D&Dリプレイ2若獅子の戦賦-監獄島編 (HJ文庫G)

  • 25人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柳田真坂樹
制作 : 井上 純弌 
  • ホビージャパン (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894256613

D&Dリプレイ2若獅子の戦賦-監獄島編 (HJ文庫G)の感想・レビュー・書評

  • 相変わらず燃えるリプレイ。
    燃えるのはGMが設定したシチュエーションだけじゃなく、ロールプレイにも因するところと思う。amazonではそれが「こんなにすらすら台詞が出てくるわけがない」と批判的レビューの理由ともなっているのを見たけれど、個人的にリプレイは「こんなプレイがしたいっ、こんなキャラがやりたい! 遊びたい!」と発起させる、ゲーム欲を高めさせる促進剤だと捉えているので全然問題ない。と思う。
    そもそも田中天氏が入っている卓なんだから、誰がドラマティックな台詞を吐こうと割と違和感ないよ、うん(笑)

    余談ながら、このリプレイを読んでる最中に某公式シナリオのキャンペーンセッションを行って、紅の貴婦人戦と全く同じ構成の戦闘に遭遇して一人で興奮しておりました。いやそれだけなんだけど。

  • 前作の続きで父親を救出しに監獄島に潜入するお話とキャラ達の出会いの2本立て。ストーリーはシンプルで読みやすく、熱い展開で最後までいっきに読めました。
    ただ、(前作以上に)D&D分は濃いのである程度の用語&ルールは解からないとツライかも。

  • 実質的な第一話である第ゼロ話を収録。

全3件中 1 - 3件を表示

D&Dリプレイ2若獅子の戦賦-監獄島編 (HJ文庫G)の作品紹介

会話型RPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」、大好評リプレイの第2巻がついに発売!騎士道物語はまさに佳境となり、囚われの父を救うためリューマ一行は監獄島に潜入し、激闘を繰り広げる。さらに、4人の出会いを描いた外伝「黒騎士が多すぎる」も収録。「キャラの!」誌連載時より大幅な加筆・改稿を加え、丁寧な注釈ももりだくさんでお届けする。

D&Dリプレイ2若獅子の戦賦-監獄島編 (HJ文庫G)はこんな本です

ツイートする