思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)

  • 257人登録
  • 3.12評価
    • (1)
    • (13)
    • (27)
    • (9)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 神岡真司
  • フォレスト出版 (2012年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894518650

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)の感想・レビュー・書評

  • ふふふ…思い通り動かせるかしら。ふふふ

  • 心理学を基にしたコミュニケーションの技法を平易に説明している。
    本書で紹介されている心理学用語をネットや専門書で調べればさらに理解が深まると思う。

  • この本はタイトルはいかにも怪しげかタイトルです。

    が、しかし、書かれている内容は、
    人を操ると言うよりは、上手く人と付き合うためのちょっとしたテクニックと言った感じです。

    とはいえ、これはやばいだろうと言う内容の箇所もあったので、
    全てうのみにするのは危険です。

    人に喜んでもらえるかどうか、
    それを基準に、使えるテクニックを選んでいく必要があります。
    すごく参考になりました。
    全てうのみにする人には危険なので、
    オススメできません。

  • 心理学を知らずして相手の心にフォーカスするのは難しい。

    6つのカテゴリー
    ①承認欲求の充足→認められたい・誉められたい→人の本能を充足
    ②ディスペーシング法→他人の攻撃や抑圧から自分の心を守る
    ③行動習慣の是正→自分に迷惑を及ぼす人の行動習慣を改めさせる
    ④説得の技法
    ⑤コミュニケーション技法
    ⑥思考・イメージの操作→他人の思考・イメージに影響力

    カテゴリー別に整理し、組み合わせ、戦略的に使う→心理学のテクニックは実際に使ってみることで身につく。

    嫌いな相手 ちぐはぐで不自然 返報性の原理→相手も嫌っている。→相手の自尊心を満たす言葉、質問「…を教えてください」

    普段馴染みの薄い人から評価されると親しい人からよりも嬉しい→アロンソンの不貞の法則

    ディスペーシング(反同調)行動→×怒っている相手にビビる→冷静な態度が相手をひるます

    怒っている上司→感謝の言葉☆怒られないように最低限のことは行うこと。

    クレーマー「誠意をみせろ」→「わかりました。具体的にどうしてほしいのですか?」=具体的な要求をさせ、恐喝されたことにする。

    皮肉屋、イヤミ→防波堤を築く。余計な情報は与えない☆姉対策
    面と向かって悪口→怒りを抑え、沈黙、憐みの表情☆姉対策

    取りつく島のない人→極小依頼 「3分ください」

    下品で非常識な人の発言→オウム返し 下品な言葉のオウム返し
    会話の途中ですぐに感情的になる相手→☆そのタイプがいることを認識
    頑固一徹→こだわりへの評価をしてあげる

    マイナス面が多い気弱な部下→ピグマリオン効果(象牙の乙女像が期待していたら人間に) ホーソン効果
    アンカー効果 最初に80の数字→そこから狭い範囲での交渉になる。

    アンダーマイニング効果→周囲が勉強の仕方を指示→やる気をなくす
    エンハンシング効果→部下の自尊心、やる気のある人が外部の称賛→もっとやる気

    相手の挑発→体感コントロール法
    交感神経刺激=興奮・緊張→野生動物は戦うか逃げるか→筋肉硬直、呼吸浅く、心臓、発汗→すばやく行動できるように→人間には不快
    脳をリラックスさせるには、ゆっくり深呼吸、目を細め、近くを見ていても遠くをみているように→平常時という脳への信号→副交感神経を刺激

    意識コントロール法 深呼吸 目を細める

    2択→系列位置効果→AかB→後に言ったBを選びやすい。
    希少価値効果 「君だから頼むんだ」

    説得の技法 ワクチン接種理論 値切る相手→「うちは高いんですが、性能が○○です」

    インテリほど両面提示(良い点悪い点の提示)→信頼感アップ 悪い方を先に言う→良い方のイメージが残る。

    援助行動「昨日空き巣に入られまして。では、我が社の製品を買ってください」→断りづらい。

    フレーミング効果(相手の枠組みを誘導)→マイナス思考が癖の人がいる。→ポジティブの枠組みへ。

    コントラスト効果 寿司屋の松竹梅 不動産屋の最初提示する物件(高い場合、はずれの場合あり) 時計店で100万円のロレックス提示→10万円が安く感じる。

    驚愕させてイエスを引き出す→最初「出向だ」→「じゃあ、地方支店へ転勤してくれればいいよ」

    楽しいイメージを持たせる→「明日回答します」→楽しいイメージで一晩→翌日、その楽しいイメージのまま回答

    お願いされる立場になる→ポイントを付けます。何点希望ですか?→そんなに付けられません。○ポイントまでです。
    バンドワゴン効果(同調志向)
    スノッブ効果(別志向)→多数を嫌い、別のモノを支持
    ウェブレン効果(高級高額志向)
    アンダードッグ効果(負け犬志向)→バンドワゴン効果の逆、判官びいき

    交渉事 中立地をホームに変える... 続きを読む

  • 文字通り、心理学を元に人を自在にとはいかなくともある程度コントロールする方法を指南した一冊。

    言うは易し、行うは難しの世界。

  • 吊り橋理論をはじめとして、実生活で使える心理学が、ひとつずつ整理されて書かれていました。

  • 心理学にもともと関心が強かったため、非常にすらすらと読めた。営業など人と接する場面で非常に実用的な事が記載されており、完璧にインプットしたいと思える。

  • テクニック論みたいなタイトルだが、実際は心理学の初歩書?

  • ■ 1340.
    <読破期間>
    2013/4/6~2013/4/12

  • 実生活で使えるテクニックもあれば,これはどうかなと思うものもあります。
    人の心理をベースにはしているので,参考にはなりますが,個人的には設例のように会話が進むことは稀ではないかなと思いました。

  • ここにかかれてあることを実践すれば嫌われものになるでしょう。テクニックとして覚えておいてもいいですが、空気を読んで活用するべきですね。

  • 人に紹介する時には、抜群。
    ただ、内容は初歩的なため

  • 心理学のテクニックの技本。使えると思ったのは覚えて使うと良い。実践向きではある。

  • 今までの経験上、感覚で感じていた物を理論で裏付けできたため、とても納得できた。

  • 一見役に立ちそう。でもよくよく見ると実はそうでもない本。

    地下鉄の広告を見て買ってみた。
    初めは「ふんふん」言いながら読んでいたが、この本の話を知人にして見ると、「それ、大丈夫ですか?」と言われ・・・
    読み返して見ると若干怪しい。。。

    会話の中の()書きが妙に怪しさを際立たせている気もする。

    実践できそうなものは、知ってるモノばかり。
    あとは、実践するには厳しいモノが並んでるような気がする。

    まぁ多分、ボクは使えないような感じだったので思い入れは出なかった。

    と、言う訳で★2つ。(2.5くらいかなぁ)

  • 本書に書いてある心理テクニックでは、簡単に操れないのが人の気持ちだと思う。でも、本書に書いてあることは知っていて損はない。
    本書に書いてあるピークテクニックにまんまと乗せられて本書を手にした僕が偉そうに言えることではないですが。

  • さらさらと読めて、面白かったです。わかりやすく、あくまで軽く説明されている感じですが、ここまで色々と説明がつくのかと驚かされました。全部とはいかないまでも、心に留めておきたいと思います。悪口の同調・共謀を求められた時とか。

  • 使えなさそうなもの、使いたくないもの、使えそうなものたくさんある。10個でもとっさにでも自然にも使えるようにしていきたい。返報性(されたことをされる)で人は動くのだ!もう1回読むとしたら1、3、4、5、9、13、15、17、18、20、21、24、25、27、28、30、31、33、35、37、38、39、43、44、45、46、47、48、49、50、52、53、54、56、59、60、61、66、68、71、73、74、75、77、78、79、80、82、83、84、、85、89、90、92、93、エピローグ。

  • 読みやすくわかりやすい

全23件中 1 - 23件を表示

神岡真司の作品一覧

神岡真司の作品ランキング・新刊情報

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)はこんな本です

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック (フォレスト2545新書)のKindle版

ツイートする