あさのいろ

  • 18人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森田敏隆
  • ピエブックス (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894446298

あさのいろの感想・レビュー・書評

  • 2014年3月15日
     
    装丁・デザイン/越智久美子

  • 自分の本棚に一冊写真集を置いておきたい。そう思って本屋で数冊見比べた結果買ったのがこの本です。

    タイトルの通り、朝の透き通った光に照らされた景色が収められています。日本の伝統的風景、薄墨を重ねたような幽玄な風景、山に神様が宿ると感じられる神々しい風景。厳かな写真もあれば色とりどりのポピーの写真など幅に富んだ写真があり、目にも心にもいい栄養になると思います。

    どこか東山魁夷の絵を彷彿とさせると感じるのは私の気のせいでしょうか。(多分伝統的風景が収められているからでしょうね)


    機会があれば手にとって頂きたいと思う写真集です。

  • 2011年3月、東日本大震災の1週間後、図書館で出会った本。
    同じ映像を繰り返す地震津波報道が嫌になり奇麗なものが見たいと思い、写真集のコーナーをウロウロしていました。
    裏表紙は静かな海、私の好きな海岸に似ていた
    友人の住む家の近くの景色、大きな津波が来たであろう海岸の静かな朝の写真もあった
    自然の力は怖いけれど、こんな優しい顔もする
    被災地に住む方たちは、以前の暮らしをとりもどそうと働いている。
    自然の優しい恵が、多くの方たちの上に降りそそぎますように
    そんなことを思いました

全3件中 1 - 3件を表示

あさのいろはこんな本です

ツイートする