フランス史 4 〔17世紀 ルイ14世の世紀〕 (フランス史(全6巻))

  • 10人登録
  • 1レビュー
制作 : 大野 一道  大野 一道  立川 孝一  金光 仁三郎 
  • 藤原書店 (2010年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894347762

フランス史 4 〔17世紀 ルイ14世の世紀〕 (フランス史(全6巻))の感想・レビュー・書評

  • 「美しく完成された時代ーが、何一つ創出しなかった」
    17世紀アンリ4世、ルイ13世から14世没まで。
    歴史書だが相変わらずの語り。最初ではなく、多少基礎知識を得た上で読んだ方が良い本。
    太陽王の一見豪華な貴族社会と、宗教対立と倫理感の欠如、課税バランスの崩れや農村の荒廃。強国フランスの多面性。周辺諸国が激動の時代だったせいもあるんだろう。うまく把握していきたい。

    アンリ4世によるナント勅令の後、フランスは再びカトリックに傾き、100年を待たず1685年にはフォンテーヌブロー勅令によって廃止される。多くのプロテスタントが殺され、特に外国に流出することになる。
    南アフリカのフランシュックにもロワール地方のプロテスタントが移住し、南アフリカのワイン産業の基礎を作りあげていく。南アフリカで最も多く栽培されているシュナンブランもロワールで栽培されている品種。

全1件中 1 - 1件を表示

フランス史 4 〔17世紀 ルイ14世の世紀〕 (フランス史(全6巻))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フランス史 4 〔17世紀 ルイ14世の世紀〕 (フランス史(全6巻))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フランス史 4 〔17世紀 ルイ14世の世紀〕 (フランス史(全6巻))はこんな本です

ツイートする