バムとケロのおかいもの

  • 1790人登録
  • 4.37評価
    • (459)
    • (152)
    • (164)
    • (2)
    • (0)
  • 236レビュー
著者 : 島田ゆか
  • 文溪堂 (1999年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894232105

バムとケロのおかいものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 綿密な塗り、細かい書き込みはついついじっくり見てしまう一冊。
    フライパンのくだりは絵本ながら、驚きをもって読める。

  • 三歳児が年度後半になり夢中になっているシリーズです。
    自由人!無邪気でかわいいいつまでも少年の心を忘れないであろう(笑)
    でもこんなお友だちがいたら周りはちょっと大変かも!?の
    カエルのケロちゃんとそんなケロちゃんをやさしく見守る
    バムのコンビが私も大好きです。
    ある子が「バムはお母さんだよ」といってました。
    おそらく・・・バムは男の子でしょうが確かにお母さんのような
    まなざしでケロちゃんを見守っているなぁと思いました。

    挿絵がとっても細やかに描かれていて見るたびに新しい発見があります。
    なんでもない日常なのにくすっと笑ってしまったり、「ぼくはコレ!」「私はコッチがいい」
    「ミテー○○シテルヨ!!」挿絵をみながら
    友だち同士での会話も広がります。
    そんな じっくり みんなで楽しめるシリーズです。

    「おかいもの」では月一回の買出しの様子が描かれています。
    最後にでてくる「ケロちゃんお気に入りのパンケーキのフライパン」
    本当に手に入れることができるんですよ!

  • 小学生の時に夢中で読んだ。また読みたいなーどこかに置いてないかしら

  • こどもとじっくり見ながら
    細かい登場人物までしっかり
    追っていくと本当に面白い絵本です。

  • 息子が図書館で借りて来た時、可愛らしく、そして愛嬌のある表紙の絵を見て、「クスっ」と笑ってしまいました。

    ひとつひとつ丁寧にモノを選ぶ、相手を思いやりながら買うものを決める、お金が足りなくなったので調整するという、「おかいもの」の様子が、優しく柔らかい絵と言葉で描かれていました。

    この本を読んだ後、私の「おかいもの」が「作業」と化していることに気づき、少し反省。後日、家族で「おかいもの」に行く機会があったので、みんなで一緒に、丁寧にモノを選ぶようにしたところ、その夜、息子が「ママ、今日のお買い物楽しかったよ。」って言ってくれました。

  • ケロちゃんのおかいもの、最高にかわいい。
    私もあんな朝食食べたいな。

  • ハムスターがかわいかった

  • 図書館で借りて読み。
    何度か児童館で読んでる。

    描きこみ細かくて、何度読んでも楽しめる絵本。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • 1ページ1ページ発見があって楽しい本です。この本一冊でも楽しめるし、シリーズで集めると更に楽しい発見があります♪

    大人も子供も一緒になって楽しめる本です☆

全236件中 1 - 10件を表示

島田ゆかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘレン・バンナー...
A.トルストイ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

バムとケロのおかいものを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バムとケロのおかいものを本棚に「積読」で登録しているひと

バムとケロのおかいものの作品紹介

くるまにのってみんなでおでかけ!すいようびはみんなでおかいもの。なにをかおうかなぁ…。バムとケロからのプレゼント。

バムとケロのおかいものの単行本

バムとケロのおかいものの大型本

ツイートする