「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ

  • 307人登録
  • 3.51評価
    • (22)
    • (31)
    • (59)
    • (7)
    • (3)
  • 37レビュー
制作 : 今泉 敦子 
  • フォレスト出版 (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894511521

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
デール カーネギ...
ジェームス W....
ウィン・ウェンガ...
J・モーティマー...
ロンダ・バーン
ジェームス・スキ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップの感想・レビュー・書評

  • 改訂版「あなたもいままでの10倍速く本が読める」でも紹介されている能力開発メソッド、ナチュラル・ブリリアンスモデルについて詳説した本。
    「潜在能力で…」と何やら大げさなタイトルが付いているが、タイトルとはイメージが異なるちゃんとした思考メソッド、能力開発の本。フォトリーディング開発者ポール・R・シーリィの考える、天才性開花の方法が示されています。

    残念ながら構成がわかりづらく、少々読みにくさがあります。

  • フォトリーディングのネタ本?フォトリーディングの他にも様々な手法が書いてある。

  • 実は結構前に読み終わっていた本で、レビューをサボっていました(汗)
    簡単にできるものでもないので、本を読んで即実践というより、グループを作って、徐々に進めていくような仕組みの中で実践したほうがよろしいかと思いました。
    もし、同志の方がいらっしゃるなら、ご一緒にやってみませんか(笑)?
    ただ、この本を読んでから、若干、本を読むスピードが上がったように感じます。
    また、単なるポジティブシンキングやイメージングでは、どこかで行き詰ってしまうのですが、その辺の理論を明確にしているのは秀逸かと思います。

    レベル:311

    まあそこそこですね。

  • 自己啓発系。横文字が多いし、著者が実践しているフォトリーディングの手法ありきの内容で、ところどころに光る内容はありつつも、後半は退屈した。もうこういう本も20代のうちで終わらせておいたほうがいいかな。

  • フォトリーディング。フォトリーディングの開発者、ポール・シーリーの本。実践的な本。人はいつも何かにブレーキをかけられながら、それを意識出来ていないので取り除けないとのこと。後半に紹介されていたニュー・オプション・ジェネレーターは、現状の問題を分析して障害を取り除き、将来に向かって進む為の実践可能な思考モデルのようだ。ただモチベーションだけを上げるような自己啓発書が多い中、この本はかなり実用的なのでは無いかと感じた。とてもワクワクする。
    熟読すべき本なので高速リーディングはざっと飛ばした。
    第一部(一章ニ章)は自分にストップをかけるブレーキの存在について。これに気づく事がナチュラルブリリアンス(本来の天才的知性)を解放する第一歩。
    第二部(三章から八章)はナチュラルブリリアンスモデルの四つのステップについて。1)解放)感知3)反応4)確認
    1)解放はリラックス。肉的緊張は思考や感情などの表層意識のみの動きをさせ、潜在意識の情報をシャットアウトしてしまう。リラックスすることによって肉の働きから解放する。
    2)感知は知ること。良いも悪いも判断せず、自分がどのように行動するのか、どのように感じるのかを感知する。情報集めと観察。
    3)反応は情報を得たあとのアクション。目標を知らなければ反応はできない。目標を立てることの大切さはここにある。自分を批判することなしにただ目標に向かって行動する。自分にストップをかけていたことさえ自己防衛という意味で安全のためであるので、恐怖や緊張なども単なる情報として捉え、アクションを起こす。
    4)確認は自分の行動を見つめること。自分の行動から自分を信頼することを学び、批判は一切行わない。ただ「自分はどう有りたいのだろう」という問いによって行動を見つめ、理想の自分を思い描き、理想的な行動を想像する。
    第三部(九章から最後の十四章まで)は、仕事とプライベートで大きな成長を引き起こす四つのストラテジーについて。フォトリーディング、ダイレクトラーニング、創造的問題解決、ニューオプションジェネレーター。
    11章の矛盾する問題についての例で、ボブとクレアの二つの話はとてもよくわかる問題。人は自己正当化し相手を攻撃(復讐)するために矛盾する問題を抱える。自己啓発のセミナーの中で自己啓発が役立たなかったと主張する生徒。彼は自分を正当化するためにどの自己啓発セミナーでも落第者となり、セミナーの講師を攻撃する。結果、自分の主張が証明されるも、自分も益を得られないことになる。クレアはダイエットが成功しない女性。夫や医者に復讐するために完璧なまでにダイエットに失敗する。そのことによって相手が間違っているとの主張は一見マトを射たものとなるが、自分も相手も不利エコを被り離婚に至った。両者とも自分を責め問題を認識し、解決を図ってきたがいつも失敗していた。解決の唯一の策は自分と問題を見つめるのではなく、自分がどうなりたいのかを想像し理想を掲げることにある。ここで聖書的な解釈をすれば、常に見つめるべきは「上にあるもの」であり、祝福の基である救い主である神、イエス・キリストであるということ。この方を見つめることなしに自己の尊厳は成り立たず、よってより良い理想の自分を掲げることも、更に自己改善をして望むものを手に入れることも、(一時的には出来たとしても、霊的な世界を含めて言えば)不可能である。
    さすがにフォトリーディングの開発者だけあって、人間の脳に関する説明は深く、自分も自分の脳をもっと信頼しようと思わされモチベーションが上がった。フォトリーディングはやはり役に立つ。キリスト者の逃げ込める地上の砦、魂のふる里の建設のための情報集めと行動のために更にこれを役立てていきたいと思わされた。星五つ。

