「U-NOA FREAK」(ユノア フリーク)

  • 40人登録
  • 3.84評価
    • (9)
    • (3)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • ホビージャパン (2005年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (97ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894253728

「U-NOA FREAK」(ユノア フリーク)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SDは許せないが、ユノアは1体欲しいと思っているので、なんとなく購入。メイクの仕方に「ほぅほぅ」と思ったり。荒木元太郎氏は爪の半月部分と先部分の白い色を塗らないでデザインナイフで作る行程を見て衝撃の余りひっくり返りそうになった。

  • 実はユノアの造形が好きです。いつか買いたい人形のうちのひとつ。<br>
    色んなユノアのメイクが見られて面白かったです。

  •  待ちに待ったユノアの本が届きました。早速、その感想ですが、これは間違いなく買いですね。例え、ユノアに興味ない方でも、球体関節人形に興味をお持ちの方は、特にお薦めです。

     まず、驚いたのが、この手の雑誌としては珍しく、ビニールのハードカバーがされている点です。まるでピアノの教本のようです。ちょっと豪華。ページをめくるとユノアをイメージしたらイラスト、色々なドールディーラー様によるファッションショーといいますか、お洋服から背景の小物に至るまで、個性豊かな世界が拡がっています。同じ人形なのに、受け取り方が違うと、こうも個性的になるんですね。びっくり。ご紹介されているドレス等については、簡単な作り方についての解説と、型紙がついていますので、お気に入りのドレスは、そのまま作ることも出来ます。頁にして55頁までが、以上の写真集のような世界。

     続いて始まるのが、カスタムの章とでもいいましょうか?がらりと構成が変わります。詳しくは楽しみを奪うことになるので書きませんが、手作りドールアイの頁がなるほど!と思う気持ちが半分。そして、もう半分の気持ち的には、これって身近な材料なの?と思いました。ちょっと想像していたものと内容が違っていましたが、1つのアイデアとして楽しいです。本ではご紹介されていませんでしたが、個人的にはカラーのエポキシとか使って出来るのでは?と思うので、いつかチャレンジしたいと思います。あとはカスタムの代表格といえば、メイクですね。これはSDとあまり変わらない内容かも。逆に嬉しかったのが、お洒落なミュールの作り方。これって、創作人形の世界でも応用出来そうです。

     最後に一番良かったのが、荒木さんのこれまで制作されたドールについてのご紹介頁。これが本当に勉強になります。球体関節人形は、○○でなくてはならない といったような固定観念に縛られること無く、如何にすれば美しいラインを作れるのかとか、こんなギミックがあったら面白いのに みたいな部分が伝わってきます。やはり人形も目って命ですから、ドールアイが自由に稼動するというだけで、表現の範囲が飛躍的に変わってくると思うのです。また、今までの作品の問題点は、ちょっとした改善かもしれないのですが、きちんと克服されていることに拘りを感じます。特に膝、肘の二重関節の工夫は凄いです。球体が目だなないように色々なアイデアが詰め込まれています。ユノアファンの方向けの本だと思うのですが、創作人形を作られている方にとっても、本書は、とても勉強になる本ですし、何か、自分でも新しいアイデアが思いつくかも? そんな気にさせてくれます。柔軟な考えに触れることで、自分の頭も啓発され、活性化出来るのだと思います。

     そうそう、忘れてならないのが、誌上通販の少年版ユノア。サイトでの購入は即完売で大変なことになっていますが、誌上通販は、期限迄に申し込みを済ませば、必ずお迎え出来ます。ユノアを既にお迎え済の方も、欲しくなること間違いありません。この本が届くまでは、ちょっと顔立ちの異なるヴィエルの方を申し込もうと決めていたのですが、エルヴィーの優しい感じも捨て切れません。特に75頁の写真にやられてしまいました。(笑) 専用の申し込み用紙は、それぞれ1枚ずつありますので、最終期限までに2体お迎えしてしまうかもしれません。(ご注文の締め切りは、5月末、6月末、8月1日(最終)の3回となっています。)

     オークション等で高値で売買されている子をお迎えするのではなくて、きちんとご自身で予約して、組立からメイク迄した方が楽しいと思います。数量限定では無い様ですので、安心して注文出来るのもいいですね。

  • お人形好きにはたまらない一冊です。豪華アーティストのユノアが見れます。

  • ユノアはやくきて…

  • まさかこんな本が出るなんて!
    「ユノア」というのは、一個人である荒木元太郎さんという造形師の方がつくったキャスト製の球体関節人形の名前です。
    企業による量販体制もない、ごくマイナーなお人形だったはずですが、その魅力に取り付かれたファンがじわじわと増えてきて、とうとうこんな本まで出版されることになりました。
    創作系のお人形にありがちな暗いイメージが無く、あっけらかんとした明るさがあるお人形です。
    ことにこの本に出てくるカスタムされたユノアはめっちゃラブリーvでした。
    ユノア特有のちょっとコケティッシュで、ある意味猥雑な雰囲気をぜひ味わってみてください。

  • 1冊まるまる荒木元太郎氏のユノアシリーズの本。組立やフェィスアップ、お洋服の作り方までホントに親切に出ているので、ユノアを持ってる人も持ってない人もお人形好きにはとても嬉しい1冊。ユノアシリーズ新作の少年版ユノア「ヴィエル/エルヴィー」の購入申込書がつているので、欲しい人は8/1の申し込み締切りまでに買うべし!!

全8件中 1 - 8件を表示

「U-NOA FREAK」(ユノア フリーク)の作品紹介

球体関節人形ユノアの完全バイブル。

「U-NOA FREAK」(ユノア フリーク)はこんな本です

ツイートする