[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める

  • 1077人登録
  • 3.57評価
    • (58)
    • (113)
    • (105)
    • (27)
    • (12)
  • 127レビュー
制作 : 神田 昌典  井上 久美 
  • フォレスト出版 (2009年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894513693

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めてこの本を読んだのは10年以上前になると思いますが、ポール・シーリィ氏原作、神田昌典氏が監修した速読の仕方を解説した本です。

    彼はフォトリーディングという速読法のインストラクターもされていて、彼の元で多くの人が学んだと思います。私が買った本の帯には、勝間女史がこれをマスターしたから今の彼女がある、と書かれています。

    私が読書する場合、この方法を完全に使って行っているとは言えませんが、今の私の読書法の基礎となっています。この本でも何度となく強調されているように、本を読む前に「目的を明確にすること、何を得たいかを決めてから読書に入る」です。

    これは必要に迫られて読む読書に最適で、同一系統の本を複数読む場合に役に立つ方法だと認識しています。この本が出版されて以来、私の目には多くの速読本が認識されるようになりましたが、この本を初めて読んだとき以上の衝撃を得たものはありません。

    さらに、読書の目的に応じて、読書速度を変えるべきというメッセージ(p54)も記憶に残っています。

    この本を初めて読んだときはレビューを書き始める前で、久しぶりに読んで懐かしさと共に、この本のエキスを感じることが出来ました。

    以下は気になったポイントです。

    ・情報の波を乗りこなすことに成功している読書のエキスパートたちは、小学校で学んだ読書法とは違うアプローチをしていて、読むものにあわせて読むスピードを調整している(p53)

    ・フォトリーディングをマスターするにあたり手放すべきものとして、自分には出来ないというネガティブな思い、結果に一喜一憂、いつも何かにせき立てられている状態、すぐに正しい答えを求める姿勢、失敗から学ばない(p61)

    ・効果的な学習は、明確な目的を持つことから始まる、これは、読書をした結果、何を得たいかを意識的に決めるということ(p63)

    ・フォトリーディングは、心身ともにリラックスして、視線をフォトフォーカス(一つの単語に合わせるのではなくページ全体(ページの四隅)をみる)ようにする(p65,103)

    ・フォトリーディング後に、活性化するために復習作業をする、文書の調査・トリガーワード(20-25個程度)を見つける・質問を作る、の3つの作業を12分でやる(p66,125)

    ・目的設定時に自分に対する問いかけとして、1)その本を読んだ結果、最終的にどうなることを期待しているか、2)この本は自分にとってどのくらい重要か、3)どの程度詳細なレベルまで理解すべきか、4)どれだけ時間をかけたいか(p76)

    ・文書を読む理想的な心の状態;集中学習モードを確立する、つまり、イメージした「みかん」を目を閉じて後頭部の上に持っていて心身に訪れる変化(視界が広がる)を感じてから、目を開けて読書に入る(p81)

    ・文書の4-11%を読めば文書の要点を理解できる、日本語の文章では、漢字だけ拾って読んだだけで意味が取れることもある(p144)

    ・読後に作るマインドマップの要点:横長の紙の中央に、核となる概念を書く、トリガーワードのみを放射状にのびる線上に書く、イラスト・カラーなどビジュアルを利用(p153)

    ・何かを思い出そうとするとき、重要な手がかりや、関連情報を再入力して、思い出したいことの文脈をつくり、過去の経験によって敷かれた神経回路をたどっていく。思い出されるのではなく、そのつど、再生成される(p157)

    ・文書を読むときに、自由にスピードを変えれば良い。重要さ、複雑さ、どの程度その分野に精通しているかにより、そのスピードは決まる、ただしスピードをゼロ(立ち止まって考える)にするのはしない(p161)

    ・スーパーリーディングは、宇宙から地球を周回して着地地点を探しているスーパーマン、高速リーディングは、カヤックでの川くだり(p164)

    ・同じトピックの本を何冊も読む「シントピック・リーディング」は、フォトリーディングの進化版であり、半日で数冊読むのが良い(p202)

    ・読むのが速い人たちは、文字のかたまりを「イメージ」として認識、目から脳へ直接的に情報伝達する。つまり音読(心の中の音読含めて)をしない、頭の中の音読をしなくても理解できるというのは研究の結果わかっている(p233)

    ・周縁視野を広げるために、瞳孔を開く、照明を少し暗くする、フォトフォーカス状態のように視点を広げて分散させると自然に起きる、暖色系の柔らかい光の場所が良い、更には、フォトフォーカス状態(地平線上の一点を見つめて)で、周囲の風景をパノラマのようにとらえる、人の顔だけを見ながら服装をチェックする、本の余白・行間を意識する(p236,237)

    2014年7月13日作成

  • PDF
    どうも本からはフォトリーディングを習得することはむずかしそうだ。やはり有料のセミナーに出て皆といっしょに習得する必要がある。10万円と高いが定年退職後に一度出て見たい。

  • 10倍は無いかな。

    フォトリーディング以外は納得だし、多読すると自然に身に付くのですが、肝心のフォトリーディングが出来る感じがしないんですよね。

    頭が固いのか、簡単に身に付くスキルじゃないのか…

    まー、普通の人より読むのは速いので、こんなものかな。

    【備忘録】
    準備:心を落ち着かせ
    頭にミカン
    目的を明確化
    アファメーション(肯定的暗示)
    プレビュー
    キーワードを探す
    フォトリーディング
    ソフトフォーカス
    アクティベーション(活性化)
    質問を投げ掛ける
    熟成させる
    スーパーリーディング
    興味を引いた所をざっと読み
    ディッピング(拾い読み)
    マインドマップで整理
    不安があれば高速リーディング

  • 冒頭に書いてある通りの読み方をすれば1時間もあれば読めてしまう。「速読」を教える本はこうでなくては(?)。ただ結局読み飛ばす方法としか思えなかった。訓練すれば違うんだろうか?私は理解と記憶力を高めて速く読むってのをやってみたいので、この本はの方法は少し違ったかな。

  • 前に借りて読んだ本の新版だった。同じ本のような違うような…?! という感じで読み出したが、違う本と言ってもいいくらい、フォトリーディングの理解が深まった。
    練習したらできそうな気がするくらい分かりやすかった。

    2017/09/29読了

  • 訳が随分変わってる。すごく読みやすくなった。

  • 速読を実際に体験しながら理解できる面白い本。

  • フォトリーディング・ホームスタディ講座に教科書として入っていた

  • ・⭐️効果的な読書は明確な「目的」を持つこと
    →読書をした結果何を得たいのか?→この本はどのくらい自分にとって重要か?どのくらい詳細に理解する必要があるか?どのくらい時間をかけたいか?
    ・文書をざっと見渡す(目次)
    ・知っているけど言語化できない場合は、この人の名前を知っている彼の名前はもうすぐ思い出せると自分に言い聞かせる→何をしたいと強く思いきっとできると思いそれをいったん忘れると願いは叶う
    ・上達したいと思っているスキルに関する本を何冊か読む
    ・何が欲しいかの問いにはっきり答えられるならそれを手にするのは時間の問題
    ・継続すること、成功に向けて学び続ける(できる範囲でスピードを上げていく)
    ・⭐️1.準備(目的を明確にする) 2.予習(目的に沿った価値があるか検討する) 3.フォトリーディング(自分はできるということとその本を読むもくてを宣言する)

  • 読書量を増やしたいと考えていたときに、勝間和代さんが大量の情報を処理するためにフォトリーディングを実践されていると聞いて読んでみました。

    タイトルを見る限り胡散臭い内容なのかな、と思っていましたが、とても具体的で使える内容でした。ただ、ちょっと解説がわかりにくいのが難点。

全127件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
神田 昌典
J・モーティマー...
フィリップ・マグ...
阿部 紘久
マルコム・グラッ...
ジェームズ アレ...
トニー・ブザン
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるを本棚に「積読」で登録しているひと

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読めるの作品紹介

あなたの能力をフル稼働させる技術!アメリカンエキスプレス、アップルコンピュータ等の米国一流企業社員が研修する最強のビジネスツール「フォトリーディング」のスキルがさらに進化した。

ツイートする