日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)

  • 88人登録
  • 4.56評価
    • (15)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 :
  • ふゅーじょんぷろだくと (2012年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893937582

日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ほんとに戦艦達みんな格好良い。
    それぞれがそれぞれの役割と運命と向き合って
    海に沈んで行った多くの名鑑達。
    過去に産物じゃなく今でも多くの人の心に名を残す
    彼らは永遠に色褪せない艶やかなものだと思う

  • ヨークタウン級とサラトガの場面から、ホーネットと瑞鶴の対峙の流れがせつない

  • 一巻よりも分厚いですが、四コマは少ないかな?
    他国の軍艦ももっと見たかったです。
    アメリカとの戦いが殆どなので仕方が無いですが。
    三笠とか妙高とか翔鶴・瑞鶴のキャラが強すぎます。好きですけど。主人公の大和が霞んでます。
    そして、この主要メンバー以外の四コマも読みたいです。

  • 戦艦初心者にはちょっと分かりにくいかも知れんね……。友人を軍オタの道に引きずり込むための入門書としては不適切だったかも…。「よくわからん。」っつって翌日に返されたからねwwwwwwww扶桑が相変わらずで何よりっ!!ビッグマックビッグマック!!!

  • 扶桑の盛りっぷりが何度見ても秀逸で困る

  • 艦にはそれぞれのドラマがある。
    だからこそ、人になってもこんなに面白い。

    擬人化本は、ともするとイロモノっぽくてただ萌えに走るだけになりがちな気がするんだけど、この漫画は艦への愛が詰まっていると思いました。

    個人的には双子空母と妙高ブラザーズが好きでした。
    現代のおふねももっと見たかった。

    てゆーか、この漫画もっと有名になってもいいと思うんだけどな…

  • 危うくぼろぼろ泣きそうになった。第二次世界大戦末期のお話。戦艦を擬人化するとこうも哀しい話になるのか……。

  • ついつい衝動買い。そのまま勢いで色々調べてしまった・・・。

全8件中 1 - 8件を表示

日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本海軍菊花聯合艦隊弐 (ポーバックス CBジュニアコミックス)はこんなマンガです

ツイートする