ブクログ大賞

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕

  • 139人登録
  • 3.14評価
    • (2)
    • (10)
    • (9)
    • (6)
    • (2)
  • 18レビュー
制作 : 石崎晴己 
  • 藤原書店 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894348202

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕の感想・レビュー・書評

  • アラブ圏についてのトッドさんの分析を知りたくて読んでみた。インタビューを構成したものなので、ざっとしたことしかわからないが、それでもいくつかの発見があった。

    アラブ圏といってもそれぞれなのである。チュニジア、アルジェリア、モロッコ。マグレブとひとまとまりにされている三国でも事情が異なる。
    エジプトもまた特異的でイシス信仰があるのだから女性のステイタスが比較的高い。サウジアラビア、バーレーン、リビアもそれぞれ。そして、イランはずっと民主化が進んでいる。チュニジア、エジプトで2010年に始まった革命と同種のものが1979年に起こっていたのだ。

    一般的に民主化とは、市民なるもの、自由な個人が、公的空間に出現することなのだということを知った。「民主化」ってよく聞く言葉だったけどその意味をあまり深く考えずに使っていたなぁと…

    そうそう、肝心のアラブ圏の家族制度は、父系の内婚制共同体家族である。子供の社会的ステイタスの定義において、両親ではなく、父親だけが重要である場合に、そのシステムは父系と呼ばれ、アラブの父系の平行いとこ同士を優先させる婚姻は、内婚制であり、内側に閉ざされた家族集団を産み出すから、公的空間に市民というものが出現しにくい家族制度である。
    そんなこともあって、アラブ圏では民主化が多少進行しにくいのだけれども、識字率の上昇や内婚率、出生率の低下などの人口統計学からみると、確実に民主化してきているというのがトッドさんの結論である。

    そして、アラブ圏の家族制度が重要視する価値は、権威と平等。平等を求めるので、ある種の普遍性は追求される。さらに内婚制から生じる穏やかさを含み持つ父親像が投影されるイスラムの神の慈悲深さという分析は驚きだった。
    いろいろとまだまだ、未消化で、もうちょっと頭を整理したいが、余裕ができたら今度はもっと詳しい「文明の接近」を読みたい。

    それにしても、トッドさんの多様性の尊重と普遍性への志向のバランスの素晴らしさが感じられる。たぶん、それらが存在する次元ってのは異なるのだろうけど、自分も「多様性の尊重と普遍性への志向」を持ち続けたいなと思った。

    Mahalo

  • ブログに掲載しました。
    http://boketen.seesaa.net/article/414461099.html
    言ってることは、ある意味、ものすごく単純です。
    世界で起きていることは、すべて家族システムと、識字率・出生率で説明できる(それこそ、「ホントかよ!」です)。

  • インタビュー形式なので、最初は独特なフランス人特有の言い回しに慣れずにわかりづらかった。
    トッドの著書が始めてだったので、巻末の<トッド人類学入門>から読めばもっとわかり易かったと思う。
    家族形態と出生率及び識字率から導き出す、各国の特徴は大変興味深く勉強になった。特に日本・ドイツ・スウェーデンの共通項には頷けた。

  • 《補章 人口動態から見たアラブ革命》p147
    Cf. 『文明の接近』

    《附録 トッド人類学入門》p160

    【世界の家族型】p161 Cf. 『第三惑星』
    ①外婚制共同体家族
    ②内婚制共同体家族
    ③非対称形共同体家族
    ④権威主義家族(直系家族)
    ⑤平等主義核家族
    ⑥絶対核家族
    ⑦アノミー家族
    ⑧アフリカ・システム

  • 識字率、出生率、内婚率を変数に民主化への動きを説明。でも、中国、ドイツに関する叙述も興味深い。

  • ソ連の崩壊とアメリカ帝国の没落、さらにアラブ革命を言い当てた上に、ユーロの消滅さえ予言したとまで疑われてしまったトッド。彼の予見の基礎に横たわる、識字化と出生率の低下、及び家族システムの問題に即しながら、アラブ革命を検証する。ウェブテレビのインタビューをベースにしているのでかなりざっくりとした内容ではあるが、トッドの言説のおさらいには好適な一冊。

  • エマニュエル・トッドは
    『最後の転落』(1976年)でソビエト連邦の崩壊を予測し、
    『帝国以後』(2003年)でアメリカの凋落を予測し、
    『文明の接近』(2007年)で「アラブの春」を予測した、
    と言われる。  

