カエルの王さま―あるいは鉄のハインリヒ グリム童話 (おはなしのたからばこ)

  • 139人登録
  • 3.62評価
    • (7)
    • (17)
    • (10)
    • (3)
    • (2)
  • 8レビュー
著者 : 江國香織
制作 : 宇野 亜喜良 
  • フェリシモ出版 (2009年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894324923

カエルの王さま―あるいは鉄のハインリヒ グリム童話 (おはなしのたからばこ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あるいは鉄のハインリヒ

    いろいろと衝撃的!

  • 掌よりちょっと大きいくらいの、かわいいサイズのカエルの王さまです。子供の自由さとわがまま、残酷さもちょっと込められたお話です。そしてハインリヒの鉄の輪の主張するところは、見る人によってどう映るか変わるでしょう。登場と必要性が、とても唐突なだけに。そして、宇野亜喜良さんの絵がグリム童話の怪しく毒のある雰囲気を醸し出していて素敵です。

  • 2012年4月9日

    アートディレクション/宇野亜喜良
    デザイン/福田真一
    フォーマットデザイン/タカハシデザイン室

  • グリム童話はやっぱり怖いですね。
    小さい頃にこういうのを読んで育つといいらしいですよ。

  • 宇野亜喜良さんの絵がまた素敵なの

  • なんとなく知っている話と少し違って新鮮でした。
    娘よりもお父様が筋の通った方で立派!
    タイトルにあるように、ハインリヒが主役のような締め方は原作通りなのでしょうか?

  • 江國香織と宇野亜喜良!どんなもんだろうと思ってみたら、これが上手い具合に引き立てあう。結果的に、すごく豪華な本に思えてしまった(事実そうだろうけど)。大人向け、オシャレ絵本。

  • 読み終わったとき、「あれ?こんな話だったっけ?」って思いました。なぜだか、可愛いお姫様が蛙にキスしたら、蛙の呪いが解けて……という話だと勘違いしていたみたいです。昔の私ってばメルヘンだなぁ。王子さまの絵を見て笑っちゃうのは、私の心が荒んでしまったせいですね、きっと。

全8件中 1 - 8件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 未明
湯本 香樹実
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

カエルの王さま―あるいは鉄のハインリヒ グリム童話 (おはなしのたからばこ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カエルの王さま―あるいは鉄のハインリヒ グリム童話 (おはなしのたからばこ)を本棚に「積読」で登録しているひと

カエルの王さま―あるいは鉄のハインリヒ グリム童話 (おはなしのたからばこ)の文庫

ツイートする