小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略

  • 685人登録
  • 3.69評価
    • (48)
    • (85)
    • (97)
    • (10)
    • (2)
  • 80レビュー
  • フォレスト出版 (2002年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894511385

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこかで1位にならないと利益を得られない。
    ブリジストンと横浜ゴム、日清食品と東洋水産、富士写真フィルムとコニカ、花王とライオンなど、各業界の1位と2位を社員一人あたりの経常利益で比べると2~8倍になっている。でも、社員の能力自体にそんなに差があるはずは無い。
    なので、戦う地域を選択する事が重要。
    ランチェスターの法則とは、
    第一法則は近接戦闘で、残存戦力はランダムに敵部隊に攻撃を加える場合、攻撃力=兵力数×武器性能になる。
    第二法則は射程が長い武器を使って、残存戦力は味方の支援を行える場合、攻撃力=兵力数2×武器性能となる。
    というもの。なので、第一に合致する近接戦闘の場合、戦力の多い部隊が勝つものの、敗軍と同じだけ戦力は減耗する。つまり、5対2の人数差なら戦力差も同じ。
    第二に合致する遠距離船の場合、兵力数に乗数がかかるため、5対2の人数差だと25対4の戦力差となる。

    つまり、兵力数が多い優勢軍は第二法則に合うよう戦場を選び、見通しの良い戦場で、相手と離れて射程距離の長い武器で戦うと戦いを有利に進められる。主戦場は利用者の多い大都市を重視し、広域に売れる商品を選ぶべき。
    兵力の少ない劣勢軍は接近戦がしやすい商品を選び、営業エリアを絞って勝負するべき、となる。

    ・日本生命は九州に4000人程のセールスレディーがいる。成績一位の人はどこの管轄か?人口2万人しかない島、平戸の60代半ばの女性が20年連続で九州でほぼ1位。セールスの腕は二流だったが、ライバルは田舎にいないので、独り占めできた。

    ・ローソンは1990年代末に全国47都道府県出店達成とお祭りムードだった。店舗数は7700。セブンイレブンは9000店舗あるが、2002年までの出店エリアは31都道府県。それだけが原因では無いだろうけれど、本部一人あたりの経常利益はローソンが1012万円に対して、セブンイレブンは3746万円。

    ・営業エリアの半径を2倍にすると円の面積は半径の二乗だから、回る面積は4倍になる。一般的に業務用の販売では35%が移動時間として使えるMAX。

  • 1弱者の基本戦略
    ・会社は粗利益で生きている。
    ・粗利益はお客からしか生まれない。
    ・経営の目的はお客作りである。
    ・経営を安定させるためには、お客を多くし市場占有率を高めることだ。
    ・それには「なにか」で1位になることを目指すのが早道だ。

    2弱者の商品戦略
    ・「なに」を「どこ」で売って「ナンバーワン」になるかを「意識」して決める。
    ・市場規模の大きな商品、これから伸びる商品には手を出さない。
    ・商品・業種は一つに絞る。

    3弱者のエリア戦略
    ・強い競争相手が少ないエリアを選ぶ。
    ・営業エリアを狭い範囲に絞る。
    ・絞ったエリア内で集中的にお客を増やす。

  • ありがとうございます!私の処女作です。師匠・竹田陽一との共著ですが、2002年11月に出て2011年9月現在で10万部。公称ではなく実部数です。99%は1万部行かない中、奇跡以外のなにものでもない。ま、元が良かったんです。先輩の実績と理論をまとめただけ。私のオリジナルなどない。だから良かったんです。守→破→離として。

  • 弱小、中小企業ほど細やかさが必要。ニッチな御用達経営こそが求められている。下手な字で良いのでマメにハガキ、というのは相手の心に残る。

  • ランチェスター戦略についてわかりやすくまとめられており、実践的な内容だと思う。

  • 2005年に独立した直後、竹田先生のセミナー(NPOキープラネット川野さん主催)に参加して、サインをもらった。「小規模1位主義」を本気で目指そうと思えた本。
    ===
    ・商品が類似、お客が同じが、一番成功率が高い。・自分に合う客層を選ぶ。・新規の顧客開拓も大事だが、同時にリピーター、固定客をしっかりと作っておくこと。・「初心7年」独立して7年もたつと素直さや原点を忘れる。「横着15年」15年もたつと直言する人がいなくなる。・成功した会社は、朝が早い。7時30分までには出社。

  • 勝てる業種と勝てる地域選択が大事。

  • 中小企業が成功するための戦略とマーケティング、営業のノウハウ。

  • 序盤100ページほどは面白かった。

    商品力よりも、「どこのだれに売るか」
    ある一定の地域やターゲットの中でどうやって一番になるのか。

  • ランチェスター経営戦略について書かれた本.
    ランチェスター経営戦略とは,中小企業向けの経営戦略.もともとは戦いの法則から成り立っている.近接戦では,攻撃力=兵力数×武器性能,間接戦では,攻撃力=兵力数^2×武器性能というもの.従って中小企業(=兵力数:少)の場合は近接戦(=お客様の近く)を選べという理屈.近接・間接は商品(汎用or特殊)×営業方法(介在or直販)×営業エリア(広いor狭い)の3軸で評価する.
    大企業には適応できないとは書かれていたものの,お客様起点の考え方を持ってないと昨今厳しいなと感じる.特にB2B事業はそうではないかな?
    後半はやや営業メソッドの毛色が強いが,それはそれで結構おもしろい.コラムに事例企業も多く収録している.
    体系的に理解するには少し読みにくい部分があるが,内容は平易で分かりやすい.サッと読めるボリューム.メッセージは結構率直な感じ.
    個人的に最後の方にあった,成功するには長時間働けってメッセージに共感した.

全80件中 1 - 10件を表示

竹田陽一の作品

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略を本棚に「積読」で登録しているひと

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略の作品紹介

格安チケットの「H.I.S.」、ドラッグストア「マツモトキヨシ」、コーヒーショップ「タリーズ」をはじめ5000社以上がランチェスター経営を導入して大成功!これから独立起業する人、独立して間もない経営者の方々へあなたには、あなたなりの儲け方がある。

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略はこんな本です

ツイートする