図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める

  • 752人登録
  • 3.26評価
    • (45)
    • (63)
    • (251)
    • (28)
    • (10)
  • 129レビュー
著者 : 神田昌典
制作 : フォトリーディング公認インストラクターズ 
  • フォレスト出版 (2005年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894511958

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
神田 昌典
スペンサー ジョ...
J・モーティマー...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読めるの感想・レビュー・書評

  • 開始日:2011/7/11
    すべてを鵜呑みにできない。これから実践していく。ただし、読書の際に目的を明確にする、という点は共感できる。これは取り入れたい。

  • ”読み方”というより”見方”を学べる本です。はじめに本を読む目的を明確にし、内容を予測しながら読んでいく(見ていく)という事が書かれています。繰り返し実践していく事で読書速度もアップすると思います。

  • 読み返して復習して自分の物にしたい。

  • 速読術の具体的な方法が書かれている本。他の方法を学んだわけではないし、読んだばかりで実践していないので効果の程は未だ不明ですが、効果はありそうな気がするし、ヤル気にさせてくれます。
    方法は難しくなく、分かり易いです。
    資格の為の勉強や、学習したい事がある人にオススメです。

  • これまた速読ではなくて
    早く本を読むコツ!!
    やっぱりできればいいが。
    難しいよね、やっぱ

  • 同じものの図解本だから、こっちだけでも足りてしまうような気がする。

  • ざっとななめ読み(フォトリーディングとまではいきませんがw) 概要と手順を学ぶには十分な内容では。元々読書の際に心がけている内容もあったので、習慣として取り入れやすい予感。あとは実践してみて評価しようと思います。

  • 読了時間:1時間
    読みやすさ:★★★★
    メモ:アフォメーション、トリガーワード、スーパーリーディング、ディッピング、高速リーディング、シントピックリーディング
    雑感:今日からフォトリーディングを始めるにあたり、読んでみました。何か出来そうな気がしてきました。
    ※この本はフォトリーディングではなく、普通に読んでいます。

  • 気になっていたフォトリーディング。
    自然とところどころ使っていたスキルもあっただけに、体感で納得感があった。サクサク読めた。

    体得できたらもっと本読めるだろうな。
    でも今のスキルでも行けるかな。

    もっと知識が広がる世界に行ってみたい気もする。
    右脳派なんだから、もともと(笑)。がんばってみたい。

    あと、本を読む目的、これもなあなあで本を読む、ダラダラする癖のある自分には刺さる言葉だったな。

  • フォトリーディングが非常にわかりやすく書いてある本。

    こんなに早く本が読めたらいいな~(#^.^#)

  • 本を早く読む為の解説本。
    巷にはたくさんの速読本(方法)がありますが
    この方法はフォトリーディングという方法。
    右脳で感じて内容を感じ取るという方法。
    どんなことでもいっしょですが、
    読んだだけでは習得しません。
    何度も何度も訓練をしないと。
    私はセミナーを受講しました。

  • ちょっと古いフォトリーディングの本。
    基本的ノウハウは所々応用出来そうだけれど、
    見るだけで潜在意識で情報処理出来るようになるのは難しいかも。

    ・目的意識を持って本を読むことにより読書効果を増すこと
    ・本の概要をインプットさせキーワードを浮かび上がらせ、
      不要な部分を読まない読書をする
    ・早い速度で流し読みすることにより、
      既視感を持ち新たな知識に対する反発を無くしてインプットの手助けをする
    ・集中力を高める簡単ヨガ的精神統一
    ・論理的落とし込み

    一回の読書で一言一句全て理解しなければいけないという思考からパラダイムシフトする方法。
    ビジネス書籍分析向け。



    1準備
     ・自分の目的意識を明確にする
     ・予習:見出し等で本の全体像を把握する 
     ・自分にとって有益な本か査定する

    2リラックス
     ・「3」を思い浮かべ、体をリラックスさせる
     ・「2」を思い浮かべ、心をリラックスさせる
     ・「1」を思い浮かべ、自然を思い浮かべる

