着物と日本の色

  • 295人登録
  • 3.90評価
    • (48)
    • (18)
    • (57)
    • (2)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 弓岡勝美
  • ピエブックス (2005年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894444515

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高岡 一弥
ネイチャープロ編...
宮部 みゆき
君野 倫子
有効な右矢印 無効な右矢印

着物と日本の色の感想・レビュー・書評

  • 【資料ID】10506738
    【請求記号】753/Y
    【配架場所】普通図書

    蘇芳(すおう)、花浅葱(はなあさぎ)、海松色(みるいろ)、利休茶(りきゅうちゃ)
    なんとなく見ていたあの色に、こんなに雅な名前があったなんて。
    着物や帯に使われていた日本古来の色彩を、美しい着物にのせて楽しめる一冊です。

  • 好きなイラストレーターさん(マツオヒロミさん)のお勧め本に弓岡勝美さんの本があったので氏の着物コレクションの本を集めている。赤から始まり金銀まで、様々な和名の色のついた着物が鮮やかに紹介されている。それはもう、豪華絢爛なジャポニズムの世界である。青ひとつ取っても一色ではない。花浅葱、新橋色、紅掛空色…かつての日本人の目には無限の色の世界が広がっていたのだ。精緻な文様も素晴らしく、これが手描きとは畏れ入る。英文解説もついているので、外国人の友人へのプレゼントにもどうでしょう。

  • 資料番号:010874683
    請求記号:753/キ

  • もくじ:赤―猩猩緋,朱色,緋色,…他、緑―萌葱色,柳色,松葉色,…他、桃―珊瑚色,中紅,鴇色,…他、青―花浅葱,縹色,藍色,…他、茶―雀茶,白茶,栗皮茶,…他、紫―牡丹,深紫,紫紺,…他、黄―東黄,蒸栗色,黄蘗,…他、黒白―漆黒,白・白練,墨色,…他、金銀―金色,銀色,…他、

  • こういう「奇麗な本」はぼーっとして、脳が緩まるので大変良い。
    でも、ちょっと文章を読まなくちゃ本当の楽しみには行き着かないのが本書。真の楽しみへ至るまでに、脳が真面目になってしまう。そう、美しくもありためにもなるので、逆にもったいな感じがしてしまったのだった。

    ですので星4つです。
    ただのわがままでした。

  • すおういろ
    つつじいろ
    しんばしいろ
    芙蓉・型友禅
    とうおう

  • 和の色を着物とともに味わえる良書。色辞典にはない、生きた色がページに広がります。先人の色を装う矜恃が伝わってきます。

  • 着物の写真集という感じでしょうか。
    色のイメージなどがわきやすいですし
    着物やその柄や写真が好きな方にはお勧めですが
    辞典的なものを想像してらっしゃる方にはあまり向かないかと思います。

  • 全てのページが鮮やかなフルカラー。並ぶ着物も素敵だし、色の和名も眺めているだけで楽しい。同じシリーズで夏着物・子供用・帯の本とあって、そっちも読みたいな。

  • 色とりどりの着物、帯との組み合わせ。大胆だったり、繊細だったりする美しい生地。日本人の色彩感覚、美的センスって、本当にすばらしい。

  • 着る物ではなく見る物としてのkimono。むしろキモーノ。
    載っている帯や着物もだいたいが大奥か成人式か結婚式で見るようなもの。
    これをみて和服を着たいとは思わない。色や言葉やデザインや歴史に興味が湧く。

    名前とその色合い・染料・使われ方などの一口メモとその英訳が色イメージの布の写真に添えられた簡潔な構成。
    色の名前がいちいち美しくて思わず声にしてしまう。目次を読むだけですでに楽しい。でもちょっと目がチカチカする。

    色見本と写真と説明文が同じ色とは思えない。(初版で読んだので実際に間違いなのかもしれない。桔梗と黒紅は逆のような気がする)けれど写真の撮り方や印刷の仕方、光、染めたてか幾度も着て洗ったものかなどでどんどん変わっていくだろうし、物自体のイメージによっても名前はかわりそうだ。本来そういうものなのだろう。名付けの細かさと現物のアバウトさのアンバランスが日本的で良い。

    今まで文字だけで「知って」いた色たちを見られたのが嬉しい。けっこう誤解していた。名前からくるイメージと違うものもわりとあるので。
    足し算の名づけが多いのが面白い。たとえば灰色を含んだら「~鼠」緑を帯びたら「利休~」。その足し方がまた面白い。碧に紅をうっすら重ねたから、僅かに紫がかった青なのに「紅碧(紅掛空色)」とか。名前から色を想像できない。

    そうか、橡ってどんぐりだったのか…

  • 黒い着物が昔の結婚式に使われていたって頭では知ってたけど、この本を読んで「これなら使っていいに決まってる!」と感じました。見る本

  • “日本のいろの名前”が解説つきで載ってます。

    美しい の、ひとことにつきますね!

  • きものの国に産まれてよかった!
    そういう気持ちになります。

    色の名前と着物(弓岡コレクション)の なんてまぁ あてやかなこと。

    そして、ピエブックは 高くて開きづらい。
    英語の解説もあるし外国へのお土産にウケそうなんて…

  • 美しいです!日本の色っていいなあ。派手な色でもなんでこんなに自然なんだろう。

  • 和の色名、その色のきものや帯と合わせて紹介された美しい本です。
    写真がとても綺麗で、大正時代の色や柄、デザイン、モチーフの妙がため息ものです。
    全てのアイテムに、時代、図柄、種類の記載があるので、勉強にもなります。

  • 日本の伝統的な色彩・柄に興味を持った頃、本屋で見つけて一目ボレしてしまった本。
    着物の柄を、色ごとに分類されて紹介されてます。もー、これが本当に美しい!日本色の感性豊かな名称がニクイです。お値段も手ごろ。夏篇にも興味を引かれています。

  • 美しいです!
    日本の色っていいなあ。
    派手な色でもなんでこんなに自然なんだろう。

  • 江戸時代から昭和初期の頃の、美しい着物を集めた写真集。
    日本人の独特で壮絶な色彩感覚には、ただ感嘆するばかりです。夏編もあるのでそのうちそちらも欲しいです(*´ω`*)

  • 着物を勉強中…。夏版も好きですが、此方の方がオールマイティーかと。

  • 着物の柄というのは見ているだけでうっとりするな。日本語の色の名前はとても綺麗で文化を象徴していると思う。

  • これも欲しい。どうせなら2冊あわせて欲しい……!!

  • NIHON!
    私が持っているのは英訳がついているものでこれとは少しカバーデザインが違います。印刷がとてもきれいで日本色の微妙具合がよく出ていると思います。日本の伝統的な色の名前や、その色の流行した歴史などいろいろわかって満足な一冊です!

全27件中 1 - 25件を表示

着物と日本の色を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする