NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術

  • 97人登録
  • 3.05評価
    • (3)
    • (5)
    • (26)
    • (3)
    • (3)
  • 12レビュー
制作 : Dominick J. Misino  Jim DeFelice  木下 真裕子 
  • フォレスト出版 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894511859

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
ハロルド・ジェニ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術の感想・レビュー・書評

  • ――――――――――――――――――――――――――――――○
    交渉において誰かが必ず「負ける」という前提には賛成できない。いい交渉は、たとえそれが人質事件であっても、全員が受け入れることのできる解決策にたどり着くものだ。44
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    交渉役は相手の立場になって考えることをしない。相手がどんな立場にいるのかをわかろうとするのだ。107
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    交渉は技であって、科学じゃない。交渉役の人格がその交渉に表れていてこそ、成功だと言える。200
    ――――――――――――――――――――――――――――――○

  •  読まなくても良かった。なんか読み物として、実践ブラックジョーク集的な
     楽しみ方はできる。とは思う。でも、フワッフワしてる。あっさり「これが極意だ」
     で締め括られ手も...「うぉえ!?」ってなる。良い意味で。

  •  節々のアメリカンジョークは面白いです。それで、今読んでいるのは何の本だったっけ? という印象。
     ネゴシエーターの仕事についてはよく分かりました。事例もあって納得もできます。しかしhowについては、当たり障りのないことを言っている印象しか受けません。日常生活に持ち込めるレベルとは思えませんでした。

  • 人質救出のための交渉テクニックのあれこれ。顧客、特にクレーマーとの交渉に使えるテク多し。

  • 書かれているのは、ニューヨーク市警だった筆者の経験を踏まえたテクニック。どう観察し、どう準備し、どう望むかというのが交渉のミソだと感じた。妥協点や押し引の限界点も改めて作るのが重要だと感じた。

  • ◆お買い得感: 中古なら値ごろ感あり
    ◆文字数  : 少なめ (すぐに読める)
    ◆今後何度も: 読み返さない
    ◆総合レベル: 3 ★★★(10段階評価)

    ◆内容:
    他の方のレビューを参考にして購入しましたが・・・個人的には失敗購入でした。

    う~~ん、なんというか・・・翻訳本はどうも読みにくいと感じました。

    翻訳者のフィルターを通してしまうことで、実際とは違った書物になっているように感じます。

    アメリカ人にはアメリカ人の・・・日本人には日本人の・・・独特な気質というか性質があるだけに、この手の本の翻訳は難しいのでしょう。

    手法を学ぶことを期待して、翻訳本を購入することは今後ひかえようと思います。

    ノウハウ本的な扱いではなく、単なる読み物として読まれる分には大丈夫ではないでしょうか。

  • ところどころ日本人にはわかりづらいジョークが入ってますが、非常に為になる本。
    交渉というものが如何に大事か、どうしたら有利に交渉を展開していけるか。

  • メモ

    交渉役
    記録役
    決定役
    3つに仕事を分ける。

    相手の出方を予想しておく。

    目標は現実的にする。

    自分が望む者を知る。
    それを得るための計画を立てる。

    すぐれたネゴシェーターは最良のポジションをとる。

    念入りに調べ相手の反応を予測しておく。

    ファッションが相手に与えるメッセージ。

    始める前に交渉プロセス全体を見通した計画を立てる。

    情報を収集する。
    相手に敬意を表す。

  • ハイジャック事件での交渉人として人質104人を救出。
    その他NY市警の交渉人として活躍し、
    「交渉コンサルタント」なるお仕事をしておられる著者。

    「うまく交渉を成し遂げようと思えば、力づくの勝負は無用だ。
     力に訴えるのは多くの場合、単にメンツをつぶさぬよう、
     交渉をあきらめたことを隠す方法に過ぎない。」
    「交渉のどの段階においても、次の3つのルールは重要だ。
     1.うそをつかない
     2.約束したら必ず守る
     3.尋ねない限り、答えは出てこない」
    「交渉では、どんな戦術を使っても良いが、目標は絶対に
     現実的なものにすべきだ。」

    なにせ、
    自分は話が上手でないのでこんな本を読んでいるわけですが、

    所詮日常での交渉は命までとられるわけじゃない。
    相手も自分も欲しいものが手に入ったり、望む状況になれば
    良いわけで。
    あまり気にせず、少しでもwin-winとなる交渉ができるように
    なったらいいね。

    こういう思いを強くしました。

    そういう面で、シビれる世界で仕事してきた著者の言葉は、
    結構真実味がある。

  • 未読。

    読んでみたいなぁ…。

全12件中 1 - 12件を表示

NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NYPD No.1ネゴシエーター最強の交渉術の作品紹介

「ハイジャック犯」「銀行強盗」などの説得から「上司への昇給要求」「取引先との価格交渉」まで、あらゆる交渉に「使える!」実践交渉術。

ツイートする