陰月のヤジリ (HJ文庫)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 時海結以
制作 : 亜沙美 
  • ホビージャパン (2006年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894254589

陰月のヤジリ (HJ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古代の、多分何かの神話をモチーフにした話なんだろうけど。
    私にはものすごく難しかった。と言うか読みづらかった。

    時海さんの他の作品は割と読みやすかったのにな。

  • 久々に古代ものを読みました。
    私的にはもうちょっと物語に刺激が欲しかったかな。
    挿絵がとにかく綺麗でした。

全2件中 1 - 2件を表示

時海結以の作品

陰月のヤジリ (HJ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

陰月のヤジリ (HJ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰月のヤジリ (HJ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

陰月のヤジリ (HJ文庫)の作品紹介

サノカタとユツキの兄弟は、客人(マロウド)を迎えた。すでに廃村と化し、滅びかけた村に流れ着いた少女と、その兄。少女サナの掌には、サノカタと同じ紋章の刺青が刻まれていた。互いに滅びを迎えつつある村それぞれに語り継がれた伝承。サナは自らを儀式の贄とするため、サノカタに殺されに来たのだった。使命に殉ずることに疑問を抱くユツキとサナの兄タジヒ。愛し合い信じ合い、想いはそれぞれに交錯する。滅亡の古代神話ロマン。

陰月のヤジリ (HJ文庫)はこんな本です

ツイートする