リトルプレスの楽しみ

  • 342人登録
  • 3.62評価
    • (36)
    • (50)
    • (97)
    • (2)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 柳沢小実
制作 : ピエ・ブックス 
  • ピエ・ブックス (2006年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894445024

リトルプレスの楽しみの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かわいくてきれいなのがぎゅぎゅっとたくさん。

  • 出版社を通さないが故に、自分の構想が型に嵌らず自由に制作出来る。そんなリトルプレスを紹介する本。紹介に比重を置いている為、様々なジャンルが一冊にこれでもかっ…!って程詰め込まれています。
    私もHP制作して数年、素材を借りずタグで描く表現は確かに自由度があります。同人等の製本で個人出版した人もそれなりの自由度があるでしょう。それでも、『もっと自由に表現したい』『自分らしいデザインを形にしたい』という個性を完全に載せきるには、その表現が通る型枠はあまりにも頑固で一般的です。この本を手に取る人は、表現の自由の手段を求めている人なのかもしれない。この本はそんな自分の想い描くデザインへの想いを、胸いっぱい以上に拡げてくれる。
    リトルプレスは確かに制作は容易く無いだろうし、私もそうだが一歩はとても大変。それでも、憧れが諦めにならない限り、この本は貴方の想いを都度鮮やかにしてくれる事でしょう。

  • 装丁が可愛くて手にしてみたけれど、本で紹介されているリトルプレスがどれも可愛い!
    この本自体が10年も前に出た本だから、当然、紹介されている本もだいぶ前ので、気になったリトルプレスを調べたら、殆どのものがなかったり、元の倍以上の金額がついていたり…と、入手は断念。
    本も巡り合わせだなぁ…と、実感させられたと同時に、今後はリトルプレスの方もチェック出来たら…と思った。

  • 変わった形やおまけつきや、色んな紙使ってたり、凝った奴見てるのすっごく楽しい〜(((o(*゚▽゚*)o)))

  • 活版を使ったり、手作り風の印刷物は、魅力的です(^_^)

    こだわりのある人なら作ってみたくなりますよね
    昔と違ってPCがあれば
    普通の人も楽しめるようになったかも

  • 素敵な作品が多数!!
    2006年発刊なのが残念な所です。

  • リトルプレスを紹介している本。
    本自体のデザインや装丁もかわいい。
    紹介しているZINEも、気張りすぎず、かつスタイリッシュだったりどこか洗練されてたり、と、お手本にしたい・しやすいものばかり取り上げられていて、参考になった。
    おまけや装丁も個性的なアイデアがたくさん紹介されているので、
    ほうほうこういうのもアリか、とじぶんのなかのアイデアをむくむく刺激される。

  • 作り方など参考になる

  • 背中に赤色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • 著者は『Siesta!』の創作で一躍脚光を浴びたエッセイスト。林央子の『here and there』など、ツボを押さえたリトルプレス・ガイドになっています。自由な発想で作られた新しい本のかたち。刺激受けました。

全45件中 1 - 10件を表示

柳沢小実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
市川 実和子
山崎 曜
群 ようこ
木村 衣有子
内田 也哉子
有効な右矢印 無効な右矢印

リトルプレスの楽しみを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする