ぶた

  • 117人登録
  • 3.91評価
    • (23)
    • (13)
    • (18)
    • (2)
    • (2)
  • 22レビュー
制作 : Julia Vuori  森下 圭子 
  • 文溪堂 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894232914

ぶたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白い。だいぶ前に図書館で何度も借りて、ついに購入。久しぶりに読んだらまた面白かったです。

  • 現代人への皮肉?あと全体的に読みにくい。

  • ぶたさんの作り出す独特の世界にいやされます

  • 図書館でふとであった
    おされ、意味不明、個人的には嫌いでない
    うちの6歳9歳の反応はイマイチ
    フリガナなし漢字多し

  • 島田ゆか&ユリアヴォリ展に行くというので、借りた本。
    シュールすぎて読み聞かせに苦労する。
    が、なかなか気に入っている様子。
    この本でメトロノームを学習。

  • ブタの女の子の毎日。読み聞かせには不向き。ブタが可愛いような、そうでないような・・・。

  • さむがりやのサンタをおもいだした。
    細かいかきこみがいっぱい。
    個人的には洗濯バサミスズメがめっちゃツボ。
    乾くまでって・・・・
    楽しすぎる。

  • 例の絵本屋でトリッピン立ち読み。
    荷物の少ない時に必ずお迎えに参ります。

  • ネガティブなようで、ポジティブなようで。
    あー、そっか。
    これが、アンニュイ?

    ぶたの妖艶?な目線とか。
    スズメ(羽根の色が……)の足浴とか。 
    金曜会のつどいとか。
    野ウサギバンドとか。
    そこはかとなくオシャレなのです。

    魅力的なキャラいっぱいですが、
    ペンギンとアナグマが好き。

    子どもたちへの読みきかせは、ちときびしいかも。

  • 作家島田ゆかの好きな作品ということで読んでみました。
    息子といっしょに読もうかなんて借りてきたけれど、大人向け?
    なんだか不思議な作品。

    1回目に読んだときはなんだかおもしろいようなつまらないような・・・

    しばらくして
    なんとなく気分がゆううつなとき(ぶたのように!)にまた読みたくなって、
    そろそろとページをめくったら結構おもしろかった。

    繰り返して、読めば読むほど味が出てくる感じがする。

全22件中 1 - 10件を表示

ユリア・ヴォリの作品

ぶたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぶたを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする