クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~

  • 379人登録
  • 3.69評価
    • (27)
    • (42)
    • (33)
    • (9)
    • (4)
  • 40レビュー
著者 : 苫米地英人
  • フォレスト出版 (2011年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894514386

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルー・タイス
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~の感想・レビュー・書評

  • 「抽象度の高い知識、抽象度の高い思考は、あなた自身を自由にもします」。確かに。

  • 体感時間を変化させることができる。同じ時間で出し入れする情報量を増やすこと。方法としては速読プラス絶対量。つまり変化できてもっとできる。限界はないから理想を持って練習あるのみ。って感じでした。他にもポジティブな考え方プラス記憶法とかもまとめてあってよかった。苫米地さんの本はキンドルでしかよんだことがないから、cdもついてるしこの本をノートがわりに実行したいと思う。個人的には、スピード感のある土地、ニューヨークなどに住むこと、新聞7カ国以上読むこと1日30冊ぐらい読むこととか参考になった。

  • ①クロックっサイクルを速めるには?
    ・CDを聞く
    ・処理速度を速くすることを意識し、慣れる
    ・体感は人の2倍と自分で決める
    ・早口音読、シャドーウイング

    ②速読法は?
    ・自我を消して読む
    ・著者になりきって読む
    ・タイムプレッシャー
    ・1字1句落とさないで読む
    ・1行分を丸ごと目に入れて読む
    ・視点は1行先
    ・得た知識と既存の知識と組み合わせると記憶力アップ
    ・よく眠る
    。体を動かして覚える

    ③気づき
    ・1日に30-50冊の本と7か国語の新聞を読むことが30年続く習慣
    ・7冊/月で、トップ3%
    ・従来の速読法は目的を決めて読むので、新知識が入ってこない
    ・読書を無意識化する
    ・自分にとって重要でない本を、片っ端から読んでいくと、客観性が生まれる
    ・アマゾン100位をすべて読む

  • 自分の読書術を数年ぶりにバージョンアップするために漁った本の中の一冊。
    その一冊としてなんとなく購入。



    タイトルはその脳の情報処理速度の「クロックサイクルの速め方」となっているが、
    その部分は第2章の箇所だけであり、
    本全体を個人的に熟読し抽象化した結果、「真に頭のいい、高IQ脳を作る読書学習法」
    となった。

    目次をこれまた個人的に抽象化しタイトルをつけるなら、

    前書き:情報空間改善
    1:盲点を指摘
    2:総括的時間短縮(クロックサイクルの速め方)
    3:バッファーリーディング
    4:記憶定着(人格)
    5:抽象化(本質)
    終章:成長、向上
    CD付録及び本ページ:(具体例)

    といった具合。





    今回の熟読前に下読みした時はそれほど理解できなかったが、それまでの間、同著者の
    「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! [Kindle]
    まずは、「信じる」ことをやめなさい [Kindle]
    をたまたま読み終えた所、この著者の言わんとしている事が非常によく理解できた。独特のワードが今一つ腑に落ちなかったが、その意味する所が他の用語と同様に捉える事ができた途端、目の前が開けたかのように理解できた。

    要はその「情報空間」=人間の思考+イメージ+感情の意識世界の、決定的潜在意識部分(過去経験からなる現在の維持記憶意識)を喝破し、それよりも別の、外側の、新たなイメージ世界へ移行させ次のステージ、次の次元へと成長する。という考え方。個人的にはその理解後に読んだ所、この本の把握が非常に容易であった。


    本編、月に300冊読もうと望まなければ、速読の意味は無く、やはり速度と共に読書の質は低下し、1日3冊読むならばじっくり読む方が良い。
    とあり、個人的にはこの後者側であり、この本全体の考え方の実践は必要ないが、内容は非常に意識に残ったものとなった。

    そして、月300冊ほどの大量速読する前の大前提である第一章:フォトリーディングの技法的な、最初にポイントやテーマを決めて読む方法の読書術に異を唱えている。そのポイント部分だけを読むとそれが盲点となり、それ以外の部分が隠されてしまい、新たな知識が読めなくなる原理。
    そのためには自我を消して読む。自分にとって何が重要かを考えない、素直に、著者の視点で、思い込みなく、等、自我で気づけない部分を無我にすることで気づけるような、表裏の関係、盲点を指摘。
    (個人的には全く知識がない為、まっさらのアホな頭の姿勢で本の数回読みの方法をしており、その点では意外と良い方法でやっていたなと。それとは別に、目的を明確にすると、ノイズカット、その他不確定要因の軽減の考え方もある。)

    第二章:クロックサイクルの速め方。実際に速く読み慣らす等。これも現状より外の速さで。生活全般のクロックサイクルを速める。
    (個人的に実践していた。方法は楽器演奏の速度アップ方法など。徐々に上げる方法は結局脳内のその速度を慣らす為という目的以外無い。
    あらゆる試聴動画すべてを速度上げて観る方法。
    DVDレコーダー倍速、PC動画はVLCプレーヤーで速度上げる、youtubeは右下の設定ボタンから倍速、を数年間行うとそれがスタンダードとなり、速くなる。というかその速いスピードに対応でき、遅速に自在になる。他人に話す時はゆっくりなど。フルタイム高速でもイケるが、せっかちになる。数年するとリソースが無くなり疲れる。その他の時間術併用)

    プロの強制速読み速読方法など。(付属CD)聴くだけでなく、読むことが更に効果的など。と言った感じでこの章は総括的時間短縮法・・といった具合か。


    第三章:バッファーリーディング。同様の方法でソフトフォーカスという周辺視野で... 続きを読む

  • 苫米地先生の書かれた本の中では比較的頭に入って来やすい一冊でした。具体的な速読のトレーニング法とテキストが付属されており、役立ちます。本の内容は読書の重要性を説き、圧倒的な読書量により抽象度の高い位置から物事をとらえられるようになると自由になれる、というもの(自分なりにかいつまんでまとめた結果)。圧倒的な読書量を達成するには確かな方法を身につけなければなりませんが、第3章でさらっとその方法が書かれています。苫米地先生はこの方法で1日に30〜50冊の書籍を読まれているそうですが、そう簡単にできるものではないです。ですが、自分には無理だと思う自己イメージを破壊し(ゲシュタルトを破壊し)、苫米地流速読術をぜひとも身につけていきたいと思います。

  • 速読、抽象化により、脳のクロックを上げ、一日の時間を長くし、やりたいことをたくさんしましょう、といった趣旨。

    ・無意識で読め
    ・「一ヶ月に300冊読みたい。いままでとはまったく違うレベルの膨大な知識を得たい」と望む人であればこそ、初めて速読術を身に着ける意味が出てくるということです。逆にいえば、毎月300冊読んでみたいと望まない人は、速読などやってはいけません。
    ・人格が高い人とは、抽象度の高い思考が出来る人であり、その人格が高まってこそ、周囲の人はその人が重要な昨日を果たしていると認識するということです。
    ・お勧めする方法は、自分にとって重要ではない本を、片っ端から読んでいくことです。

    いつもながらぶっ飛んだ内容です。月300冊ですか…考えたこともなかった。苫米地本でトレーニングをしてみる。

  • 本を沢山読むこと+情報処理能力をあげるには、少しでも早く行うように心がけること=速読をするには、沢山の本をできる範囲で早く読むようにすると良い。

  • 自分の中を流れる時間を早めて、人より多くの勉強・仕事が出来るようになる本。
    私が普段の経験から以上のようなことを体感していたので手に取ったが、むしろ速読が議論の中心になっているように感じた。

  • 苫米地本。面白かった。

  • 速読・多読により抽象度の高い考え方を身につけ、人生をよいものにしようという本。

    ひさびさのトマベチさんということを踏まえて☆4

  • 速読の本。
    内容としては、苫米地氏の本を読んでいる方なら、あまり目新しいものはない。
    倍速CDについてだが、2倍速程度の速度ならば、余裕で付いていける。
    逆に、読むのが苦痛になるくらい遅い。
    特殊音源についても、効果があるのかいまだに分からない。
    買って損した本ではないが、それに近い。

  • フォレストだし、タイトルも怪しいと危ぶむなかれ、存外にまともな読書論で気づきは多い。

  • 同期からの借り物。
    アウトプットを意識した読み方についてやや否定的な意見を示す章があり、捉え方を考えている。再読予定。

  • 著者は、人間の頭脳系統をコンピュータに見立てて説明している。私もその考え方は分かりやすいと思った。以下、本書の共感点を以下に示しておく。

    ・自分にとって重要な本は、実は昨日までの自分の延長線上にあるもの。
    ・自分にとって重要と思えない本を、著者になりきって読むことで、視野が格段に広がる。
    ・高い人格を目指すために、抽象度を高く持つことが重要。
    ・読書は、人生のゴールを達成しようと考えている人にとって、この上ない武器。ゆえに、速読も重要。
    ・クロックサイクルを速めることで、倍の人生を生きられる。

  • 読書をすることの意義に触れられる。

  • 知識が増えるとどんどん読書力もつく。
    どんどん読書しよう。分野も広げて。


    目次
    第1章 なぜ、脳は新しい知識をブロックするのか?
     多量の知識を得る方法
    第2章 仕事、読書、勉強がどんどん速くなる!
     1日を48時間にするクロックサイクルの速め方
    第3章 脳のバッファーを活用する
     苫米地式速読術とトレーニング
    第4章 読書で得た知識を記憶にとどめる方法
     脳にネットワークをつくりなさい!
    第5章 一を聞いて十を知る能力
     どんなに忙しくても大量の情報に対応できる究極の方法
    終章 現状の自分を壊せ!
     自分の本当の能力を引き出す方法
    特別付録 速読トレーニング用テキスト
     『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方』Chapter1~3

  • クロックサイクル・グレインサイズの考え方は苫米地氏の2011年~のテーマか?苫米地本を読んでいくにあたりベースとなる考え方となりそうなので、何度か読みなおしたい。

  • クロックサイクル=人間の脳に備わっている物事の処理スピードを上げることで1日が48時間になります。記憶にとどめる術と速読の意義を学びました。

  • 110824
    本文を読んだだけでトレーニングはまだ。脳のバッファーを使う(1行先を見るバッファーリーディング)、写真記憶トレーニングは心がけようと思う。

  • 筆者はかなり変わった人物のようで、ネットでは両極端な評価を
    受けている人のようですが、私にはまだこの人物の事はよくわか
    りません。

    本屋で立ち読みしやすい本だったので、立ち読みで小一時間程で
    読み終えました。

    この本に書かれていた事でうなずける部分は、多読する事で知識
    を深める事が出来ると言う部分。

    時間間隔を今より早める事を推奨していて本の早読みはいいけど、
    生活のリズムもせわしなく早くするのは、私はいい事だとは思は

    ないので、本に対する評価が難しい所です。
    それと所々にカタカナ英語を織り交ぜているけど、これが胡散臭さ

    を増しているように感じました。
    それと肩書きがどうにも胡散臭いように感じるのは私だけ?

    ネット見ると筆者は、計算言語学が専門で脳科学は博士号など
    取得していないようですが、なぜか脳科学が専門のように記述

    している部分がチョット。。。と感じました。

  • 苫米地さんの本はやっぱり興味深い。他の著者と視点が違うので新しい発見が多いです。

    今回の本は速読がメインでした。
    倍速CDを聞きながら音読するだけでも脳の処理速度が高められ、今までより早く本が読めるようになります。

    あとは、読者がどれだけ信じて実践出来るか重要ですね。

  • ふーん。なるほどで終わってはいけない。

    自分の常識と外れたことに対して、なにか理由を付けてしまう。

    まずは著者を信じてやってみよう。

  • ・読みたい本以外にこそ価値がある
    ・自我を捨てて読め(著者になったつもりで読め)
    ・速読するなら多読せよ

全40件中 1 - 25件を表示

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~を本棚に登録しているひと

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~を本棚に「積読」で登録しているひと

クロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~はこんな本です

ツイートする