「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方

  • 60人登録
  • 3.26評価
    • (3)
    • (1)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 高島亮 來夢
  • フォレスト出版 (2005年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894512108

「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方の感想・レビュー・書評

  • ボリューム満点な本ばかりを読んで疲れ気味の時に、1時間くらいでさっくり読めたのでよい気分転換にもなりました。人生を12年で1つのサイクルとして捉え、それを春夏秋冬に分けるというのは、考え方としては非常に使い易い。でも、「運」より「プロセス」という考え方で解釈したほうがよいかも。

  • 『運には乗り方がある。誰でも運をつかみ、活用することができる。それが成功の秘訣』

    冒頭の文章であり、この本の結論です。

    占星術をベースに編み出された「春夏秋冬理論」。

    もともと占いなんぞ信じない私ですが、

    過去の出来事と、12年サイクルで繰り返す人生のSカーブが見事に当てはまり、信じずにはいられません。

    毎年毎月、瞬間瞬間でどう過ごせば運を見方につけられるのか。

    常に手元に持っておきたい1冊です。

  • 経営コンサルタントの神田昌典氏とアストロロジヤー來夢氏が開発した

    運勢が12年で一回りし、Sカーブを示すという春夏秋冬サイクルの本

    たとえば、今季節が春ですけど、私は夏1年目でチャレンジの年になります。

    また、季節は冬春夏秋と循環します。

    今運がよくない方
    もしかすると12年前も似たようなことがあるかもしれません。

    春夏秋冬サイクルで運をつかみましょう。

  • 運を引き寄せるには流れに乗れるかどうかが大切だ。その流れを知り、活用する方法がこの本にはあり、知ってて損することはないと思います。

  • 春夏秋冬サイクルを知りたくて読書。

    『なぜ春はこない?』 (神田 昌典、來夢)の補足、リマインドとなる本。一見占い的に思われるが、このような考え方も面白いと思う。信じて実行した勝ち。

    本書にある書き込み作業は、別に時間をとって取り組んで見たいと思う。

    ちなみに私は夏3年目生まれ、タイプ5、11月は春1だそうだ。
    これだけ見ると、当たっているかも。

    本書はロサンゼルスのブックオフで購入しています。

    読書時間:約35分

  • 運をつかむとタイトルにあるけど、実際には運に乗っていくという発想。そう考えると無理に運をつかもうとしなくていいから、ちょっと心が軽くなるかも。

  • 自分で春夏秋冬理論を実践したくて、購入。
    一年間の春夏秋冬についても書いてあり、大変参考になりました。

  • 2006/3/19*149*78
    サイクルシート作ってみよう

  • 1年で考える「春夏秋冬サイクル」

全9件中 1 - 9件を表示

「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「運」をつかむ法則!―春夏秋冬サイクルでわかる運の乗り方・活かし方を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする