煩悩の文法―体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話 (わたしたちのことばを考える)

  • 5人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 定延利之
  • 凡人社 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893589156

煩悩の文法―体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話 (わたしたちのことばを考える)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「この本で論じたいのは『文法』という、いかにも立派そうな『システム』の中に、実は、些末な煩悩にとりつかれた私たちの日常的なしゃべり口、ものの言い方からできあがっている部分がある、ということである。~この本では(煩悩とは)『自分の体験を他人に語りたい』というきもちに関連するものを漠然と指す。」本書第1章より。
    着眼点はものすごく面白いと思ったが、著者の探求があまりに細かすぎて、読んでて疲れた。もっとも、私の理解力の低さにも原因があると思うけど。

全1件中 1 - 1件を表示

定延利之の作品

煩悩の文法―体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話 (わたしたちのことばを考える)を本棚に登録しているひと

煩悩の文法―体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話 (わたしたちのことばを考える)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

煩悩の文法―体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話 (わたしたちのことばを考える)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

煩悩の文法―体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話 (わたしたちのことばを考える)はこんな本です

ツイートする