    3アファメーション(プラス思考の暗示)
     ・インカンテーション等の自己暗示手法
     ・私は~~から始まる実現可能な目的意識を唱える

    4フォトフォーカス
     ・後方の空中に意識を持つ
     ・本の四隅を意識しながら本の向こう側を見るように見る

    5チャント
     ・短いフレーズ(チャント)を唱えながらリズミカルにページを読みとる

    6アファメーション(プラス思考の暗示)
     ・インカンテーション等の自己暗示手法
     ・私は~~から始まる自己称賛

    7ポストビュー(復習)
     ・2分半程で全体を眺め構成を把握
     ・斜め読みしてキーワードを拾い紙に書く

    8筆者に対し質問を作る
     ・質問の答えを見つけようとして熟読しない
     ・本に対する興味を育てる

    9生産的休息
     ・数分から1晩おいて情報を熟成させる

    10スーパーリーディング&ディッピング
      ※明確な目的意識を持って読む
     ・読むページの真ん中に指を置き、読書方向に向かって指を動かす
      視野を広く目は同時に文字を追うようにする
     ・自分にとって気になる部分は重要ポイントなのでゆっくり読み取る

    11マインドマップ作成

  • 今年は読書量を増やしたいので数年ぶりに再読。
    本の見開きを画像として取り込む というところは出来るようになってきた気がするので、取り込んだ情報に対してインデックスを作成するところを重点的にやろうと思う。


    === 2012/1/15追記 ===
    フォトリーディングとその他アンチ?フォトリーディングの本を読んでみた。
    個人的な結論。
    ある程度知識を持っている分野の本で、何かのキーワードについて知識を補強したい場合はフォトリーディングは有効。# シントピックリーディングは特に有効。
    知らない分野の本を読む場合は、単純に読む速度を上げる方がよさそう。
    例えば同時に2,3行読めるように訓練する。

  • 速読のHOW TO本かとおもったが
    速読できるようになってからが書かれている
    シントピックリーディング:
    自分の知りたい目的の本を何冊か速読し自分の意見や求めていた
    情報にたどり着く
    ダイレクトリーディング:
    HOW TO本を速読し 実際に体験したかのように習得する
    フォトリーデング・ホール・マインド・システム:
    会議でフォトリーデングを習得したスタッフで会議をおこない
    活用する
    これには感銘を受けた

  •  古本で買った本。
     フォトリーディングは(ちょっとだけかじったことがあったけど)読書の理解力を助けるための読書法という印象。
     気持ちの持ちよう的な点も言及していて、ちょっと感覚的な部分が強いかな?と思った。それなりに鍛錬がいりそう。

     ただ、本を読む準備として「目的を決める」に関しては共感できた。ここは取りいれて行きたい。

  • フォトリーディングシュタイナース本。買うほどではないかもね。

  • 読書に関する本は山のようにあるわけですが、自分の読書そのものを見直すために、定期的に読書本を読むようにしています。この本もその一環として、少し前の本ですが、あるきっかけから手にとってみました。

    個人的には自分の読書は早いとも遅いとも思っておらず、速読といったものにそれほど興味をもっているわけではありません。特にこのフォトリーディングは、本音ではやりたいと思ったことはありませんでした。1秒に2ページを脳に写し取る。。とてもムリと最初から拒否反応でした。

    しかし、実際読んでみると、確かに脳に写し取るというパートはあるものの、その前後に行うプロセスこそが非常に重要であると感じました。これまで、『10分間リーディング』『レバレッジ・リーディング』『フォーカス・リーディング』『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』で紹介されたキラー・リーディング。これまでいろいろ学ばせてもらった読書術に相通じるものが多々あり、これまでの先入観により誤解していた部分を反省した次第でした。


    フォトリーディング・システムの5つのステップ
    1 準備
      目標設定
      ミカン集中法
    2 予習(プレビュー)
      ざっと見渡す
      査定する
      決定する
    3 フォトリーディング
      準備(目的確認)
      高速学習モード
      初めのアファーメーション
      フォトフォーカス
      チャント
      終わりのアファメーション
    4 活性化(アクティベーション)
      復習
      生産的休息
      脳への問いかけ
      スーパーリーディング&ディッピング
      スキタリング
      マインド・マップ
    5 高速リーディング

