ぼく おかあさんのこと…

  • 1051人登録
  • 4.01評価
    • (182)
    • (118)
    • (160)
    • (8)
    • (1)
  • 159レビュー
著者 : 酒井駒子
  • 文溪堂 (2000年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894232617

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
なかがわ りえこ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
シェル・シルヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼく おかあさんのこと…の感想・レビュー・書評

  • ぼくおかあさんのこと…キライから始まる絵本。
    男の子うさぎが拗ねている理由は…?
    拗ねた顔がまた可愛くて嘘がバレバレですよ。
    文字のない絵の使い方がうまい。お母さんの寂しさがよくあらわれている。
    そして最後のページは…いじらしい。
    ギュウっとしたい。
    男の子ってこんな事考えているのかな。男の子もいいもんだなぁ。
    そして、酒井さん、子供の気持ちがわかり過ぎ。
    このお母さん私によく似ているわ(笑)

  • こんな息子が欲しいな、と思った。
    かわいいです。
    だからおかあさん、くつ下は洗ってあげようね。

  • ウサギの絵が可愛い!
    本当はお母さんのことが大好きな子ウサギにきゅんとしました。

  • 大好きな1冊。男の子の母でよかったと思う。なんてかわいい男の子。

  • 「ぼく、おかあさんのこと・・・(てんてんてん、とよむ)」

    「○○○!」と読んでいくと、「えーーー!」の声が上がる。

    自分はゆっくりしてる、のところで、うんうん、の同意のうなずきが見える。
    けっこんしてくれないからってところで、「あたりまえー」の声が主に女の子から上がり、
    「だってもうおとうさんとけっこんしてるやん!」という意見と「だって、そのころにはおばあちゃんになってるやん!」の意見が聞こえてくる。

    でていったところ。すこぅしドアがあいたところ。ちょっとした緊迫感。クスクス笑い。
    字のないページだけれど、きっとものすごくいろんなことを読み取ってくれてるように思う。
    ボールの忘れ物にほっとする。最後の靴下に笑う。
    読み聞かせしてる方も幸せな本。(i44)

  • 大好きな酒井駒子さんの絵本。買おうか迷いつつ、未だ図書館で済ませてます。息子の成長とともにキュン度が増した1冊。

  • 駒子さんのイラストがほんっとうに可愛い!!
    幼いころ、お母さんが大好きだった時のやきもきが、「ぼく」目線で展開していく。
    大好きなシーンは、ぼくが大きくなってるところと、結婚のところ!

  • 「ぼく、おかあさんのこと...きらい。」とうさぎの息子からの衝撃発言から始まるこの絵本。おかあさんのきらいなところをあげていき、おかあさんは思わず耳を塞ぎます。けれど、息子が一番不満に思っていることはおかあさんと結婚できないから!なんと愛おしいのでしょう...。心にぐっとくる一冊です。最後にくつ下をちゃんと洗ってもらえたところになんだかほっこりします。

  • 3分弱

    ぼくおかあさんのこと・・・きらい
    から始まって、もっともな嫌いな理由が述べられていきますが
    結婚できないから嫌いって。そっち??って
    急に可愛い感じになる。

    うさぎの表情がすごくいい。
    一人でもんもんと考えていたぼくも、最後にはうれしくなって
    読んでいるこちらもうれしくなる。

    子どもには共感できるだろうし、読み聞かせに向いていると
    思う。

  • お母さんには、不満あるよねー

  • おかあさんキライ!という一文があるのですが、そのときに「キライくない!」と言ってくれるのが可愛いです。たまにニヤリとしてキライ!と言います(笑)

  • 図書館で借りて、夜に子供を寝かせる時に読みました。図書館では母の日に向けた本としてコーナーが作られてました。

    特に内容をチェックせずに借りましたが、子供たちに大ウケ。毎日読んでとせがむので、通販で注文したところです。

    私のお気に入りは、「休みのはいつまでも寝てる」というところ。私と重なります笑
    子供たちのお気に入りは「お母さんが寝てる間に部屋から出ていくシーン」です。

  • 「ぼく おかあさんのこと キライ」から始まる、大好きな母へのユーモアあふれるメッセージが詰まった本。不満が語られる部分は、高学年も頷く

  • Amingのキッズコーナーで見かけて、前から気になっていたので手に取る。寂しそうなウサギの可愛らしい絵。2017/3/24

  • 研修で知り、借りてよんだ。

    ぼく おかあさんのこと…

    幼子は無条件に母親が好きでしょう。
    母親は息子がかわいいでしょう。
    そんな母親の気持ちにすり寄るような絵本。
    「ぼく」がかわいいと思ってしまうのは、私も女だからだ。

  • ケッコンのくだり、めっちゃすきです……。
    あとラストね、いいですね……。

  • たまらない(*☻-☻*)

  • たまらない(*☻-☻*)

  • 20150805 読了

    ずっと気になっていた本。男の子が生まれた友人にプレゼントをするにあたって図書館で借りた。

    話的には、こども向けより、そのお母さん向け。笑
    男の子って、お母さんにこうやって甘えてくれる期間がとっても短いだろうから、それを思うとぐっと泣けてくる…

    絵もすごくよかった。ファンタジックでリアルで大好き。

    これからも男の子が生まれるたびにプレゼントをしてしまいそうです。笑

  • うさぎの男の子が主人公のお話です。おかあさんへの文句をいいながらも、本当はおかあさんのことが大好きな様子が感じられる言動をとるうさぎの男の子がとてもかわいらしかったです。(メイ)

  • 男の子はお母さんが大好き。
    だけど、わざと「嫌い」って言ってみたりする。
    だって、ドラマばかりみてマンガ(アニメ)見せてくれないから。
    だって、大きくなってもケッコンしてくれないから。
    大人の目線と子どもの気持ちのギャップ。

  • ツンデレがかわいいです❤
    嬉しくて何度も読みます。私が。
    ぼくは何歳ぐらいなんでしょう…。

  • 子供よりお母さんに向けられた絵本かなと思った。色々思い当たるフシあり(^^)

  • 母性本能をくすぐられる心温まる本間違いなし!!

全159件中 1 - 25件を表示

ぼく おかあさんのこと…に関連する談話室の質問

ぼく おかあさんのこと…に関連するまとめ

ぼく おかあさんのこと…を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼく おかあさんのこと…を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼく おかあさんのこと…を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする