暮らしのアイデア帖 ワードローブ編

  • 205人登録
  • 3.26評価
    • (11)
    • (22)
    • (44)
    • (12)
    • (4)
  • 27レビュー
著者 : 柳沢小実
  • ピエ・ブックス (2008年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894447271

暮らしのアイデア帖 ワードローブ編の感想・レビュー・書評

  • 「服と衣食住を合わせましょう」なのでした。
    服と衣食住がかけ離れているとおかしいです。
    バランスが大事です。

  • 無印系の人ってこういうのが元ネタというか、方向性なんだな。わかって面白かった。

  • 2014年2月15日読了。

  • 丁寧な生活が感じられてよいです。

  • 普段バリバリOggi系のファッションなので、
    真反対の、ほっこり系と青文字系を足して2で割った、
    自由業の人ならではのファッションばかりが紹介されてました。
    OLファッションなんて、眼中にないのだろうなー。

    なので、参考になるところは、実はあんまりなかったりして。
    でも、自分では着ないだろうお洋服の着回しやセレクトは、
    眺めるぶんには楽しいです。

  • 上質でシンプル。テイストが一貫している。買い物のお手本。

  • みんなのワードロープというところがおもしろい。
    自分好みのものとそうでないものもあるが、たのしい。

  • かわいいけど、いいものは高いから、今の私にはほんのちょっと参考にするだけ。いいものが欲しいな。

  • このような体裁の本って、著者に憧れられるような要素がないと「で、あなた誰?」になってしまいがちですよね。

  • たかがファッション、されどファッション。

    人と自分を区別する。人に潤いを与える。

    定番からコレクション、小物類まで、
    ハンガーにかけたり中央にぽつんと置いたり、
    一枚一枚の写真から、いかに大切にしてるか具合が
    伝わってくる。

    いわゆるファッション雑誌とは違っていて
    とても天然、ナチュラルで無理してない!
    心地よい感じがイイ。

  • 本見てるだけで、わくわく。ドキドキ。 おしゃれの参考書です。

  • 自分の定番って何だろうと考える。
    チェック、ボーダー、ストライプ、シャツ、ジーンズ。
    決まっているのに、ふと冒険したくなって買った洋服は結局冒険にとどまり、定番にならない。
    自分の好きを信じてぶれないようにしたいと思った。

  • 実際の手持ちのお洋服を撮影しているようで
    シワシワ感や、着こんだ感じがほのぼのします。
    決してオシャレとか、今風のコーディネートやセレクトではありませんが、
    良いものは大切に長く使うこと、
    それから長持ちするっていうお手本になります。
    お友達のワードローブも載っていて興味深いです!!

  • ひとのクローゼットの中を見るのが好きだとわかりました。

    私にはナチュラルすぎるけど、新たな着こなしが知れて得した気分になりました。

  • 流行の服は着回しが利かないので、自分に合った服でベーシックなものを揃えておくと便利だし、服が増えすぎないとのことです。
    なるほど。
    この歳になると服買いに行くの面倒。
    服に力入れられるのは若さ(気持ち的にも年齢的にも)があるからかもしれない。
    服のタグについてる服の洗い方、遠い昔家庭科の時間に習ったような気がするけど、分かりやすく解説してくれるページがあってよかった。

  • うん、こんなスタイル、好きだ

  • 定番ものをあわせつつ、ナチュラル系のおしゃれを楽しめる本。
    カタログ風に一点一点説明をしている。
    2章では「みんなのワードローブ」として、スタイリストさんなどのお気に入りの服を紹介。
    田辺わかなさんの服がかわいかったー。

    実際に着用している写真を入れてくれると、イメージがわきやすいと思う。

  • 他人さまのワードローブですが、こんな風に頭の中でとらえて管理できたらいいなーとためになった気がします。

  • 著者と洋服の好みが似ているせいか、とてもステキなお洋服が登場して目に嬉しい本でした。
    だけど内容的には雑誌の特集くらいかなぁ、と思って減☆1。

  • ---
    長くつきあえるスタンダードをひとつずつ見つけながら、
    時にはトレンドを取り入れて、

    洋服を選ぶときに。私はまず、衣食住すべてが調和しているかを考えます。
    ファッションだけではなく、ライフスタイルすべてがトータルで自分らしくあってほしい。

    いいなと思う服は、世の中にそれこそ星の数ほどあるけれど、自分に本当に似合うものは、とても少ない。

    ニットカーディガン&セーター / JOHN SMEDLEY
    60sフランス映画系 「気狂いピエロ」のアンナ・カリーナのイメージ

    ドレステリア 洋服を着るときは、アイテム同士の組み合わせにとらわれて単に柄や素材感を合わせるのではなく、その日のテーマやムードを決めてどう見られたいかをイメージします。

    レザードクター 台東区松が丘4-1-10
    ---

  • 2009年2月23日市立図書館で借りたのを読み。
    欲しいものがいっぱいのってる!
    ・ステンカラーコート/MARK BY MARK JACOBS
    ・ゴアテックスジャンパー/AIGLE
    ・スウェットパーカーとか/DRESSTERIOR
    ・タートルニット、ボーダーニット/green
    ・シャツワンピース/MARGARET HOWELL
    ・リネンパンツなど/無印良品
    ・バレエシューズ/repetto
    ・カーキジャンパー/Patagonia
    などなど…。

    洋服の収納や手入れの仕方などお役立ち情報もたくさん。
    「洋服のたたみ方としまい方は、容器の大きさと高さに合わせて取り出しやすいように、コンパクトに・四角く・立ててしまうのが基本です。」
    なるほどなるほど。

  • 年末にクローゼットの整理をして、自分のワードローブをきちんと把握して暮らしたいとしみじみ思った。
    この方のお洋服の向き合い方、ぜひお手本にしたいのです。

  • ついこういう本を手に取ってしまうなぁ。こだわりと言うほどでもないけれど、知らず知らずのうちに、やはり好みというものは、自分のなかできっちりあって、そういうのは、一瞬見ただけで判ってしまうんですね。色合いとか形とか。そういう私好みの本でした。

全27件中 1 - 25件を表示

暮らしのアイデア帖 ワードローブ編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暮らしのアイデア帖 ワードローブ編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暮らしのアイデア帖 ワードローブ編を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする