「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~

  • 214人登録
  • 3.24評価
    • (5)
    • (25)
    • (35)
    • (10)
    • (3)
  • 27レビュー
著者 : 野崎美夫
  • フォレスト出版 (2009年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894513440

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
ロンダ・バーン
小山 龍介
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~の感想・レビュー・書評

  • なかなかストイックで、目を引くタイトルですね。僕がこれを手にとったのは、「見えない時間」というものに興味を持ったからですね。

    この方のいう見えない時間というのは、つまり「隙間時間」のことですね。隙間時間を無駄なく濃密に過ごせば、もっとできると。

    エレベータに乗りながら本を読め、とか。寝る前に、考えるべきことについて整理しておくとか。朝をバチっと目覚めてしっかり過ごすとか。


    「時間は作るものとは言うけど、どうやって作れと言うのかね」という方に、的確に答えてくれる一冊ですね。

  • 黒の表紙に黄色の文字というインパクトのある表紙のこの本は、
    1人7役をこな超多忙な社長が「潜在時間」の使い方を教えてくれます。
    「1秒を集めて1分をつくる」「1分をまとめて1時間をつくる」という
    シンプルな事実を元に、徹底的に時間をムダなく使うことをすすめます。
    そして継続のために睡眠時間を削るのではなく、
    質×量でタイムパフォーマンスをあげていくことを目指します。
    タイム・マネジメントすることこそが、自分の人生のプロデューサーに
    なることだというのは、とても納得のいくことです。
    ここまで徹底してタイムマネジメントはできませんが、
    1つでも、2つでも実践して、タイムパフォーマンスをあげたいと思います。

  • 時間管理に関する部分が大半の自己啓発本の一種です。

    とにかくいろいろやってる人なのはよくわかったし
    時間管理に関しての徹底と
    目的への意識付けを徹底しているのがよくわかる。

    でも、やっぱり最終的にはやるか、やらないか。
    やり続けるか、途中で諦めるかに尽きるというのが感想。

    他の自己啓発本でもよくある内容ですが
    ・目標やアイデアは書き出す
    ・夢に日付を入れる
    ・自己投資をする
    ・お金で時間を買う
    ・就寝前、起床後に目標を確認する。
    などなど

    自己啓発系の本はモチベーションを高く保つためにちょいちょい読みますが、目的自体がそうなので、新しい発見が1行でもあれば良い本と言えますね。

  • 昼休みの1時間・・・年間で200時間にもなる。何か達成できるのでは?→非常に納得。
    睡眠中の潜在意識に働きかけるアファメーション「目を閉じ、夢や目標を達成して成功した時をイメージして布団に入る。起床時には、夢や目標を発声する」→気に入った。でも、自分の夢・目標ってなんだっけ・・・汗

  • 2010.12.30
    Point
    1。潜在意識に考えてもらうため、問題を考えてからしばらく時間を空ける。
    2。歩く時間も勉強出来るようにする。
    3。解決すべき問題は、日付けを書いて潜在意識に考えてさせる。
    4。やらなくてよいリストの作成。
    5。移動は、1人で行なう。
    6。自分でやらなくていいことはやらない。
    7。テキストを開くと同時にストップウォッチを押す。
    8。筆記道具に金を使う。

  • ・時間の質をあげるために
     →①ターゲットを設ける ②矢が当たると確信する ③あたるまで途中でやめない
    ・同時に複数のことを考える「パラレル・シンキング」
     →解決すべき問題を、期限を決めてノートに書き出す。あとは潜在意識で考える
    ・オセロの法則/仕事の資料10冊読まなくてはならない。2冊を熟読、8冊はざっと流し読み
    ・仕事は速さよりも早さ/早く始めるがポイント
    ・孤独な時間を創造しよう/夢や目標に向き合う
    ・目が覚めたら「あー、よく寝た!」と言う→大脳に届く
    ・急いでいる自分は見せない
    ・朝起きたら潜在意識に働きかけるアファメーション、眠りに着く前も!
    ・朝食もランチも最高のコミュニケーションタイム
    ・運動不足は移動時間に解消する
    ・就寝前の時間は黄金の時間/携帯もパソコンもシャットアウトする
    ・休もうか、休まないか悩んだ時は休む
    ・同じことを100回言う。100回書く
    ・手帳に書くのは過去の記録ではなく、未来を記録する

  • 「速さより早さで差をつける」という言葉に賛同しました。作業の速さより大切なのは、「早く始める」ことと人より時間がかかるならそういった意識を持とうと言うこと。今の自分にぴったりな本でした。

  • ■生活力
    A.原因と結果、インプットとアウトプットの間には、いつもタイムラグが存在する。大切なのはそのタイムラグとの上手なつきあい方。成功者のメンタルタフネスとは、まさにこのタイムラグを笑顔で持てる力にほかなりません。

    B.目が覚めたら「ああ、よく寝た!!」と声に出して言うことが大切。耳から入った「よく寝た」という情報は、そのまま大脳に届きます。

    C.休もうか休まないか悩んだときは休む。

  • 時間の使い方に関する啓発本。
    一日24時間を如何に使うかというタイムマネジメントよりも、潜在時間を使って如何に単位時間当たりの仕事の成果を上げるか、に焦点を当てているところがユニーク。

    速読法であるフォトリーディングなども無意識・潜在意識をうまく使って読書を進める方法だが、本書で紹介されている方法もアプローチとしては似ているところがある。 何もやっていない時間に潜在意識に仕事をさせたり、ある種"ながら"処理をすることにより、実質の時間を変えずに効率を上げることがポイント。

    その一方で、通勤電車の時間の使い方や、細切れ時間を寄せ集めて大きな処理をするという、一般の時間の使い方ノウハウも紹介しており、ありきたりではあるが手法としては参考になるものであった。

    個人的には時間活用の色々なヒントが得れた本であった。

  • 【No.89】「ただ成り行きで時間を消費するのではなく、自らの夢や目標を達成するために、時間創造や時間活用を戦略的に行う」「急いでいる自分は見せない。僕らに他人を急がせる権利がないのと同じように、他人に忙しい気分にさせる権利も僕らにはない」「休もうか休まないか、悩んだときは休む」「ブログ=自分自身の成長を記録しておく、とても有益かつパワフルな方法のひとつ」「書くことで、記録することで、人の観察力は鋭く磨かれていく」「量が質を連れてくる」「人生のパフォーマンスは、”能率×時間”の掛け算」「人より時間がかかるなら、人より早く始めればいいだけ。速さで差をつけられなければ、早さで差をつける」「夜明け前の闇は一番暗い。多くの人はようやく頑張り続けてきたその努力が実る、まさにその直前に自ら頑張ることを放棄していく」

  • 顕在時間と潜在時間を上手に使いこなす。睡眠時間を削ってボーとしたままやるのでは脳はうまく働かない。それならば、今起きている時間の1時間をより多くの事をこなす。ひとつのことをやりながらもう一つの事を考えたり、もう一つの事をやったり潜在時間を使いこの時間を増やしていく。

  •  時間と潜在意識を主要テーマにした本。
     未開拓の「潜在時間」を活用することで、1日を72時間にすることができる!
     これは発見だ。
         
     物理的な24時間(意識下、顕在時間)
    これに平行する
     潜在意識が活動する潜在時間24時間
     潜在時間を顕在化した24時間
         
    合わせて72時間???
         
     よく分かりませんが、とにかくすごい意欲だ。
     1日を72時間にしようという気で行動しないと1日24時間を有効に使えない、という意気込みかと。
            
     基本的に、
    『寝ながら仕事術』(吉田たかよし)
      http://sfclub.seesaa.net/article/423164980.html
    『1日を48時間にして夢をかなえる』(中井隆栄)
      http://sfclub.seesaa.net/article/4568693.html
    と似たような方法論だと思います。
     ただ、上の本は、睡眠時に重点を絞っていましたが、本書は、睡眠時間(潜在時間)も日常の時間(顕在時間)もフル稼働するという意識です。
         
     しかし、著者は元来心身共に頑健の上に、ショートスリーパーだったのです。
     だから本書の方法は誰でもできるというわけではありません。
     世の中にはこんなすごい人もいるんだ、という勉強のつもりで、部分的にでも自分の生活に取り入れて人生向上の動機付けにできれば、というつもりで読むべきでしょう。
     実際、私は超ロングスリーパーというか慢性疲労症候群なのか無理な短時間睡眠法に挑戦して失敗し続けた後遺症なのか、7時間半眠ってもまだ寝足りず、暇を見つけては仮眠を取らないと脳神経がオーバーヒートして焼き切れてしまいます。
     本書では電車の中でも無駄にしない、と書かれていますが、私は電車の中では目を閉じていないと目も脳ももちません。
         
     あと、成功と達成のJカーブについても触れられています。
     新しい努力を始めたとき、最初はJの字のように一旦下がる部分があり、やがて上昇に転じ、遅れて成果が出てくる、ということです。
     水面に抜け出る直前が一番苦しいとか、夜明け前の闇は一番暗いとか、一番苦しいときが成功に転じる直前、だとか書かれています。
     確かにいい話ですが、本当に上昇に転じるかどうかは見極めが大事でしょう。
     見当違いの努力はいくらやっても沈むだけですから。
         
     私も中学2年生の頃、短時間睡眠の本を読んで、それから10年間、5時睡眠を目指し、さすがに無理とあきらめてさらに10年間、6時間睡眠をマスターしようと延々と無駄な努力を続けました。
     今に体が慣れてくるはずだ、この苦しみを越えたら楽になるはずだ、と思い続けて20年間。
     私にはとうとうJカーブの上昇は来ず、沈む一方でした。
     その結果、精神も肉体もボロボロになり、人生にも落伍し、お家断絶の瀬戸際となっています。
     無理なことは早々にあきらめることも大切です。
       http://sfclub.seesaa.net/article/425134559.html

  • 1日72時間とか、二昼夜貫徹とか、言ってることがあやしい。盛ってる気がする。
    ある程度は正しいはずだけど、時間にケチすぎるイメージで真似してもあまり楽しくなさそう。

  • ・人生は考えるてる時間が長い
    考えてる時間を切り捨てればかなりの時間をカットできる
    即断即決実行


    =時間短縮=
    食器洗浄機
    ルンバ
    宅配サービス
    (Amazon.ビデオ.食材)
    運転をさせ自分は車内で作業をする
    スタッフに肉体労働をさせ自分は頭脳労働をする
    通勤中は音声を聞く
    誰でもできる事は自分でやらず人にやらせる

  • 時間管理について、忘れかけていたことを思い出させてくれる本。自分を鼓舞するにはちょうど良い本です。

  • ①時間管理のコツは?
    ・睡眠は削らない
    ・ながらをやる
    ・グリーン車の利用
    ・人に依頼
    ・一人の時間を意識的に作る
    ・眠る前にシミュレーション
    ・運動も隙間に
    ・眠れないときは寝ない
    ・ヘッドフォンで出かけて教材を聞く
    ・やることを潜在意識に入れる
    ・移動時間の過ごし方で、移動手段を選ぶ
    ・アウトソース

    ②気づき
    ・急いでいる自分を見せない
    ・同じことを100回言う
    ・メモをする
    ・筆記用具をノートに気を使う
    ・未来のことを過去形で書く
    ・朝一、「ああ、よく寝た!」と言う。
    ・目標を100回書く

  • 集中することについて知りたくて読書。

    著者がスーパーマン過ぎて、悲しいことに私には再現性を見つけることができない。

    朝と午前中の過ごし方を再考しようと思う。

    量が質を連れてくる。
    速さより早さ。
    Jカーブ
    この3つが印象に残る。

    朝起きてから午前中に集中して勝負すると数年前から考えてきたが、意識が希薄なっていたと反省させてもらう。

    読書時間:約40分

  • あまり見習いたくはないな。

  • 書く。音読。100回読む、100回書く。

  • 1分1秒を無駄にしないで、複数のことをやり続ける!そうすることで24時間を3倍使おう。そうしなければ成功はおぼつかない!という、かなり強烈な啓発本。
    素晴らしいとおもいつつ、好きにすれば・・という冷たい感想も。
    そんな人生は送りたくない・・と思う人も多いのでは。
    多くの方が、一部はすでに実践済みのことと思う。
    が、ここまで徹底している自分を自慢げに話す著者も今の時代では、珍しい。
    20年ほど前の大前研一さんが全盛の頃にタイムスリップしたような内容。
    『迷ったときには、休む・・』という項目が一番印象に残った自分は、やはり怠け者なのかも。

  • 今までに読んだ本とダブル点が多かった。

  • 発売当初本屋で見かけたときから気になっていた本。
    この手の本はさんざん読んだしと何度も購入をやめたのですが、筆者は診断士らしいので親近感から最終的に購入。
    「潜在時間を顕在化する」という意識を強くもつためのアファメーションはちょっとやってみようと思った。
    テクニック集的な要素を求めたのだが、後半は自己啓発系だったのがちょっと残念だった。

全27件中 1 - 25件を表示

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~を本棚に「積読」で登録しているひと

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~はこんな本です

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~のKindle版

ツイートする