自分を劇的に成長させる! PDCAノート

  • 295人登録
  • 3.70評価
    • (6)
    • (22)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 岡村拓朗
  • フォレスト出版 (2017年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894517400

自分を劇的に成長させる! PDCAノートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「PDCAという言葉は知っているけど、実際には何をすることなの?」というイメージを持っている読者向けに、PDCAの概念を解説し、実際に日常(仕事)でどのように使っていくかを分かり易く解説してくれる著書。

    活用方法は簡単で、ノートにPDCAのフレームを作り、一日の終わりになっていたい状態像を明確にしたうえで、それに沿って計画・実行・検証・改善を毎日回していくというもの。
    読了後2,3日継続して実施しているが、一日の始まりにその日の計画を立てておくことで心に余裕が生まれる実感がある。また計画通り進まなかったことは原因や対策を追記でき、うまくいったことはその要因などを1ページに整理できるため、日々の自己管理を強力に後押ししてくれるツールとなる気がしている。

    とりあえずは継続して実践してみようと思えるツールに出会えてよかった。

  • ノートに線を引くだけで始められるので、ハードルが低くて日常生活に取り込みやすい。早速始めてみた。

  • PDCAしようって考えると、ハードル高くなっちゃいますが、『試行錯誤』するって考えると一気に簡単に感じますね。

    ことばの力ってすごい♪

    毎日が試行錯誤の連続なのに、なんとなーく過ぎてしまっている日常ってすんごくもったいないのかもね♪

  • 人生のビジョンを実現するために人生のPDCAを回す。

  • 個人的にも仕事で一番大切だと思っているのはこのPDCAサイクル。


    自分の仕事も今は徹底的にこれにこだわってやっていますが

    その方法をさらにチャージするためにも、勉強になる一冊でした。




    後はやっぱりスケジュール帳やノートに書くことが大事。

    少しのことでもしっかりと書き込んでいき、それをまた見て活かしていくこと

    そういうことがあらためて大事だということを

    学んだ1冊でした。

  • Yotsuya

  • No.956
    1. 目的
     社内で継続しているPDCAをもっと効果的なものにするヒントが欲しい
    2. 得たこと
    エジソンの名言「Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration.」
    天才とは1%のひらめきと99%の努力である。と伝えられているが、実際には記者の誤訳とのこと。
    エジソンが伝えたかったことは「1%のひらめきがあれば99%の無駄な努力をしなくても良い。」ってこと。
    努力が大切ってことではなく、PDCAによるフィードバックがなければ努力はムダになるってこと。G-PDCA ゴールが大切。
    フレームワークの意味を実感。フレーム化することで、行動を習慣化できる。
    3. アイデア
    フレームワークの効果をいろんなところで使っていこう。

  • 地味ですが、芯をついている気はします、
    目新しさはなく、GTDに取り組んでいる人にとってはさほど興味は湧かない内容。

  • ーーーーー山下2017/4/25ーーーーー
    【概要】
     PDCAをノートに書いて回すことを習慣化する本
    【評価】
     90点
    【共有したい内容】
    PDCAをうまく回すための3つのルール
    1、見える化
    2、仕組み化
    3、習慣化

    PDCAを回していくためには、ゴールが明確になっていることが大前提。PDCAは方法論であって目的ではありません。PDCAの先にあるゴールそのものを、まずは決めてください。

    ・Dは、「実行・実績を目に見える形で残す」。Dが正しく書けているかは、現状が把握できているかどうかど同義である。ここで、事実とは何か?について確認しておきましょう。事実とは、固有名詞や数詞で表現できることです。ですから、誰が聞いても反論できません。たとえば、形容詞がはいっているとそれは事実ではなく、あなたの解釈が入っています。


    ・日々の仕事では、新しい仕事がどんどん発生します。PDCAを回す上で大切な仕事の進め方は、「仕事を入口で制御する」ことです。ここはフレームワークの出番です。GTDメソッドを活用しましょう。 
    GTDメソッドは次の4つのステップで成り立っています。
    1、やるべきか
      →いらいないものをやめるには、試しにやめてみる→問題が起こらなかったという実績をつくる→やめる、という流れ
    2、複雑な内容か
    3、2分で終わるか
     →2分で終わるならすぐにやる
    4、自分でやるか
     →他の人に任せるか検討


    【読んだ方がいい人】
     PDCAが続かない人、PDCAというのを知ってはいるがどう回せばいいかわからない人
    【自由記述】
    PDCAを回すために具体的なノートの使い方が書いてあり、わかりやすい。
    実践するにあたってPをどう決めるかが具体化できないと感じた。
    【合わせて読みたい】
    孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA

全20件中 1 - 10件を表示

岡村拓朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・ガ...
リンダ グラット...
冨田 和成
ベン・ホロウィッ...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
グレッチェン・ル...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分を劇的に成長させる! PDCAノートに関連する談話室の質問

自分を劇的に成長させる! PDCAノートを本棚に登録しているひと

自分を劇的に成長させる! PDCAノートを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分を劇的に成長させる! PDCAノートを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分を劇的に成長させる! PDCAノートはこんな本です

自分を劇的に成長させる! PDCAノートのKindle版

ツイートする