マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術

  • 161人登録
  • 3.04評価
    • (2)
    • (8)
    • (33)
    • (10)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 松村寧雄
  • フォレスト出版 (2006年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894512412

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術の感想・レビュー・書評

  • マンダラ思考で夢管理することが脳に必要不可欠だと言うことが、仏教の歴史からも読み解かれてることで信用に値するなと。

    接骨院の先生に勧められてマンダラ思考チャートを始めたんで、持続して効果測定をしていきたいと言う思考が、この本を読んで読むことでより強固になりました。

  • 職場の社長推奨図書。
    曼陀羅風に分けて目標を設定する。

  • マンダラ手帳に興味を持って購入したが、書き方が良くわからないのでこの本を読んでみた。本編を読んだ後でも書き方が分からないことが多い。利用している人のサンプルは参考になるが、ビジネス視点の例が多く、偏っているように見受けられた。

  • チェック項目6箇所。成功している人物を真似せず、自分で成功の渦を作る。目標を具体的、達成可能、意欲が持てる、定量化、期日を決める、日課にする。目標達成には人の関わりを大事にする。脳は3つので成り立つ(1968)、爬虫類、哺乳類、新哺乳類。

  • 今年の手帳決まってないので、以前から気になっていたマンダラ手帳についてお勉強。
    なんとなく良さげなのだが、まだ決心できない。

  • 良いことが書かれていたのですが、肝心のマンダラ思考の手帳の書き方について、わかりづらかった。この本を読んだだけでは実践は難しいと思いました。

  • 決して内容は濃くはないし,それほど手法としても活用しやすいとは思わない。
    本書の途中で出てくる精神世界的な内容も意味が分からない。

    唯一の救いは古本で安く購入できたことだけ。

  • マンダラ思考を手帳に活用して目標を達成しようという本。マンダラ思考について情報を得たくて読んだが、マインドマップに関する書籍同様、その手法に関する説明は大してページを要しないため、かなりの部分を読み飛ばすこととなった。

  • 人生の目標(夢)を設定する際に、ある特定の分野に偏ることなく仕事、健康、家庭など 8つの分野に分類して設定することにより、バランス良い人生を送ることを目的とした目標管理(手帳術?)のノウハウ本です。

    主張している内容は理解できるし、大いに賛同もできるのですが、根拠の論理展開の部分があまりイケておらず、「えっ?」 と思う箇所が散見されました。

    特に引き合いとして使われている、著者の言葉で言うところの「欧米型の目標管理」の例が極端で、自分の都合にあった部分だけをチョイスして比較しており、お粗末そのものです。

    ただ、第6章の内容については、途中の「マンダラ」についてのコラムも含め個人的には非常に興味深く読むことができました。

  • いかに豊かな人生を生きるかってことで、マンダラ(9×9マス)思考法を紹介。
    真ん中に自分描いて、残りの八マスに健康、経済、仕事、家庭、学習、人格、社会、遊びを当ててそれぞれの目標を書いていくってゆう。それがベーシックでこれを仕事なら仕事で応用してくんですけど。
    それから時間管理ではなく行動を管理しろとか、存在についてとか過去は変わるが未来は変わらないとかって仏教哲学も紹介。
    今は実践する気もないので効用のほうわかりかねます、よって☆☆☆。

  • 08年2月号で、図解9マス発想であらゆる問題を解決する「マンダラ・チャート」という本を

    取り上げた。

  • マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術

全14件中 1 - 14件を表示

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術を本棚に「積読」で登録しているひと

マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術はこんな本です

ツイートする