いやなことは後まわし

  • 16人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Patrick Modiano  根岸 純 
  • パロル舎 (1997年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894191655

いやなことは後まわしの感想・レビュー・書評

  • フランスの有名な作家さんと聞く。「イボンヌの香り」という映画にもなったそうだ。ヒトラー独裁の頃のフランスの話。子供の目線から描いているので、同居している大人たちが何者なのかは、後半にならないとわからない。子供にとって、何が正しいのかは、触れある愛情と時間に理由がある。社会的に犯罪者だったとしても。。。。
    全編映画のシーンのようにオーガンジー一枚ぶんの紗が、かかったような世界観。

  • ノーベル文学賞を受賞したパトリック・モディアノの小説を読む②

    この前に読んだ「サーカスが通る」と同じような作風。印象深い主人公の年齢が違うが、同一人物にも見えてしまう感じがする。手がかりが消え謎が謎のまま物語がおわっている。

全2件中 1 - 2件を表示

いやなことは後まわしはこんな本です

ツイートする