自分の才能の見つけ方

  • 419人登録
  • 3.56評価
    • (16)
    • (30)
    • (39)
    • (6)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 本田健
  • フォレスト出版 (2013年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894515789

自分の才能の見つけ方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストレスなく仕事するための、ヒントを探して手を伸ばした本。
    確かに、ネガティブな感情のときに自分の能力が発展することはある。
    「才能」の説明が多岐にわたりすぎて、けっきょくなんとでもいえるようになってるから、二つに絞る

    才能とは
    ささやかでも人に喜ばれる/時間があるとついやってしまう

  • 誘われたら、とにかく行ってみる。

    つきぬける力を持つ

    面白いと思ったら、飛び込む。

    とにかく量をこなしてみる


    パーソナルコーチをお願いする
    (メンター・・・)

    頼まれごとは引き受ける

    夜眠前に楽しいことを考える ★

    失敗もいい思い出になると考える

    助けてもらい上手になる

    自分の未来に好奇心を持つ

    1日5分ワクワクすることをやる

    同じ匂いの仲間を探す

    幸せなメンターに弟子入りする

    自分の応援団を組織化する

    生まれてきた目的を考える

  • あきらめない。
    才能を使う人と使わない人の、最大の違いは、「自分の人生を楽しんでいるか。」
    才能とは、ちょっと時間があったらやってしまうこと。
    才能とは、自分が誇らしく感じること。
    才能とは、人を感動させ、楽しませるもの。
    熱中していれば、自分は努力している、という感覚はないはず。

    才能を生かす形
    好きな事を、
    する
    書く
    人に話す
    売る
    広める
    組み合わせる
    好きな事をやってる人をプロデュースする
    好きな事をやってる人に、サービスを提供する

    才能は、ゾーンに入ったときに見つかる。
    才能を過信すると、不運を呼び込む。

    学生は、自由に動けるという、特権を持っている。今しかない!

  • 一言で言うと、「凡人の才能の見つけ方」の本です。
    基本的に「万人に何らかの才能がある」というスタンスです。

    同じことをこなす日々に疑問や違和感を持っている方におすすめです。

    この本の特徴は、自己啓発本にありがちな「ネガティブな部分は見ないふりをして全部ポジティブに考える」というイケイケドンドンな感じではなく、ネガティブな部分にも触れていることです。

    苦しみの感情を持つことで心に地殻変動が起き、才能の源泉が掘り当てられる。というところに共感しました。

  • 才能に気付くポイントを紹介した本。自分にはあまり染み込んでこなかった。上辺をチョロっと紹介した内容のように感じた。考えながら読んで見てもワクワクする物事も浮かばなかった。
    小さな事でもいいからアクションを起こし、そこから好き嫌いを選択したり、環境の変化やステージを上げていくしかないか。
    巻末の参考文献を読んだ方が内容がありそう。読む事で逆にやりたい事探しに迷う事になるかもしれないが。

  • ヒーロー、企業家、政治家、戦士、詐欺師、縁の下の力持ち といった、「才能の原型」という考え方は面白い。
    自分にどんな才能の原型があるのか確かめてみたい。
    ◇原型についての説明
    ・すべての人が、複数の原型を持っている
    ・原型自体に良い悪いはない
    ・正反対の原型が同居している場合がある
    ・どの原型を中心に据えるかで、人生は違うものになる
    ・どの原型が全面(前面?)に出るかは、年代とともに変わっていく
    ※本書で紹介されている「原型」は、「Archetype Cards」というものがベースになっているようです。

    また、本書で出てくる「幸せの源泉」と「豊かさの源泉」という言葉も自分にとって新しい考え方でした。
    ◇幸せの源泉:
     それをやっているだけで幸せになれる活動で、幸せの源泉のまわりにあるのが、その人の才能。
    ◇豊かさの源泉:
     それをやるだけで、経済的に豊かになってしまうもの。
     「幸せの源泉」はお金と関係ない場所にあるため、豊かな生活を送るには「豊かさの源泉」を掘り当てる必要がある。

    そして、本書では「幸せの源泉」の方のみを取り上げています。
    「豊かさの源泉」については次回作の本で取り上げるらしいです。が、どの本なのでしょうか・・・?

