僕たちがスタートアップした理由

  • 144人登録
  • 3.64評価
    • (9)
    • (14)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : 孫泰蔵 
  • フォレスト出版 (2012年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894515345

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
藤田 晋
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
ジョン・キム
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

僕たちがスタートアップした理由の感想・レビュー・書評

  • 成功する起業家の共通要素として、誇大妄想癖、偏執癖、人間味
    困難に背を向けず、苦労から逃げず、誰に対しても一切の言い訳をせず、正面から堂々とぶつかっていって、何が何でも自分で何とか解決する
    常にやりたいことを自分で始めることを意識して働く

  • 日本でなぜ起業しやすくなったか、なぜ起業するのか、これからの日本をどうしていくべきかが書いてあります

  • この本では13人が紹介されているが、10年後彼らがどうなっているのか書いてほしい。成功者と残念ながら失敗した人もいるだろうし、その分かれ目とか。

  • 今の自分にはいい本だった。シリコンバレーの事情とか、ミリオネア、ビリオネアという言葉は多くの人にはあまり関係のない話ではないかと思うけど、カジュアルに自分のやりたいことで起業しようというスタンスはとても共感できる。

  • ITベンチャー起業家のインタビューを中心に書かれた作品。
    ベンチャーキャピタル、シリコンバレー、失敗を許容する文化がこの本で多く見られたワード。
    読み易い、そして読み応えがある1冊。
    起業家を目指してなくとも学ぶ部分のたくさんある1冊。

  • 人生はスーパーマリオの話は最高に面白い。

    人生はスーパーマリオの話は最高に面白い。
    組織やコミュニティでTryしたいことが見つかった。
    ・人的ネットワーク
    ・事業立ち上げノウハウ
    ・世界はもっとシンプルになる。もしかしたら原始時代のように。
    ・ストレート、ダイレクト、シンプル
    ・スーパーアルピニスト方式
    ・チームアタック方式
    ・ゴーンイングコンサーン
    ・旬の時期がある
    ・既成概念をうちやぶる

    -引用-
    起業家とは、夢を見る勇気を持ち、夢を真実にしようと試みる馬鹿な人間である。イノベーティブで根底的なメソッドは、エネルギー、貧困、病気など、現在では手に負えない問題を解決する。起業家の熱意に力づけられて、科学技術は社会的問題を解決する最大の手段である

    できるかできないかではなく、やるかやらないか
    失敗を許容する、失敗を経験として評価する文化をつくらなければならないいんです。挑戦したから失敗したんであって、何もやらなければ失敗はない。やらないで失敗しなかった人が、失敗した人を見下す世界じゃだめなんですね。

    スタンフォードが医学の教授は、起業家になるやつが一番偉いと学生たちに教えます。次に..やっぱり起業しろといいます。そして、もしだめだったら、大成功すると君が判断した会社に、従業員番号1ケタで歯入れといいます。..日本の就活では、大企業がダメらなら堅実な中小企業といいますが、シリコンバレーでは、起業か零細企業かになります。順序がまったく逆なんです。シリコンバレーでは若者は未来に投資し、日本では現在に投資します。この差は半端ではなく大きい。

    人と人がぶつかることによる化学反応が起こらなければいけない。この化学反応の確率をたかめるためには、同じメンバーでエンジニア同士が毎日話ししてもだめで、いろいろな背景、パラダイムを持った人がぶつからないといけない。新しい知識や刺激がくわわらないと、新しい発想はでてこないのです。

  • 131010読了

    この本はITベンチャーに焦点を当てて書かれています。
    その名の通り、スタートアップした企業の人がインタビュー形式で問いかけに応えています。

    私もそのITベンチャー起業に興味があって読んでみたわけだが、少し期待よりは期待はずれでした。

    なんというか、スタートアップが素晴らしいことはわかったのですが、シリコンバレーを中心に書かれているので、日本のスタートアップの始め方がいまいちわからない。

    具体的な始め方やアイデアの出し方をもっと学びたかったです。

  • 起業を意識している人向けの本でしょうか.起業(スタートアップ)する理由を,まあ,当然ながらお金以外に求めるとして,突拍子もない事は書いてなく,経験談を様々な事例やインタビューを元にまとめている.朝飯前,傍を楽にするといった言葉も.

  • 一部の人にとっての、現代の働き方の指南書。
    WEBの時代に、自分の好きな事をやろう。という内容なわけで、新しくは無いが、ホリエモンの頃と違って起業の動機の違いを強調している。好きな事だったら儲かっても儲からなくてもいいじゃない。というスタンスが、現代の働き方なのかも。

  • 日本のスタートアップを取り上げた一冊。面白かった。読み終わった後は希望に満ちて清々しい気持ちになる。読後感に良い本。

  • シリコンバレーのベンチャーのエコシステムを日本に導入しようとしている企業や、起業家へのインタビューと、そもそもエコシステムをいま日本になぜ導入すべきかということを解説した本。

    シリコンバレーの起業のシステムを理解。
    ただ、後半の大企業批判は良くないと思った。
    大企業でできることと、起業家だからこそできることがあるし、起業して何をするかではなく起業することをゴールにすることを無闇に後押しするのは危険があると思う。
    日本でのスタートアップの絶対数を増やすことは経済を活性化させるために大切だと思うけど、
    一つの選択として起業もある、って視点を一貫した方が説得力があるように感じた。

  • 起業はハードルが高く失敗が許されないイメージがあったが、やならいで失敗しなかった人が、失敗した人を見下す世の中じゃだめなんだ。刻々と時代は変わっている。日本でもITの世界を中心にスタートアップが当たり前になりつつあるのが本書を読めば明らかになる。企業する際のハードルも10年前に比べれば格段に下がっている。大企業が生涯安泰という幻想はもう無い。そんな世の中で自分らしく、使命感を持って毎日の人生を謳歌するための一つの手段として「起業」を選択する。そんな生き方を選ぶ上で、背中を押してくれる一冊となるのではないか。

  • 孫正義氏の実弟孫泰蔵氏率いるベンチャー支援組織「Movida Japan」の自己紹介的な一冊。

    しかしながら、現代日本の景況・市場に関する問題点をベンチャー活用の視点から分かりやすく解説しており、ベンチャービジネスに関心のあるあらゆる層に有用な一冊となっている。

    全体の流れとしては、2010年代における起業環境の変化、即ち小資金・小リスクでの起業が可能になった解説・実例紹介から始まり、シリコンバレーのエコシステムの説明、日本における同様のエコシステム確立の可能性について語られている。

    徹底して起業家目線で書かれており、Movida Japanが起業家支援組織である為、若干勧誘的な個所も見られるが、それを差し引いてもリーダビリティの高い解説書である。

    ベンチャーって何?って方から、起業とは具体的にどうすべきなのか、といいう方まで幅広くお勧め。

  • スタートアップを始めるときに気持ち、理由、動機などモデルケースを知ることができ、非常に面白かった。

  • 良い悪いは別としても、一部にはこのような胎動が起きていることは知っておくべきだろうと思う。
    若者を無駄に煽るでなく、単に海外シーンを真似するでなく、日本独自の文化を創り上げたいものだ。

  • 早速、手に取り読んでみました。
    ワクワクします。最後の監修に寄せては、ブログにも書かれていたことですが、働き方、生き方はまさに僕もそう思います。
    子育てをする大人もそうですが、きっとこの本は、中高生、そして、これから就職活動を控える人たちに、ぜひ手に取って読んでもらいたいです。そして、一歩踏み出してほしいと思います。

全17件中 1 - 17件を表示

僕たちがスタートアップした理由を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕たちがスタートアップした理由を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕たちがスタートアップした理由を本棚に「積読」で登録しているひと

僕たちがスタートアップした理由の作品紹介

なぜ博報堂の内定を断ってIT起業したのか?「自分らしい」働き方はどこにある?孫泰蔵とその仲間が語る日本の起業の未来。

僕たちがスタートアップした理由のKindle版

ツイートする