落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~

  • 169人登録
  • 3.50評価
    • (9)
    • (23)
    • (33)
    • (4)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 箱田忠昭
  • フォレスト出版 (2006年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894512382

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~の感想・レビュー・書評

  • 最近多い 目標を持てとか具体化しろって話

    その典型みたいな本だったが、実行者の成功も書かれているので真実味はある。

    ただ、新しいことが書いてあるわけではなく、
    当たり前を当たり前に これが大事と

    いつもの事だが、読んで感想を書こうって思えたんだから
    たぶん、当たり前を当たり前にやれてない自分がいるんだと思えてしまった。

    難しい 当たり前を当たり前にやるってこと

  • 私はまだ「少し上の営業」どまり。
    「できる営業」にまでいっていない。
    己のストレートを磨け。
    思いやりとは忍耐。
    今すぐにやると決めたことはこの2つ。
    できていないから、やる。

  • 夢の計画書をつくる

  • チェック項目5箇所。成功とは、あなた自身の価値観に基づいて、あなたの欲しいものを手に入れること、したいことをすること、なりたいものになること。できる営業というのは、客が必要のないものも売ることができます。単なる希望や夢、願望は誰もが持っています、希望、夢、願望ではなく、「目標」を持たねばなりません。自分に合った道を見つける方法・・・今の会社でのし上がっていく、今の会社で決め球を磨き、転職する、なるべく早い時期に転職する、独立する。「当たり前のことをやる」(気付き)。

  • 掃除婦から財務長官になったメキシコ女性(ロマーナ・ヴァンエロス)の話、自分にペップトークをかける(叱咤激励する)、願望のアイデア、球種を増やすよりも決め球を磨け!、モケジフォの法則、無財の七施、などの刺激的な切り口がたくさんあって読み応えがあった。

  • 何か刺激を受けたくて3年程前にふと購入してみた本。潜在意識を高め、願望を目標に変えましょうといった自己啓発の類いに当たる本と思われるので、人ぞれぞれ好みの問題はあると思います。個人的には読了後、明確なゴールを設定しない方が不思議と上手くいくタイプもいるということを知人から知り(ゴール型とテーマ型の人間がいるそうです)気持ちが楽になったのを記憶しています。
    ーーーーー
    ◯掃除婦から財務長官になったメキシコの女性の話
    ◯仕事の時間は人生の10%仕事だけでなく、お金だけでもなく、家庭や趣味などのプライベートもバランスよく成功しないと全く意味がないのです。(1)仕事(2)経済(3)家庭(4)自己啓発・趣味(5)健康(6)その他
    ◯今、幸せですか?最終的には、額に汗して働くこと、一見、時代遅れに見えるこの考え方こそ、人生すべてにおいて当てはまることではないでしょうか。「今日一日を全力投球で生き抜けば、また真っ白で新しい明日が天から贈られるとして、今日一日を無駄のない素晴らしい日にするように」
    ◯功を人に譲れよ。自分の手柄を人に譲ってやれ。自分だけ出世しよう、自分だけ給料が上がれば良い、というのではなく、皆一緒に出世しよう、成功しよう。という気持ちで仕事をするべき
    ◯信じよう!人は期待に応えてくれる!

  • 機会あって著者のセミナーに参加したので、著作も読んでみました。

    著者はとてもエネルギッシュな方でセミナーも楽しく受講できたのが印象的(^^)

    夢を目標にし、目標を達成するためのヒントが詰まっています。

  • 「落ちたリンゴを売れ」箱田忠昭著を読んで 「最近、読んだ本を教えて!(82968)」
    [ カテゴリ未分類 ]


    著者は、若いころ人前に出て話べたの人が、海外の大学院に勉強し、あこがれのスチュワーデスと結婚して、最初にしたことは模造紙を買ってきてもらい、トランプカードの大きさに切りお互いの目標を書き出したのです。結婚後三十数年そこに書いたことはほとんど予定通りに実現しました。夢がどうしてかなうのか

    成功とは、あなたの価値感に基づいて
    あなたのほしいものを手に入れること
    あなたのしたいことをすること
    あなたのなりたいものになること


    リンゴを収穫する直前にヒョウが降りました。リンゴの表面にヒョウの黒い跡がついて売り物にならなくなった。

    これはチャンスだと看板を立てた
    「このリンゴは数十年ぶりのヒョウに打たれた珍しいものです。おかげで甘みが増しました。ヒョウに打たれた証拠は表面の黒い斑点です」

    もちろんリンゴは完売になりました。できる営業は客が必要のないものも売ることができます。

    人は思ったとうりの人間になります。

    ロッキー青木の成功の法則は
    1、大きな夢を持つ
    2、実現するための手段を徹底的に考える
    3、死に物狂いで実行する

    否定、だめ志向の考えを持っている間は絶対に成功しません。

    稲盛和夫は

    人生・仕事の成果=能力*熱意*考え方

    考え方がマイナスであったら成果もマイナスになります。

    人生に成功するには
    1、心の持ち方を基本的に変え
    2、成功を願う
    3、プラス発想であること

    心理学では言葉が現実を作る

    おまえはよい子だ。良い子だと言い続けるとよい子になります。
    これをピグマリオン効果といいます

    ところが日本人のビジネスパーソンは1日22回くらい否定的な言葉を使っているそうです。

    多くの人が目標と願望は違うことを知らない。

    さらに面白いデーターから
    1全人口の3%の人々は飛びぬけて豊かな生活をしています
    2、10%の人はまあまあ豊かな生活をしています
    3、60%の人は余裕のない生活をしています
    4、27%の人は他人の世話になっています。

    結局87%の人がカツカツの生活をしています。
    上の3%のグループは明確な目標を持ちそれを計画表として紙に書いて実行していたということでした

    このように
    期限を設定した
    具体的な願望を
    紙に計画表として書いたもの

    人生の大切な分野ごとに目標を持つことをお勧めしています。
    仕事
    経済
    家庭
    自己啓発・趣味
    健康
    その他

    目標設定の手順
    まず願望を紙にかきだしてみる
    30年目標表を作る
    5年後のあるべき姿を作る
    年間目標を作る

    そして自宅の壁か手帳に書くか財布の中に入れておき取り出してみる

    自分を見つめる三つのステップ
    1、自己分析をする
    2、長所短所を書き出す
    3、自己評価をしてみる

    ハーバード大学ハリー・レビンソン博士はアメリカの全労働者の80%はその職に見いていないと推定しています。

    目標達成のためのモケジフォの法則
    目標 モ
    計画 ケ
    実行 ジ
    フォローアップ フォ

    重要なのは目標を成長させること

    目標達成のための7大ルール

    1、嫌なことをしていく
    2、成功するまで辞めないこと
    3、人より多く働くこと

    4、時はいのちなり
     社員一人当たり1週間で平均4時間18分の無駄な時間があるという
    5、人生は選択の連続 良い選択をしよう
    6、まず始めてみよう
     大きな目標は小さく分断化しろ

    7、やるべきことはやる

    管理職に必要な能力

    対... 続きを読む

  • 夢を実現する人は夢を紙に書いている。

  • @yonda4
    タイトルに惹かれて買ってしまった!

    内容は一言。

    「夢の実現に日付を入れろ」

    ということ。紙に書き出して、夢をいつまでに達成するって明言する。すると、どんな具体的な行動をしなければいけないかがわかってくる。
    これは株式会社ワタミの渡邉美樹社長もよくおっしゃってます。
    まずは自分自身を見直すことからなんですね。
    実践しないと。
    #book

  • よくある内容ではあるが、なんとなく好感が持てる本。
    目標を紙に書くことで叶うのです、なんて本が多い中、書いただけじゃ叶いません、書くことは大前提であって、書いた後に具体的にその目標を達成するためのプランを立てて実行しなくてはいけません、って書いてるとことか。

    事故の話はわかりやすい。
    年間300回の講習をこなす著者がサーフィンで事故、あばら骨を折って入院してるとこに妻の一言。よかったわね、あばら骨で。そこで著者はハッと気付く。そうだ、これがいつも講習で教えているポジティブシンキングじゃないか。
    話自体はどうってことないが、シチュエーションがわかりやすくていい。

    もしも事故がなければなあ、っていうifは存在しない。サーフィンの事故というイベントの波動関数は収束している。入院中のその時点で存在しているifは、事故のことを悔やんで腐るか、事故を好機として休息を取ったり本を読んだりして先へ進むかの、いずれかしかない。
    一個前で分岐した選択肢のことを悔やんでもしょうがない。その選択肢は確定していて今は新たな選択肢があるのみなんだから。これからどうするか。その時点の自分にできることは、提示されているifは、それだけなんだから。

  • タイトルがインパクト大だが、
    内容は自己啓発系☆
    実際につかえるリフィルのデータがあるので、
    ちょっと自分の生活を振り返るのにはいいかも。

  • ◎成功の法則
    ・大きな夢を持つ
    ・その夢を実現するための手段を徹底的に考える
    ・手段が決まったら死に物狂いで実行する


    ◎人生・仕事の成果=能力×熱意×考え方
    物事を肯定的に見る


    ◎マイナスをプラスに
    ・大病した→これからは健康に留意しよう

    ・上司が悪い→他山の石としてああはしないようにしよう
           あのひととやれたらどこででもできる
            
            
    ◎成功するためのスタート
    ・期限の設定
    ・具体的な願望
    ・紙に計画表として書いたもの


    ◎仕事の時間は人生の10%


    ◎人生の大切な分野ごとに目標を持つ
    ・仕事
    ・経済
    ・家庭
    ・自己啓発・趣味
    ・健康
    ・その他

    ①願望を紙に書き出す
    ②30年目標を作る
    ③5年後のあるべき姿を作る
    ④年間目標を作る


    ◎自分の棚卸し
    ①自己分析
     私は○○です、と思いつくままに紙に書く(30項目)
     
    ②長所と短所を書き出す
     長所10個 短所10個
     他人に聞かない
     
    ③自己評価をする
     好きなこと・得意なこと
     苦手だが克服したいこと
     嫌いなこと・したくないことを書く
     
     
    ◎目標達成のためのモケジフォの法則
    目標
    計画
    実行
    フォローアップ


    ◎ひとより多く働く
    仕事を趣味のように楽しむ
    仕事があることそのものに感謝する

  • 表紙を見てわかるとおり、35歳未満限定成功読本。

    成功法則系の本を読むと、「オレも20歳くらいでこういうのを読んでりゃなあ・・・」って、いつも思うのですが、この本は、さらに親切にも若い方向けに書かれています。

     しかも、記入用のフォームが、ネットからダウンロードできるサービスつきです。 

     この本を手引きに、記入用フォームを完成させて、自分のビジョンを整理してみてください。 就職を控えた皆さんに特におすすめ。

  • たとえとまとめ部分がわかれて書かれている
    また話の構成が上手く、簡潔に書かれているので読んでいて疲れない
    将来やりたいことがなく、ただ毎日を消化している……でもそんな自分を変えたい!変えられたらな…と思った人(私もこの中の1人です)におすすめしたい。

  • プラス思考、ポジティブで考える、生きる。35歳を過ぎても大丈夫。考え方を変えれば大丈夫。人生案外大丈夫。成功するように出来ている。

  • かなり使える本ですよ

  • 【分類番号】12-48
    【保管場所】本社工場

    【森山】
     成功する為には漠然と願っているだけではダメで何をするか目標・計画・実行・フォローアップを行うことの大切さがわかる本のように思いました。

  • 自己啓発本であり、具体的な場面における解決方法というよりも、長い人生において、人生の目標を達成
    する為に必要な考え方やノウハウが書かれています。
    若い頃は挫折の連続だったという著者の実体験や、外国での実話を交え人生を成功させるために必要な考
    え方や方法が表現されています。
    その中で印象に残っているのは「多くの人が『目標と願望は違う』ということを知らない」という表現で
    す。
    「〜〜したい」「〜〜になりたい」という思いがあったとしてもそれを達成している人は多くありません。
    その理由としてはまず、「自分には力がない」「チャンスがない」「運が無い」とう否定思考があげられ
    ます。
    そして理由はそれだけではなく、その方たちが抱いているのは実は「目標ではなく単なる願望だから」と
    いうことです。
    目標とは、?期限を設定した?具体的な願望を?紙に計画表として書いたものだということです。
    詳しいことは本を見ていただきたいと思いますが、「〜したい」といういつまで経っても達成しない願望
    をいただいてる自分自身に対して、これからの生き方というものを考えさせられる一冊です。

  • ■神田昌典風。フォレスト出版色を感じる。なんかビジネス書を1冊読みたい、でも何を読んだらいいかわからない、って人にお勧めかも。

  • 読了。
    丁度帯に書いてある年齢なだけに興味を引かれていたけど、とうとう購入。
    自分のこれからをいろいろと見つめなおしている最近の本の選択の傾向からも、まあ、買うのが妥当かな、なんて思う。
    成功者ってなんだろう。。。
    結局、より明確な実現イメージをもってマイルストーンやゴールを設定することが、日頃の行動の結果をそのマイルストーンやゴールに近づけていくことになるということのよう。
    また、何事もポジティブに考えることで自己暗示なども含めてプラスのスパイラルを生み出す原動力となりえることを示唆している。
    読み始めたらとまらなくなって一気読みしてしまった。
    面白かった。

全21件中 1 - 21件を表示

箱田忠昭の作品一覧

箱田忠昭の作品ランキング・新刊情報

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~はこんな本です

ツイートする