    ◆本書でリストになっているモノをいくつかピックアップ
    才能を生かすかたち
    1:好きなことを「する」(競争が激しい)
    2:好きなことを「書く」
    3:好きなことを「人に話す」
    4:好きなことを「グッズにする」
    5:好きなものを「売る」
    6:好きなことを「広める」
    7:好きなことを「教える」
    8:好きなことを「組み合わせる」
    9:好きなことをやっている人を「プロデュースする」
    10:好きなことをやっている人に「サービスを提供」

    才能を見つける7つのアプローチ
    1:自分のやりたいことを追いかけていく目標型
     ※現実的な目標を立てて、計画的にこなす。落ち着いて1つの才能を磨けない。
    2:急に自分のやりたいことがわかるインスピレーション型
     ※ふつうはそう簡単に起きない。直観的に物事を決めるタイプ。
    3:なんとなくやっているうちに目の前が開けていく展開型
     ※目の前のチャンスをつかむのが上手なタイプ。いろいろと経験するうえで才能を見つける。
    4:頼まれごとをやっていくうちに道が開ける、頼まれ型
     ※意外とまわりの人は自分の才能がわかっていて、頼みごとをしてくる。
    5:少しずつ自分が見えていくコツコツ型
     ※コツコツとやれるということ自体が才能。どこかの段階で誰かに評価される。
    6:今までのことが崩壊してから、新しい人生が始まるゼロリセット型
     ※リストラや病気で仕事をやめてから、次に始めた仕事で急に開花するタイプ。
    7:自分の生まれに戻る先祖回帰型
     ※家系の仕事がいやで別方面に進むが、違和感を感じ、戻ってくるタイプ。

    才能が開花していく8つのステージ
    1:何の疑問も持たず、流されて生きるステージ
    2:才能が何かわからず、悶々として生きるステージ
     ※「何かが違う」と感じるのが特徴。
    3:いろいろ当たっては砕ける失望と行動ステージ
     ※数か月から数年かかる。著者曰く、このステージが一番楽しい。
    4:「自分が誰か」がはっきりわかるステージ
     ※「これが自分の才能だ!」と、しっかりわかる瞬間があり、「3」の段階を脱する。
    5:才能を磨ききれず、落ち込むステージ
     ※他の、才能のある人を見て落ち込む。著者はこのステージから出るのに、数年かかった。
    6:メンターを見つけて、教えを請うステージ
    7:自分のオリジナルを追及するステージ
    8:天才性に目覚め、人生の目的に生きるステージ

    才能を開花させるために必要な17のこと
    1:誘われたら、とにかく行ってみる
    2:つきぬける力を持つ
    3:おもしろいと思ったら、飛び込む
    4:とにかく量をこなしてみる
    5:パーソナルコーチをお願いする
    6:頼まれごとは引き受ける
    7:夜寝る前に楽しいことを考える
    8:友人3人に「おもしろいことない?」とメールする
    9:自分を調子に乗らせてあげる
    10:失敗も、いい思い出になると考える
    11:助けてもらい上手になる
    12:自分の未来に好奇心を持つ
    13:1日5分ワクワクすることをやる
    14:同じ匂いの仲間を探す
    15:幸せなメンターに弟子入りする
    16:自分の応援団を組織化する
    17:生まれてきた目的を考える

  • 誘われたら行ってみる、分野の違う友達と出会ってみるなど。結局は自分で動き出さなきゃはじまらないよという話。

  • 2013.08.04

  • 【生き方】自分の才能の見つけ方/本田健/20140829(68/242)
    ◆きっかけ
    日経広告

    ◆感想
    ・才能を見つける方法、というタイトルには違和感を覚えるが、要は理屈でなく感情でつかみ取るものだ、という著者の主張には納得。そのためにも、いろいろなことをやってみて、自分の素直な心に尋ねてみるという繰り返しが大切かなと。

    ◆引用
    ・才能は感情で気付くもの。才能とは、
     ①心がわくわくすること
     ②ちょっと時間があったらやってしまうこと
     ③自然と上手にできること
     ④自分が誇らしく思うこと
     ⑤幸せの源泉

    ・才能を開花させるために必要な17のこと。
     *誘われたら、とにかく行ってみる
     *つきぬける力を持つ
     *おもしろいと思ったら、飛び込む
     *とにかく量をこなしてみる
     *パーソナルコーチをお願いする
     *頼まれごとは引き受ける
     *夜寝る前に楽しいことを考える
     *友人3人におもしろいことない?とメールする
     *自分を調子に乗らせてあげる
     *失敗も、いい思い出になると考える
     *助けてもらい上手になる
     *自分の未来に好奇心を持つ
     *一日5分わくわくすることをやる
     *同じ匂いの仲間を探す
     *幸せメンターに弟子入りする
     *自分の応援団を組織化する
     *生まれてきた目的を考える

  • 能力は共有されなきゃならんのか。

全32件中 1 - 10件を表示

本田健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
クリス・ギレボー
三浦 しをん
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の才能の見つけ方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分の才能の見つけ方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分の才能の見つけ方を本棚に「積読」で登録しているひと

自分の才能の見つけ方の作品紹介

あなたの才能は、きっと見つかる!才能の隠れている場所、掘り出し方、磨き方。

自分の才能の見つけ方はこんな本です

自分の才能の見つけ方の単行本(ソフトカバー)

自分の才能の見つけ方のKindle版

ツイートする