「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

  • 1544人登録
  • 3.68評価
    • (156)
    • (173)
    • (253)
    • (33)
    • (12)
  • 202レビュー
著者 : 石井裕之
  • フォレスト出版 (2006年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894512443

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現状維持のメカニズム。
    無理やりプラス思考にするのではなく
    理想を演じる、っていうのは
    他のでよく言われるようなものより
    わかりやすいような気がした。

  • 感情は時間がたつと消えてしまう。なぜか?
    感情とは何かに対して「感じさせられる」ことであり、受動的で、自分の意志の及ぶものではないからだ。
    だから、感情は、能動的である「行動」に移して始めて維持することが可能だ。
    何かに心を打たれたり、何かを感じたら、感じるだけで終わらせず、それを即何らかの行動に移すようにしよう。
    「ありがとう」の気持ちにプレゼントを贈ってみたり
    「懐かしいな、どうしてるかな」と思う友人がいたらとりあえず連絡を取ってみたり
    新しいことを始めるのは、いつでも最初の一歩が一番エネルギーを使う。
    だから、最初の一歩は慎重に、丁寧に、時間をかけてやればいい。たとえ1mmでも、昨日より前に進めたとしたら、それは物凄く大きな前進なんだ。
    自分の中には、たくさんの自分が存在している。夢を追いかける自分、堅実に生きようとする自分、経済担当の自分、健康管理を担当する自分・・・たくさんの自分が互いに手を取り合って、自分という一つの大きな存在がある。
    このシステムのおかげで、特定の自分だけが調子よく暴走するのを抑えたり、逆にある自分が落ち込んだときに自分全体が沈まないようにフォローしあったりしている。
    ただ一方で、たくさんの自分がいる故に、自分の中での葛藤も絶えなかったり、あるいは特定の自分が何か大きなチャレンジをしようとしたときに、他の自分が現状を維持しようとして引き摺り下ろそうとしたりすることもある。
    大切なのは、新しいチャレンジをするときに、自分を新しい環境に少しずつ慣らしていくこと。そして、特定の自分だけでなく、全体の自分に目を配って底上げを図ること。
    例えば、仕事で何か大きな挑戦をしたいのであれば、仕事ばかりに目を向けるのではなく、健康面に気を配ってタフになるように努力したり、新しい挑戦の中にも経験を生かせる部分を見つけて堅実な自分を安心させたり。
    最後に、一番心に残った言葉
    「Fake it until you make it」
    最初から成功した人はいない。最初から本物の自信をもった人はいない。
    でも、自信(が生み出す雰囲気)がないと、人やチャンスは寄ってこない。
    だから、最初ははったりの自信でいい。自分の目指す姿をイメージして、彼を演じればいい。フェイク。
    演じているうちに、自然とそれが本物の自信になっていく。そうなるまで頑張って演じてみる。
    色々な気付きを与えてくれた一冊。

  • いろんな自己啓発の本を読んでいて分かったことは、潜在意識を変えることの大切さ。
    いくら意識的に願望を口に出そうが紙に書こうが潜在意識が、それを受け付けなければ何も変わらない。そして潜在意識は現状維持が得意。無理に変えようとすれば、ものすごい抵抗にあう。
    潜在意識を変えようとワークを実践していて、それを実感。
    この本には、そんな潜在意識の特性である現状維持システムがかけるブレーキをスムーズに外せるための方法というかコツがわかりやすく書いてある。どれもこれもすぐにできるものばかりなので、さっそく実行している。
    潜在意識の特性を知ると、すぐに変わらないからといってイライラしたり落ち込んだりする必要はないし、1度変えれば現状維持をしてくれると思うと心強い。焦らずにすこしずつ潜在意識を変えていきたいと思う。

  • 悩みでエネルギーが浪費され疲れるなら。悩むことでエネルギーの総量が増えたりしないんでしょうか。エネルギー充填方法があれば問題ないでしょう。
    潜在意識が求めていることが幸せなんです。悟ればいいだけ。

  • 感動を行動に変える。➡️受動を能動に変える。
    受け身の事は次第に忘れるが、能動的に行動したことは忘れない。

  • 名著。
    何度も読んでボロボロになっている。
    成功したい人も、病気を治したい人も、
    まずこの本で潜在意識のパワフルさを知ると良いと思う。

  • 潜在意識という心のブレーキに惑わされず、新しいものの見方や考え方ができればいいなと思う。

    スタートは焦らず、ゆっくり丁寧に 
    気分が高揚したらその場で行動してみる
     感謝の気持ちを伝える
     良い言葉を使ってみる
    今まで読んだことのない本を読んでみる
    人と会ったらほめてみる
    迷ったらYESという
    今できることを実行
    できたことをほめる
    10点でもできたらほめる
    1ミリでも進めばOK
    実績や肩書に頼らない
     なれた仕事も日々新しい発見を
    ネガティブな意見に流されず自分の価値観で判断

  • 潜在意識なんて考えたこともなかった。

  • 借りたもの。
    「心のブレーキ」の正体――それは現状維持しようとする、無意識によるものらしい。現状維持という変化を嫌う力は、安全を守ろうとする“親心”だという。
    では、そのブレーキの外し方とは何か――行動すること。

    それをためらう不安――
    「最初から実績のあるところとか、最初から自信のある人なんて、いませんよね?」
    「最初の実績や自信っていうのは、どうしても“ハッタリ”じゃなければならない」
    「やがてそのハッタリが本物になっていく」
    「ウソはウソであるがゆえに現実との間の矛盾がない」

    CDの内容:
    著者のコーチングの導入部分。(30分)
    「アクティブな人は大した馬力は実は要らない、何故なら既に動き出しているから」
    無気力や、やっていたことがバカバカしく感じること、拒絶は“現状維持メカニズム”が働くため。
    小さいアクションを積み上げる、行動していくこと。

    時間の、尺の問題があると思うが、早口なのでちょっと落ち着かない……

  • ・感情を定着させる唯一の方法は、その感情を行動に変えること。

    ・気分が高揚したら、その場で「行動」に変える。

    ・迷ったら、「イエス」と言ってみる。潜在意識的に見れば、「うまくいったかもしれない」という思いよりも、「ダメだった」という気づきのほうが、はるかに生産的なのです。

    ・「今のあなたの在り方」にふさわしいものがあなたに引き寄せられる。

    ・どんな状況にあっても、「今、できること」だけを考え、それを実行する。

    ・フェイク・イット!ウソはウソであるがゆえに現実との間の矛盾がない。

全202件中 1 - 10件を表示

石井裕之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ジェームス・スキ...
トニー・ブザン
デール カーネギ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~に関連する談話室の質問

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~を本棚に「積読」で登録しているひと

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~はこんな本です

ツイートする