猫町∞

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 天沼春樹
  • パロル舎 (1997年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894191594

猫町∞の感想・レビュー・書評

  • ミイラ盗りはミイラに、猫盗りは猫に。
    河は夢と現の境界。橋は異界の入口。
    あの町、あそこ、猫の町。闇のなかに沈む迷路。
    住人たちの足取りに似せようとつとめても、彼らは毛色の変わった者の侵入を敏感に嗅ぎつける。そこここに粘着質の疑惑に満ちた視線。
    トラ猫の三角、黒猫の四角、瞳は自在に回転し、死角はない。複雑に入り組んだ路地は獲物を捕獲する網。
    あの四辻を曲がってごらん。退路はとうに断たれているよ。
    時計までもが溶けゆく真夏の夜に、甘美にして淫靡な魔性に耽溺する。汗はうるおう舌のように全身にからみつく。あまりにも蠱惑的。

    出久根育さんの挿画が不可思議で不穏で素晴らしい。

全2件中 1 - 2件を表示

猫町∞はこんな本です

ツイートする