  • 潜在意識は40ビット、潜在意識は1,100万ビットの処理能力があるそうだ。
    思えばここのところ読んでいた本の多くは、潜在意識に関わっている。ポールシーリィの本を読むのはこれが初めてだが、結構影響受けていたということだ。

  • ポール・シーリィ氏が開発した目標達成のアプローチ「ナチュラルブリリアンスモデル」についての解説が中心。潜在意識の果てしない可能性と、その活用のために脳のリラックス状態を作ることの重要性を説いている。

  • 潜在能力が問題解決の手段となるのなら、考えるより記載された通りまずはやってみようと思う。読み終わった今なら、スプーン曲げもできそうな気がしてしまう…。

  • 委ねてみるわ…私のゴーストに…なんてな(^o^)
    しかし、潜在意識が、バックグラウンドで確かなバッチ処理をしてくれるなら…使いたいな。

  • トリガーワード:ナチュラル・ブリリアンス・モデル、解放、感知、反応、確認、ダイレクトラーニング、ニューオプションジェネレーター、資源(リソース)、現状打開、ストップサイン、直感力、

    最近体調のせいもあってか、落ち込みがちだったり、ネガティブ思考に陥りがちだったが、フォトリーディング最先端講座のフォローアップ動画に触発されて、講座で頂いた本書を読んでみた。
    講座では十分に理解できなかった『ナチュラル・ブリリアンス・モデル』が新しい問題解決のモデルとして詳しく解説されており、わかりやすかった。特に『赤ちゃんのように』『成功するまで粘り強くやるから、失敗というものは存在しない』『好奇心を持って取り込む』というメッセージは心に響いた。好奇心にしても情報を取り込むにしても、『リラックス』『オープンマインド』になっていないと何も入ってこない。まずはリラックス・・・♪( ´▽`)

  • 一度読んだだけでは、自分の中に入りきっていない感じ。
    何度か読み直し、マインドマップにしても良いかも。
    何事にも、目的を設定して取り組む、ということが大事なんだ、ということはよくわかった。

  • ・解放→感知→反応→確認
    ・オープンになれ→生み出せ→ねばり強くあれ
    ・「返し縫い」
    ・問題の定義:解決=80:20
    ・心から望むことを目標に

  • この潜在能力というものの扱い方、特性を知ることで学習効果がぐーんと上がる。なかなか、この本を読んでも、実際にやってみないと何も変わらないが、一度信用してやってみると景色が変わる。
    実践してなんぼの一冊。

  • 速読の指南書。
    この手の本は書いていることがほとんど同じで新しい事柄や特に興味をひくようなことはないなぁ・・・と思う本でした。

  • 本書の中で紹介されている「潜在能力」をフルに活用するために「目的」を明確にし、都度それを確認するメソッドは読書に限らず応用することができる。何かを始めるきっかけとなった目的を常に意識しておくことで、次のステップに進む恐怖心を取り払い、安心を得ることができ、また直感による引っかかりを顕在化することにも役立つ。

    知識を得ていく過程で、最初の目的が曖昧になってしまうということがあるが、目的は何だったかということを、都度振り返ることによって、得た知識を行動に移しやすくなるのではないかと感じた。

  • ナチュラルブリリアンスモデルとは、解放・感知・反応・確認の4ステップからなる学習効果を高める精神的な活動を指してる。
    フォトリーディングを開発した著者が書いてるだけあって、中にはフォトリーディングやダイレクトラーニングといった、高速情報処理技術も出てくる。
    個人的な見解として、このナチュラルブリリアンスモデルや著者のその集大成であるニューオプションジェネレーターは、感覚レベルまでの情報処理を目的としてえる気がする。
    フォトリーディングは知識レベルでの情報処理だったので、この本で紹介されてる手法は、その上位版的な位置付けのように思う。

  • 自己学習を知るならこの本。自己啓発セミナーに行ってもなぜうまくいかないのか、それは、潜在学習の方法をおろそかにしているからです。自らが学び、さらに自分が輝けるような生き方をするための考え方が詰まっています。読めば読むほど、味がでる一冊です。

  • 2度読んでみたものの、「潜在能力」でどう問題が解決できるのか、入ってこない。暗示的なものが苦手なため、今の私には向いていないかも。

    いつか、エクササイズを真剣に取り組みたいという気持ちになって、実践したとき、改めて評価し直したいと思う。

  • フォトリーディングは単なる手段だった…!

  • 単行本: 301ページ
    出版社: フォレスト出版 (2003/08)
    ISBN-10: 4894511525
    ISBN-13: 978-4894511521
    発売日: 2003/08
    商品の寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
    おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
    Amazon.co.jp ランキング: 本 - 5,309位 (本のベストセラーを見る)
    カテゴリーランキング:
    116位 ─ 本 > 実用・スポーツ・ホビー > 能力発見・自己改革
    180位 ─ 本 > 人文・思想 > 倫理学・道徳 > 人生論・教訓
    257位 ─ 本 > 人文・思想 > 倫理学・道徳 > 倫理学入門

  • 深いよ。
    フォトリーディングの次の世界へのいざない。

  • 潜在能力を味方に付けるには、リラックスが大事。情熱をかたむけてがむしゃらにやる。ネガティブな感情は持たない、など。

全37件中 1 - 25件を表示

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップを本棚に登録しているひと

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップはこんな本です

ツイートする