ギャラリーへ行く日

  • 80人登録
  • 3.73評価
    • (5)
    • (8)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 平澤まりこ
  • ピエブックス (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894448810

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飯島奈美
菊池 亜希子
三浦 しをん
安野 モヨコ
伊藤 まさこ
菊池 亜希子
伊藤 まさこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ギャラリーへ行く日の感想・レビュー・書評

  • 写真とイラストがステキにレイアウトされていて
    ページをめくるたびにワクワク、
    行ったことのある場所だとさらに嬉しく懐かしく
    行ったことのない場所には思いを馳せる。
    街や自然に溶け込むように存在するギャラリーに
    日常と離れた時間を過ごしたくて向かうとき、
    確かに背筋がすっと伸びるのを感じます。
    この本を片手に、もう一度いろいろな街巡りをしてみたい。(Y)

  • 写真・吉次史成さん

  • 遠くに行かなくても、結構素敵なギャラリーいっぱいあるもんだ。素敵なものの欠片は日々の暮らしの中に埋まっている。それを見つけられる自分であるように。

  • 心が澄み切って行くような空間の図鑑。

  • イラストレーターでエッセイストの著者が日本全国の素敵なギャラリーをさらりと紹介した一冊だ。
    雑誌などで多数紹介されている有名な場所もあれば、こんなところあるんだ、というギャラリーもあっておもしろい。
    いくつか行ってみたい場所ができた。

  • オトナじゃないと、きちんと年を重ねていないと良さが分からないようなお店とギャラリーの紹介が多かった。時間がたくさんあるリタイア後に行ったらちょうどいいんじゃないかなー。でも、表現力豊かな文章と本の作りは好みかも。
    ただの円形のお皿は、イラストじゃなくて写真じゃないと伝わらないんじゃないかな。

  • いろいろ行ってみたくなりました。

  • 元々平澤まりこさんの著書は好きですが、本屋さんで見た瞬間、これは絶対大好きになるな。
    とピンときて即購入。

    直感は正しかった!!

    近頃常に持ち歩き、何度も読み返しています。
    殺伐とした通勤電車の中でもこの本を開いていると、ふわっとなんだか気持ちいい風が吹いてくるような、穏やかな気持ちになれるのです。

    選ばれているお店が素晴しいし、平澤さんの人柄まで伝わってくるような温かみもある素敵な一冊。

    今度の休みにはここに出ているギャラリーへ行こうと、どこにするか今楽しく迷い中です。

全9件中 1 - 9件を表示

ギャラリーへ行く日を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ギャラリーへ行く日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ギャラリーへ行く日を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする