なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

  • 1071人登録
  • 2.85評価
    • (17)
    • (51)
    • (318)
    • (74)
    • (44)
  • 153レビュー
著者 : 小堺桂悦郎
  • フォレスト出版 (2006年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894512269

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
エリヤフ・ゴール...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学の感想・レビュー・書評

  • わかりづらいのと、タイトルに「中古の」が抜けてる

  • 気軽な文体で、借金経営のイロハを講義する。
    決算書上の赤字と真水の赤字は違うこと、
    減価償却を上手く利用するには中古のベンツが良いねってのが、
    タイトルの意味するところ。

    手形支払いのジャンプ(支払いを手形で払う)とか、
    目から鱗だ。
    理解を促進してくれる、真面目な図解がときどき挿入されててグッド。

    資金繰りのリアルな実態を紹介する、
    税理士コンサルタントが送る現場に則した経営指南書。

    お気に入りの箇所
    51頁より抜粋
    ---------
    輸血で足りない場合、どうしても間にあわない場合は...そりゃあ、献血しかないんじゃないかなー。
    「ケンケツ?献血ですか?それって...家族や友人から...」
    不思議なんですけど、献血(個人借入れ)が集まる経営者っていうのは、不思議と輸血(銀行借入)の手配もつくものなんですよ。
    ---------

  • 会計の勉強をしよう!
    と思っても、会計の勉強を本気で
    しようと思っても、専門用語や聞きなれない
    用語が多く出てきて、なかなか手が進まない。。



    そんな時に見つけた本。
    元銀行員の会計コンサルタント
    小堺 桂悦郎(こざかい けいえつろう)氏の
    「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」

    http://goo.gl/o8pD8v

    この本は、もちろん専門用語や数字が
    でてきますが、少ないです。


    また、会計の教科書では教えてくれない、
    現場で使える会計のからくりが書かれています。

    そして、現場で使えるので、
    セールス、交渉、会議、経営、資金繰り、借金、
    給料などで説得力が増します。

    http://goo.gl/o8pD8v

    本書で取り上げている内容は
    第1章
    なぜ、社長のベンツは、中古の四ドアなのか?
    〜「経費」の話〜

    第2章
    なぜ、年商の四倍の借金のある旅館が潰れないのか?
    〜「資金繰り」と「決算書」の話〜

    第3章
    なぜ、イケイケの会社が倒産してしまうのか?
    〜「資金繰り」と「決算書」の話 その二〜

    第4章
    なぜ、借金社長は税金を払いたがるのか?
    〜「粉飾決算」の話〜

    http://goo.gl/o8pD8v

    第5章
    なぜ、ラブホテル経営者は税金を払わないのか?
    〜「税金」と「所得税」の話〜

    第6章
    なぜ、社長は生命保険が好きなのか?
    〜「経費」の話 その二〜

    第7章
    なぜ、社長は失敗しても投資し続けるのか?
    〜「投資」と「設備投資」の話〜

    詳細の内容はこちら↓↓
    http://goo.gl/o8pD8v



    小堺 桂悦郎(こざかい けいえつろう)氏の
    他の書籍はこちら↓↓


    粉飾バンザイ!
    ―税理士は教えてくれない!「決算」&「会計」の裏ワザ!
    http://goo.gl/TjXPFY


    借金バンザイ!
    ―税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意
    http://goo.gl/3sJuFx

    借りる技術返す技術
    ―元銀行融資担当が教える資金繰り
    http://goo.gl/1o5mTQ

  • 【No.118】文章が口語体で読みにくい。売れた理由がわからない。

  • 社長はなぜベンツなのか、借金のある会社は潰れないのか。
    そんな微妙な疑問が解決すると思われる本。

    他にも、ワンマン社長の話なんかもあって
    題名を読むと非常に興味がそそられます。
    しかし内容は…読みやすい事は確かですが
    あまり身にはならないやも?
    これをしたい! と思ったら
    よい本かもしれませんが。

    まったく関係ないですが、ラブホテルの経営者って
    それほど脱税してるものなのでしょうか??
    確かに、レシートなんかもらったら
    危険な場所、ではありますが。

  • 親しみやすい文章で、会社の会計をざっくり解説。経営の肝である借入金の話が中心。借りた金は、利息の分だけ余分に稼いだら返せると思ってるなら必読。201402

  • 図書館。

    語り口があまり好みではなく。
    もっとわかりやすい本はほかにもありそうな気がする。

  • 読みやすいと言えば読みやすいのだが、文体が自分には合わないせいか、全然入ってこない。一人ノリツッコミだらけで本書は一体誰を読者として設定しているのかが分かりにくい・・・たぶん、中小企業の経営者向けなんだろうなぁというような内容で、普通の会社員にはほとんど役に立ちそうになかった。会計学と言うものの自営業・経営者向けの内容なので、会社員向けの内容も知りたかったなぁと言うのが正直な感想。

  • 会計学について分かりやすく説明しているけど、普段扱うわけでもないので完全には理解できなかった。でも、なんとなく分かったような。

  • 会計学の初級編なのだが、難しくて理解できない。

  • 会計入門者なので、へー、そうだったのか、と読めた。
    読書を普段しない人対象に口語調で書いているのだろうが、口語調が過ぎて逆に読みにくかった。

  • なぜ社長のベンツは4ドアなのか?なぜ社長は生命保険が好きなのか?など身近にある謎解きを中心に会計のカラクリについて紹介している本。

    身近にある「なぜ?」を紐どいていく形で内容が展開されているので会計の知識が無くても大まかなイメージとして把握することができます。
    ただ、フランクすぎる喋り口調で書かれているせいか、クエスチョンに関するアンサーが解りにくい構成になっているので、読み人を選ぶ本だと言えます。

    ただ入門とうたっているだけあり、数字は殆ど出てこないので、「数字が苦手だけど会計に興味が出てきたからなんとなく知りたい」と言う人には良いかと思います。


    【私的読書メモ】
    ・利益の半分は税金
    ・金利は支払い利息として経費で落ちる
    ・設備投資は借金でおこなう
    ・粉飾決済は後々に響く
    ・利益を大きくする粉飾理由は銀行の融資対策の側面が大きい
    ・定期保険は投資となる

  • 肝胆ではあるけど、話が脱線して逆に分かりづらい部分もある。
    もう少しイラストを入れた方が良いと思う

  • 初めて読む会計本としてはザックリは入ってきたし、楽しかったー★

  • わかりやすい会計学の本。
    内容は面白いが、あまり役にも立たない

  • 中小企業に務める身としては、
    色々と疑問だったことが実は税金対策だったのだろうかとか
    思えて楽しかった。

    知っていたからといって、ものすごく役に立つとは言いませんが
    知らないよりは、きっといい。
    そんな中小企業独特の会計学を紹介した本

  • 決算書版のほうがましだった。内容は減価償却とリースの活用のみ。ただし、リースは会計制度が変更された。

  • うーん。よくわからない本。会計の知識がなさすぎるからわからないのかも知れないが。砕けた語り口で書かれていて例も中小企業でありわかりやすいがわからない。
    ポイントは資金繰りが一番大切ということと経費にできるかということ。
    また、儲けると沢山法人税にもって行かれる。このあたり。
    自分がわかっていないのが減価償却費のこと。この計算方法はわかるが資産となるか経費で落とせるかが資金繰りとしてどんな意味を持ってくるかが解っていない。
    機会があったら調べてみよう。

  • 2ドアベンツは社長の趣味って事で、経費で落とせんのか。。

  • 面白い!読みやすい!

    中小企業の会計について。粉飾決算やら、脱税などを基にしていて、生々しい。リアルなお金の事情が分かる。

  • たまにはこういう軽い本を読んで簡単なヒントを得ることもありかと思って手にした。

    拝金主義のヤクザ本ではあるが、会計のしくみを理解する上であながち間違っていな切り口ではあると思う。裏技的なことやハック、隙を突くことはしくみを本当に理解していないとできないこと。

    どこまで正しい知識として取り入れてよいのかは、この本だけでは判断できないが、もう少し丁寧に解説し、分かり易い図を入れれば割といいテキストに化ける可能性もあるのではと思ってしまう。まあ、でも他にもあるだろうなきっとそういう切り口の本は。

全153件中 1 - 25件を表示

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学に関連する談話室の質問

小堺桂悦郎の作品一覧

小堺桂悦郎の作品ランキング・新刊情報

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学の作品紹介

「数字嫌い」のための使える会計の本!本書は「現場の話」から入って「専門用語も少なく」「数字も少なく」「今すぐ役立つ」会計の入門書になっています。本書を読めば、「セールス」「会議」「面接」「就職・転職」「交渉」「部下や上司とのコミュニケーション」「経営」「給料」「借金」「資金繰り」…などで有利になることは間違いありません。

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学はこんな本です

ツイートする