    識字率・出生率・内婚率など人口動態から、アラブ革命の根底にある近代化民主化まで予見できた・・・・・と説明されても、予言者じゃあるまいし、だからどうした?という気がする。

    彼は、『文明の接近』というタイトルから分かる通り、アメリカのWASPの保守的な政治学者サミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』という見方に反論してる。
    ハンチントンのようなグダグダした記述とは違い、統計的数値の裏づけをもって「イスラームと近代化は相容れない」という通俗的な見方に反し、欧米世界とイスラム世界の接近がすでに始まっている、と分析している。
    これは、最近読んだエコノミスト誌の2500年の未来予測図と、近いものがあり、もしかしたら本当のことなのかもしれない。
    これに対して親イスラエル派で、フランスの反イスラムの空気を煽っているフィンケルクロートとかいう野郎がやたらとトッドに噛み付いてるそうだ。

    トッドはアナール派から影響を受けてるらしい。
    でも、彼のことを、単純に「歴史学者」などとは呼べない。

    むしろ、彼は人口統計学者であり、人類学者であり、社会学者であり、政治学者であり、お総菜屋であり、肉屋である・・・・・という説明が、いちばんシックリきた。
    つまり、何でもアリなんだけど、ハンチントンみたいな保守的な政治学者や、ウォーラーステインみたいな時代錯誤のイデオローグとは違って、文学的な言葉をダラダラ述べてゆくダメな社会学者なのではなく、科学的な手法を使って計量・分析できる専門的な研究者なのだ。
    彼は、自分は何と呼ばれても良いけど、哲学者と呼ばれるのだけはイヤだ、と言ってる。
    そうだな。少なくとも彼には、哲学はない。

  • 『文明の接近』刊行後に起きたチュニジア、エジプトでの民衆革命を受け、同書の内容について検証したテレビインタビューをもとに書き起こされたものです。対談形式の文章なので比較的読みやすく、分量もそんなに多くありませんが、至るところからトッドのエッセンスを感じることができました。また、巻末には訳者の石崎晴己氏による「トッド人類学入門」も附記されており、トッドを知るための入門編としてはうってつけの書でした。
    http://yamachanblog.under.moo.jp/?eid=384

  • 分析の観点は面白いが,なぜ「アラブ」革命が起こったかの説明ではない。

  •  デビュー作『最後の転落』(1976年)でソビエトの崩壊を、『帝国以後』(2003年)でアメリカの凋落を、そして『文明の接近』(2007年)では「アラブの春」を予見していた、気鋭の歴史学者による最新作。
     著者はなぜ、政治学者や経済学者には予想できない未来が見えるのか。その答えは本書でこう語られる。「私は(メディアシステムのような)即自的な出来事の中にいるのではなく、自分のパラメーターを持っており、事象を位置付ける、するとそれが、驚くべき結論に導くのだ」。
     著者のパラメーターとは主に、家族システムの研究と人口統計学なのだが、その基本的な考え方は巻末にまとめられた資料で一通り理解することができるよう構成され、この部分だけ読んでもめっぽう面白い。
     本書のインタビュアーは言う。「トッドは、いかなる礼節、いかなる順応主義、いかなるポリティカルコネクトレスにも惑わされることがないゆえに、我々の世界の見方を一変させてしまう、まれな思想家の1人だ」と。
     <世界の見方>とは何か。具体的な答えが本書にある。

  • 女性の識字率上昇の後に出産率が下がるという人類の普遍的傾向に従ってチュニジア、エジプトなどでは必然的に民主化運動が起こったという。内婚率の低下(いとこ同士の結婚など)も民主化にとって重要な要因とか。
    経済発展とか、無論Facebookがきっかけでアラブの春が起こったのではない!

  • E・トッド『アラブ革命はなぜ起きたか―デモグラフィーとデモクラシー』藤原書店、読了。デモクラシーへの筋道は、人口動態(デモグラフィー)に起因、そう生活に内在する。人間は自由と平等を希求する-トッドに既定には本物の普遍主義が存在する。インタビューで構成された小著ながら本格的文明論。

    文化的な桎梏が様々な問題の原因となっている。その代表が家族制度。識字率の上昇や出生率の低下、情報の共有と自己の確立により、権威主義的な直系家族は挑戦を受けている。勿論、民主化への筋道は西欧的ライフスタイルのそのままの受容ではない。しかし挑戦への応答から新しい普遍が誕生するのではと 。

