お久しぶりです、ダメな人(BABYコミックス)(POE BACKS)

  • 125人登録
  • 2.76評価
    • (0)
    • (5)
    • (14)
    • (8)
    • (2)
  • 12レビュー
  • ふゅーじょんぷろだくと (2014年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893939609

お久しぶりです、ダメな人(BABYコミックス)(POE BACKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 塾講師×高校生

    謎に共感できない仕上がり。
    先生がそこまで避ける理由も、きっかけがチューしただけっていうのも、気持ちが置いて行かれたまま読み終わるという。初見はもっとあからさまに置いてけぼりで、再読して、もう少しだけ追い付いた気はします。友達カップルのほうが気が気じゃないです。

  • 塾講師×高校生 で再会もの。
    ぜんぜんダメ男じゃないじゃん。

  • ある意味、表紙に惑わされて読むべき一作。
    中学生の時に両親の都合で1か月預けられた家にいた大学生の五十嵐を、優はお兄ちゃんの様に慕っていた。キスされた事で、キスをしてきた五十嵐先生の事が忘れられなくなってしまった優。この忘れられない気持ちに折り合いが着けられないのは何故なのか、キスされたから先生が好きなのか、先生がキスしたのは自分が好きだからなのか、機微を読み込めない子供に唐突な事はするものではない、と言う見本のようなお話(笑)。表題作が物語るように、少しでも生きている時間が長いのであれば、未熟さに対する配慮と責任は取れなければならないのだ。
    優には理央と言う物事をはっきり言う良い友達がいる。理央の心の中には、足を怪我して運動をセーブしなければならなくなった時(このままこいつ俺なしじゃいられない身体になんないかな)と言う思いが過ってしまうくらい純粋な気持ちがあるが、気付くまでに時間がかかっている…
    ブクログの評価低いけど、この人、依田さん系譜じゃん!!『愛の深さは膝くらい』の昴が思い出されてしょうがないじゃん!!これを「真似っこ」「二番煎じ」と捉えるのだろうか…依田さんの作品世界は真似っこなど出来ん。マインドに似たものがないと描いて作品なんぞに出来ん!!
    あと、会話のテンポがいい、イキイキしている。ぐじぐじ鬱々してるだけが十代ではない、と言う気持ち良さがある。言いたい事を我慢している時のクラウチングスタートみたいな前傾姿勢から、言っちゃいけないかもしれないけどやっぱ言っちゃう!!と言う若さが気持ちいい感じに表現されてて、ティーンエイジもの苦手なんだけど、自分の気持ちに正直である、と言う表現の仕方に無理がない!!

  • 表紙が印象的で期待して読んだら読み辛かった。

  • 表紙買い。裏表紙のあらすじ読んでからのほうが分かりやすいですね。
    ダメ男に惚れる子の話なので、ダメ男のクズぶりに期待したんですがそこまでダメ男でもない。自分で俺はダメ男だって思ってる系で、ダメ男萌えにはひっかかりません。

    キスされたことがショックだけど気になって気になって仕方なかったんですね。この作品だけだといまいちなんですが、絵柄とか設定は好きです。次作に期待したい。
    切ない作品にするならもう少し葛藤も欲しかったかな。思い切る心境の変化とか、長年溜め込んできた思いをもっとぶちまけてほしかった。

    ダメ男に惚れる子の幼馴染の話もあって、そっちのほうが萌え度は高かったですかね。続きが読みたい。

  • 表紙とタイトルが気になって買った本。
    再開モノ、三角関係(男)、塾講師と生徒。
    魅力的に思えなかった。登場人物の気持ちや行動が先走っちゃって追いつかなかった。すると薄っぺらな感じがした。
    自分が受験や塾講やってたのもあって、なんだかファンタジーだなあと思ってしまったのもあった

  • 表紙買い。表紙の感じは好きだったけど、お話は…よくわからない感じだった。受けの子がちょっと得意ではないのもあるけど、ん~?ん????で終わってしまった!!!!

  • 作者の同人のファンなので購入。絵が可愛い。

  • トリシシを中心に活躍されていたしぇんなさんの初商業コミック。独特の雰囲気と背景、キャラの涙顔に惹かれます。お話はダメな大人(単に優柔不断というかふん切りをつけられない方なのかな)と彼を良くも悪くも忘れられない高校生のお話です。高校生のキラキラした直球的な想いを表現されるのが上手だなぁと読んでいて楽しくも苦しくもありました。高校生同士のお話も読んでみたいですね。

  • 初コミックスの作家さん。これは編集が悪いのかな…?
    最初何の説明もなく、でも読んでるうちに少しずつ状況が見えてきて徐々に作者の言いたいことが明確になるタイプの作品ってあると思うんですよ。でもそれは作者が意図してそういう構成にしてるのが前提ですよね。このコミックス、1話の前に『はじまり』って回を描いていて、それが一番後ろに収録されてるの。
    え?そこ読まないと主人公と先生の因果とか、主人公と親友の関係性とかわからなくない?収録順に1話から読んでキョトーンとしたの私だけ(#・∀・)?普段読まない裏表紙のあらすじよんでやっと理解出来たけど…これは『はじまり』を一番に持って来るべきじゃなかった???

    要は、主人公が中学生の時に預けられた家の息子と仲良くなって、兄みたいに慕っていたところ最終日にキスをされ説明や弁解のないまま離され数年後に再会。それをずっと忘れられなかった主人公が「今度は逃がすか」とばかりにまとわりついて…という話。
    大筋はよくあるパターンかな~と思うけど、端々に可愛さと若さと切なさが見え隠れしている。決して嫌いな作風ではない。でもわかりずらすぎたよ~(ノ_<。)

    かきおろしの、親友とモデルやってる子のやりとりなんかスゴく萌えたのに!片道通行すぎる複数の片想い、めっちゃ美味しいのにっ!!
    この二人の続編ないのかな~。熱烈希望♪

全12件中 1 - 10件を表示

玉川しぇんなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

お久しぶりです、ダメな人(BABYコミックス)(POE BACKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

お久しぶりです、ダメな人(BABYコミックス)(POE BACKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お久しぶりです、ダメな人(BABYコミックス)(POE BACKS)はこんなマンガです

ツイートする