わない心がつくられ結果的に資源やゴミ問題に貢献できるのではと思います。

  • そうじ力。

    あると思います。

  • 確かに住まいが美しいということは、仕事や人間関係や運にも関わってくると私は思っています。
    元々そうじ好きですが、ものすごく、更にそうじがしたくなってくる本です。

全54件中 1 - 25件を表示

「そうじ力」であなたが輝く!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「そうじ力」であなたが輝く!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「そうじ力」であなたが輝く!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「そうじ力」であなたが輝く!のAudible版

ツイートする