  • 識字率と様々な革命が密接に関係してるってのは初耳だったexフランス革命、ロシア革命、イラン革命等

  • 革命が起こる要素としての識字率との関係性の高さを最初にもってきて書かれた本。イスラムの中で近代化は難しいという考え方に対して、識字率・出生率などの人口動態データから、必ず革命を人民が起こすという内容。
    けっこう面白かった。

  •  文藝春秋の推薦本で、購入。

     フランスの人口分析とか歴史分析が専門の人らしい。たくさん邦訳もでているが、自分は初見。

     トッドの説は非常に単純。

    ①男性識字率があがる→女性識字率があがる→出生率が下がる、とそこが抜けて、革命のような動きが起こるという。

     チュニジア、エジプト、リビア、パレスチナ、バーレーンなど、この基準を満たしているという。

     本当は、サウジアラビアとか首長国も満たしているのだが、ここは石油収入で食べていて税金をたらないので、革命が起きにくいという。

    ②共産主義は、結婚しても家庭に残り、遺産も均等に配分する「外婚制共同体家族」で起こるという。ロシア、中国、インド北部、ユーゴ、ハンガリーなど。

     ヨーロッパでもフィンランドやイタリア中部はその傾向があるので、昔から共産党が強いという。

    ③直径家族、長男が家を相続していく家族体は、ドイツと日本。ここはなぜか、車が通っていなくても赤信号で止まるという。

     フランス人はドイツ人がきらいなんだね。日本人もそれに巻き込まれている。

     なんとなく、識字率があがらないと情報も伝わらないし、出生率が下がるというのも女性の権利が尊重されるような環境になるというのは、革命が起こるのと関係ありそうな気がする。

     なんでもイスラム原理主義のしわざと考える傾向のあるフランス人への逆説的、強調としてよめば理解できる。

     内容は、最後のp161のトッド人類学入門をちらっとよむだけで十分理解できる。

  • 一言。フランス革命にしろ何にしろ、『革命』と呼ばれる類においては流血は避けられぬ、ということ。そして、宗教がそこまで関係していないこと。ただまぁ……中々、受け入れられないかもしれない。面白いし、その通りだとも思うけれど。

  • タイトルだけで買って読み始めたものの、いまいちよくわからず読みづらかった。革命には識字率の上昇と、出生率の低下が深く関係しているという。独裁政権でもうまくいっていて、革命も起きていない国もある。アラブの革命はFacebookやTwitterが成し遂げた革命というような論調があるけれど、もっとそうではない、イスラム教文化のことや厳しい戒律のこととか、独裁政権のことなど深く知りたい。

  •  本書は、欧米の通説に逆らい識字率、出生率、内婚率など人口動態(デモグラフィー)からアラブ諸国の近代性を捉えた『文明の接近』の著者、エマニュアル・トッドがフランスのネット放送局であるアレシュリマージに出演しインタビューに応じた際のテキストだ。

     革命は若者(男性)の識字率が上昇(50%を越える)したところで発生し、その後女性の識字率が上昇して出生率の低下が起こり、その結果として人口中央値年齢が上がり、革命は起こらなくなる。それはフランス革命なども同様だ。ちなみにチュニジアの中央値年齢は29才でありエジプトは24才、フランス、ドイツはそれぞれ40歳、44歳だ。(日本の記載はない。)

     キリスト教文化(欧米)に背を向けたイスラム教文化は自爆テロや女性差別そして厳しい戒律などよからぬ印象が強い。そんな背景のなかアラブ革命が起こり、それはfacebookやTwitterが成し遂げた革命だとの論調もあるが、自分たちの文化が正しいモノであると考える欧米のマスコミが、自分たちの文化を取り入れたから民主化できたとの思いこみのような気もしてきたな。まぁ、実際のところは分からないけど。。。

全18件中 1 - 18件を表示

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕を本棚に「積読」で登録しているひと

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕の作品紹介

9・11以降、喧伝されてきた「イスラームvs西洋近代」という虚像を覆す!ソ連崩壊、米国衰退を予言したトッドは、「イスラームと近代は相容れない」という欧米の通念に抗し、識字率・出生率・内婚率など人口動態(デモグラフィー)からアラブ革命の根底にあったイスラーム圏で着実に進む近代化・民主化の動きを捉えていた。

アラブ革命はなぜ起きたか 〔デモグラフィーとデモクラシー〕はこんな本です

ツイートする