王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)

  • 38人登録
  • 3.94評価
    • (3)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 岡田淳
制作 : はた こうしろう 
  • フェリシモ (2009年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894325029

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
かがくい ひろし
平田 研也
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
荒井 良二
佐々木 マキ
くすのき しげの...
デビッド マッキ...
有効な右矢印 無効な右矢印

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)の感想・レビュー・書評

  • >よく知られた「王さまの耳はロバの耳」も、たくさんの類話があり、本作の元になった民話では、王子にロバの耳が生えてしまいます。
    王子はやさしく、かしこく、ひとの言葉をしっかりと聞ける若者に成長していくのですが、床屋もお見合いをする娘たちも、耳にばかり気をとられ、王子の真の姿を見ることができません。
    けれどもロバの耳を隠す帽子を自ら脱いだ時、王子はこの姿をまっすぐに受けとめる娘と、心を結ぶことができたのです。
    心の目で見るということ、自らを受け入れるということ、民話の形をかりて、新たに盛り込んだ作家の思いを、表情豊かに描き出した絵が印象的。

    以前『王様の耳はロバの耳』の話を知らないと言う娘達に説明していたら、結末があやふやになっていた私。
    これではまずい(笑)
    図書館で見つけたこの絵本を手に取りました。
    が!タイトルをよく見ると・・・王子さまになっててびっくり。

    物語はだいたい自分の記憶と重なっていてホッ。
    色々な類話があるようです。
    床屋が穴を掘って秘密を言ったことで、葦がしゃべるようになるという部分が強く印象に残っていたけれど、王子さまの内面をちゃんと見てくれる女性が現れて本当によかったと思いました。

  • 岡田淳さんと、はたこうしろうさんとは
    私好みのコンビですなー

    ストーリーのテンポもよくて
    イラストも可愛くて
    読み聞かせに良さげ♪

  • 何ともほんわかした絵と文章が素敵。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 王子さまは西のおばあさまから「この子の耳はロバの耳に
    育つだろう。人の言葉をしっかり聞けるように」と
    誕生祝いの言葉を贈られました。
    この一言で王子さまは立派なロバの耳を持つことになって・・・

全5件中 1 - 5件を表示

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)に関連するまとめ

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)を本棚に「積読」で登録しているひと

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)はこんな本です

王子さまの耳はロバの耳 (おはなしのたからばこ 13)の単行本

ツイートする