    <この本から得られた気づきとアクション>
    ・これまでの読書本で学んだ手法と合わせながら、常に新しい読書術を毛研究していきたい。
    ・できるところから試してみよう。

    <目次>
    第1部 いままでの読書、つらくないですか?(フォトリーディングはこうして生まれた―いままでの読書とはまるで違う!
    フォトリーディングのシステム―脳の新しい活用法だ
    フォトリーディングで何ができるか?―「本を速く読む」だけではない!)
    第2部 これがフォトリーディング・ホール・マインド・システムの全貌だ(準備「目的設定」―まず目的を決めてから
    準備「ミカン集中法」―簡単!ミカン集中法
    予習「ざっと見渡す」―読書にも「近道」がある! ほか)
    第3部 速読を超えた速読フォトリーディングでここまでできる!(シントピック・リーディング―試験に!論文に!驚異の勉強法
    ダイレクト・ラーニング―あなたの新しい才能が見つかる!
    グループ・アクティベーション―会社の会議がこんなにスゴくなる!)

  • フォトリーディングについての本。フォトリーディングの見方が変わった。これはすごい。高速で読むことがすごいのではなく、脳に処理させる読み方がすごい。ってか、本を全部読むというのはナンセンス。忘却曲線でもあるように、24時間以内に80%は忘れてしまうから。準備、フォトリーディング、復習、スーパーリーディング、ディッピングなどをすることで本の内容を頭に入れる。この手順が素晴らしい。よく考えられている。否定する人もいるだろうけど、結構個人的には肯定派。これは効果あるだろう。これをするならマインドマップは学ぶべきかなと思った。これだけでフォトリーディングをマスターするのは難しいだろうが、入門書としては最適。

  • 文字を文字として捉えず、画像として脳にインプットする方法。その方法が図解で表されているので理解はし易い。ただ修行が必要な気がする。。。

  • 今までの読書法を覆される1冊。
    今までは、1字一句すべてを読まないと気が済まなかったし、そうしないと読み切ったといえなかった。
    けど、この本を読んで、
    目的を持って読書をすること
    情報があふれる社会の中で、有益なものを効率よく得ることの大切さ
    に気付かされた。
    この本1冊でフォトリーディングを可能にするのは無理だけど、
    新しい読書の価値観を見出すのには効果的な本。
    フォトリーディング法はどのタイプの本にも活用できるとのことだったけど、私は小説は文章を噛みしめて読みたいので、
    情報収集とかアイディアを得たいときにだけ、
    フォトリーディングを使いたいと思う。
    ミカン集中法は意識して習得したい!

  • フォトリーディングに関しての本。
    他のフォトリーディングの本をあまり読んでいないのでなんともいえないが、フォトリーディングを理解するには良い一冊だと思う。
    ただ自分がフォトリーディングができるかといわれればできない。
    けれどこういう読み方もあるんだっていうのを知るために読んでみるのもいいと思う。

  • まるで脳で写真を撮るかのように無意識に本の内容を取り込み、
    必要なときに「活性化」するという「読む」ではない新しい読書の仕方の解説本。

    批判的な意見が多く、正直眉唾ものだが、
    効果が出せた場合のリターンも非常に大きい。
    だまされたと思って何冊かトライしてみようと思う。

  • 中学時代に読み、みかん集中法だけ身につけられた。
    こんなものが出来るなら良いなぁって思いながら読んだけど、もちろん今も出来ていない。本当にできんのかよ。

    ほかにも使えそうな要素が詰まってるので、再読したい。

全129件中 1 - 25件を表示

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読めるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読めるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読めるを本棚に「積読」で登録しているひと

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読めるの作品紹介

仕事に、試験勉強に…あっという間に文書が読めて、しっかり理解できる!ページを頭に写し取る!新聞、雑誌でも大注目の、常識を覆す速読術「フォトリーディング」のノウハウを大図解。速読を超えた速読「フォトリーディング」がよくわかる。

ツイートする